【たくさん話せる?】おしゃべり好きな猫種ランキングトップ10!

猫が何かを伝えるため鳴いている姿はとてもキュートですよね(^^)
言葉こそ分かりませんが、その声に反応することで心が通い合っているような気持ちにもなります。

猫によってはそんな飼い主とのお喋りが好きな猫種がいます。
そこで今回はお喋り好きな猫種ランキングトップ10を発表します!

この記事で言う「お喋り好き」の意味
若干分かりづらかったため、あらかじめ注釈を入れさせていただきます。
よく鳴く猫種であって、必ずしもうるさい猫種というわけではありません。
小さい鳴き声でよく喋る品種も、このランキングには入っています。

もちろんお喋り好きかどうかは、個体ごとの性格が大きな要因となります。
ただ猫種によって、お喋り好きな子が多いかどうかはかなり関係しています。
今猫を飼っている方もそうでない方も、是非どんな子が入るか予想してみてください(^O^)

今回こういったランキング記事を作成するにあたって、出来るだけ独断と偏見をなくしたかったため、様々な記事を参考にさせていただきました。
参考記事に関しては、一番下にリンクを貼らせていただきました。

スポンサーリンク



お喋り好きな猫種ランキングトップ10!

10位.バーミーズ

穏やかな猫として知られているバーミーズはお喋り好きな猫種の1つです。
飼い主に対して愛情深く、一緒に時間を過ごすことが好きな性格をしている子が多いです。

鳴き声自体はそれほど大きくありませんが、話しかけるようにたくさん鳴く子が多いようです。
また人の気持ちを読み取ることにも長けており、飼い主が寂しそうにしているときはそっと励ましてくれます。

【性格・価格相場・飼い方など】バーミーズについてまとめ!

2016.09.20

 

9位.ターキッシュアンゴラ

トルコの国宝ともいえる猫種がターキッシュアンゴラです。
トルコで発行される切手にもよく登場していることからも、国宝として丁重に扱われていることが読み取れます。

彼らも非常にお喋り好きな猫種の一つで、飼い主が部屋に入ってくると犬のように嬉しそうに話しかける子が多いようです。
これはターキッシュアンゴラの一般的な愛情表現の一つとして認識されています。

【性格・寿命・子猫の値段相場など】ターキッシュアンゴラについてまとめ!

2016.10.24

 

8位.バリニーズ

シャムの長毛種がバリニーズです。
シャムよりかは穏やかで柔らかい声をしている子が多いですが、やはりシャム同様お喋り好きな子が多いです。

とても従順で愛情深い性格をしており、たくさんじゃれついてくる子が多いようです。
また気まぐれ屋な一面もあり、タイミングによってはどんなに好きな人に対しても全く興味を示さないこともあるんだとか。

【性格・販売先・ブリーダーなど】猫のバリニーズについてまとめ!

2016.10.22

 

7位.ベンガル

ワイルドな風貌が魅力的なベンガルもお喋り好きな猫種の1つです。
頭がよく飼い主によく懐きますが、遊び好きでイタズラ好きな一面も持ち合わせています。

また飼い主に喋りかけるようによく鳴き、鳴き声も大きめな傾向があるようです。
マンションなどで飼う際は注意する必要があるかもしれません。

【性格・値段相場・飼い方など】ベンガル猫についてまとめ!

2016.09.25

 

6位.サイベリアン

シベリア生まれの大型猫、サイベリアンもお喋り好きな猫種の1つです。
基本的におとなしい猫種ですが、飼い主と遊ぶのが大好きです。

大きな体をしているにもかかわらず、意外と高く小さい声で鳴くというギャップも持っています(^^)
また声自体は小さめで、飼い主とお話しするのが好きです。

【価格・抜け毛・飼い方など】サイベリアンとはどんな猫?

2016.09.13

 

スポンサーリンク

5位.シンガプーラ

純血種の猫の中でも最も小さい猫として知られているのがシンガプーラです。
小さな体に、ティックド(1本の毛に2色以上がついていること)の被毛がキラキラ輝くため「妖精」という愛称を持っています。

基本的には鳴くことの少ない子が多いですが、愛情を感じられていないと思うと大声で注意を引き付ける癖があるようです。

【性格・目の色・子猫の値段相場など】シンガプーラについてまとめ!

2016.10.23

 

4位.ジャパニーズボブテイル

招き猫のモデルであるジャパニーズボブテイルもお喋り好きな猫種の一つです。
ポンポンとした尾が特徴的な彼らは、大声でうるさい鳴き声をしているわけではないようです。

軽快な優しい鳴き声を発して、飼い主と会話をしようと試みるのです。
留守番も得意なため、一人暮らしの人でも飼いやすい猫種です。

【性格・特徴・値段相場など】ジャパニーズボブテイルについてまとめ!

2016.09.30

 

3位.トンキニーズ

シャムの血を引いているトンキニーズもお喋り好きな猫種になります。
トンキニーズは幸せな時に、喉ならし(ゴロゴロ声)をよくする傾向があります。

とても社交的で他の猫や犬と共に暮らすことを好み、飼い主と遊ぶことも大好きな子が多いようです。
人見知りすることもなく、お客さんが来たときは関係を作るため積極的に話しに行くでしょう。

【性格・シャムとの違い・子猫の値段相場など】トンキニーズについてまとめ!

2016.10.24

 

2位.オリエンタル

オリエンタルはいわばシャムの兄弟のような猫種です。
300以上の毛色や模様が確認されている猫種で、その種類の多さから「レインボーキャット(英語で多彩な猫の意)」と呼ばれることもあります。

シャム同様注目欲求と遊び心が強いため、飼う際はたくさん構ってあげる必要があります。
またオリエンタルの鳴き声は大きく、会話を求めるようによく鳴きます。

【性格・特徴・子猫の値段相場など】オリエンタルショートヘアについてまとめ!

2016.10.22

 

1位.シャム

ポインテッド模様とサファイヤブルーの瞳が特徴的なシャムが第一位です!

シャムは非常にお喋り好きな猫種として有名です。
鳴き声も大きめな子が多いため、マンションなどで飼う際は注意が必要です。

また飼い主に対してとても愛情深く、利口で、遊び好きなのが主な性格になります。
シャムを飼うことで、家の中での話し相手を探す必要はなくなると言えるでしょう。

【性格・体重・値段相場など】シャム猫(サイアミーズ)についてまとめ!

2016.10.02

 

まとめ

やはりシャムの血が入っている子の多くはお喋り好きなようです(^O^)
シャムは本当にお喋り好きで、声自体も大きめな子が多いのでマンションなどで飼う際は注意が必要になりますね。

猫が何かを伝えるように鳴きかけてくるのは、とても可愛いものです。
コミュニケーションの一環として、たくさん話しかけてあげるようにしましょう(^^)

また猫の鳴き声は感情表現の1つだということはご存知でしたか?
もしよかったら鳴き声にどういった意味が込められているかも確認してみてはいかがでしょうか?

【猫の鳴き方まとめ】10種類の猫語が意味する猫の感情や気持ちとは?

2016.08.10

当サイトでは他にも様々な分類でランキング記事を作っているので、興味がある方は参考にしてみてください(^^)

【テーマ別】これまでに紹介した猫の種類ランキングまとめ!

2016.12.20

参考記事:pet360vetstreetpurinaiheartcats

スポンサーリンク