【犬派におすすめ!】犬に似た性格の猫種ランキングトップ10!

一般的に猫は「ツンデレ・自由奔放・マイペース」、一方犬は「忠実・献身的・愛情表現が分かりやすい」性格をしているとよく言いますよね。
実は猫の中にも犬のような性格をした子が多い猫種が存在します。
そこで今回は犬のような性格をした猫種ランキングトップ10を紹介していきます!

とはいえ犬も個体ごとに性格は大きく違います。
そのため今回は一般的に考えられやすい犬の性格(忠実・献身的・愛情表現が分かりやすい)をした子が多い猫種を紹介していきます。

もちろん性格は個体差が最も大きな要因になりますが、猫種も大きく関係しています。
現在猫を飼っている方はもちろん、飼っていない方もどの猫種が選ばれるか予想してみてください(^O^)

今回こういったランキング記事を作成するにあたって、出来るだけ独断と偏見をなくしたかったため、様々な記事を参考にさせていただきました。
参考記事に関しては、一番下にリンクを貼らせていただきました。

スポンサーリンク



犬に似た性格をした猫の種類ランキングトップ10!

10位.ラグドール

「ラグドール(英語でぬいぐるみの意)」という名前は、ぬいぐるみのように抱っこを嫌がらないことから付けられました。
ラグドールは非常におっとりとしたのんびり屋さんが多い猫種です。

飼い主によく懐き、飼い主が家に帰ってくる際には玄関まで迎えに行く子も多いようです。
飼い主が部屋を移動しても、付いてくる子が多い猫種としても知られています。

【体重・寿命・飼い方など】ラグドールについてまとめ!

2016.10.06

 

9位.シャルトリュー

シャルトリューはフランスを代表するブルーキャットです。
飼い主に対してとてもよく懐き、飼い主が部屋を移るときに一緒に付いてくる子が多いようです。

犬さながらの行動はこれだけではなく、訓練することでフェッチング(取ってこい!ゲーム)を覚える猫種としても知られています。

【性格・目の色・子猫の値段相場など】シャルトリューについてまとめ!

2016.10.08

 

8位.アメリカンボブテイル

アメリカンボブテイルは名前の通り、クルンと巻かれた尾が特徴的な猫種です。
彼らは飼い主に対して、非常に献身的な性格をしていることで知られています。

また社交的で知的な子が多い猫種でもあります。
日本ではほとんどブリーダーはおらず、入手は難しいですが海外からの輸入などによって譲り受けることができます。

 

7位.オシキャット

スポッテッドタビー模様が特徴的なオシキャットも犬に似た性格を持つ猫種の一つです。
オシキャットは陽気で活発な性格をしており、遊び好きな子が多い猫種です。

飼い主に対して非常に献身的な猫種としても知られており、家庭のルールに適応するのが得意です。
一方でとても寂しがり屋な性格の子が多いため、飼う際はしっかりと構ってあげる必要があります。

【性格・ベンガルとの違い・子猫の値段相場など】オシキャットについてまとめ!

2016.10.16

 

6位.スフィンクス

無毛でしわの多いボディが特徴的なスフィンクスも、犬のような性格を持つ猫種の一つです。
非常に活気のある遊び好きな猫種で、飼い主と遊ぶことに強い幸福を感じます。

スフィンクスは飼い主の注目を集めるために、わざとおどけた行動を取る猫種としても知られています。
スフィンクスは感情が犬のようにとても読み取りやすい猫種でもあります。

献身的な性格をしておきながら、社交的な一面も持つため家庭の人気者にすぐになるでしょう。

【性格・寿命・子猫の値段相場など】スフィンクスについてまとめ!

2016.10.23

 

スポンサーリンク

5位.アメリカンカール

アメリカンカールは名前の通り、クルンとカールした耳が特徴的な猫種です。
アメリカンカールは非常に人懐っこく、飼い主によく懐きます。

彼らも飼い主にくっついて、他の部屋へついてくる子が多いようです。
日本では取り扱っているブリーダーはあまり多くないため、欲しい場合は多少困難になることが予想されます。

【性格・体重・値段相場など】アメリカンカールについてまとめ!

2016.10.01

 

4位.アビシニアン

アビシニアンはティックド(1本の毛に2色以上の色が付いている)の被毛を持つカラフルな猫種です。
すらりと引き締まったボディに大きな耳を備えており、世界的にもとても人気があります。

アビシニアンには犬のように飼い主の帰宅を玄関まで迎えてくれる子が多いようです。
また飼い主に対して従順であり、訓練をすればトリックなどを学ぶこともできるようです。

【体重・寿命・飼い方など】アビシニアンについてまとめ!

2016.09.28

 

3位.バーミーズ

穏やかな鳴き声を持つことから「慈悲深い猫」と呼ばれることがあるのがバーミーズです。
バーミーズは非常に献身的な性格をしており、どの猫種よりも飼い主と一緒に遊ぶ時間が好きです。

一般的に「犬は人につき、猫は場所につく」とはよく言われますが、バーミーズの場合は飼い主にとても深く懐きます。
ただ社交的な性格をしているため、飼い主以外の人とも仲良くなることができます。

【性格・価格相場・飼い方など】バーミーズについてまとめ!

2016.09.20

 

2位.ターキッシュアンゴラ

トルコの国宝ともいえるターキッシュアンゴラも犬のような性格を持つ猫種の一つです。
以前は多少怒りっぽい性格をしていたようですが、品種改良を重ね現在ではそういった性格も収まっているようです。

ターキッシュアンゴラは非常に知的で、家族との強い絆を結ぶ猫種として知られています。
狭い場所で暮らすことに強いストレスを覚えてしまうため、飼う際は広い飼育スペースを確保してあげる必要があります。

【性格・寿命・子猫の値段相場など】ターキッシュアンゴラについてまとめ!

2016.10.24

 

1位.マンクス

犬のような性格をしている猫種第1位はマンクスです!
マンクスはしっぽがなく、ウサギのようにピョンピョンと飛び跳ねて移動することから「バニーキャット」の愛称を持ちます。

家族と認識した人に対しては非常に深く懐き、かつ忠実で献身的です。
その反面、家族以外の人間には若干懐きにくいようです。

またフェッチング(取ってこい!ゲーム)を覚えるなど、トリックも学習することができます。

【値段・性格・特徴など】マンクスってどんな猫?

2016.09.08

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
もちろん個体差が大きな要因にはなりますが、「犬っぽい猫が欲しい!」という方は今回ご紹介した猫種を検討してみるのも一つの手かもしれませんね!
また犬派の夫(妻)と一緒に猫を飼うという時にも、一つの選択肢になるかもしれませんね。

このサイトでは他にも様々な分類でランキング記事を作っているので、興味がある方は参考にしてみてください(^^)

【テーマ別】これまでに紹介した猫の種類ランキングまとめ!

2016.12.20

参考記事:pet360、iheartcatsmom.mepets4homes

photo credit:pixelstalk

スポンサーリンク


いつかペット保険に入ろうと考えているあなたへ

 

その「いつか」は永遠に来ません。
ペット保険は今入るか、一生入れないかのどちらかです。

断言しても良いですが、気付いた時には愛猫は病気になり、ペット保険の審査には落ち、猫の高額な治療費に悩まされることになります。

何を隠そう、管理人が正にそうだからです。
もし管理人のように猫の治療費に40万円を支払いたくないなら、8分だけ時間を取ってこの記事をお読みください。



猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!