あなたは使ってない?猫が生理的に嫌いな匂い7選!

あなたは猫が嫌いな匂いを知っていますか?

猫は知っての通り、人間とは違う生体を持っています。
そんな猫は当然のごとく、嫌いな匂いも人間とは違うのです。

もしあなたが猫と一緒に暮らしているのであれば、なおのこと猫の嫌いな匂いはしっかり把握しておく必要があります。
場合によっては好き嫌いにとどまらず、猫の体にとって害があるものも少なくないのです。
今回ご紹介する記事で、猫の嫌いな匂いをしっかり把握しておきましょう。

 

スポンサーリンク



猫が生理的に嫌いな匂い7選!

ミカンやレモンなどの柑橘系の匂い

猫が柑橘系の果実の匂いを避ける理由としては、本能的な部分が挙げられます。
猫は基本的に昔から肉を食して生きてきました。

肉食動物として目の前にある肉が、新鮮か、そうでないかを判断してきたのです。
その判断を下す際に利用していたのが、肉の「匂い」です。

つまり柑橘系の果実が発すような酸っぱい匂いをしていれば、腐った肉と判断していたのです。
そういった記憶が遺伝子に刷り込まれている影響もあるため、柑橘系の匂いを猫は嫌がるのです。

 

胡椒や唐辛子などの香辛料全般の匂い

香辛料の匂いは、猫にとって刺激が強すぎます。
また匂いにとどまらず、食べさせるのも絶対にダメです。

香辛料を身体に入れることによって、胃腸炎になったりする恐れがあります。
猫自ら食べるようなことはないと思いますが、口にすることがないように気を付けましょう

こんなものまで?猫が食べてはいけない18の食べ物とその理由!

2016.07.05

 

アロマオイルやエッセンシャルオイル(精油)の匂い

精油自体が「成分が非常に凝縮されたもの」であります。
人間は精油を代謝できますが、猫は上手く代謝することができません。
そのため中毒症状を起こし、最悪死んでしまうケースもあるのです。

猫を飼っているのであれば、アロマオイルやエッセンシャルオイルは絶対に使わないようにしましょう
知っての通り猫はグルーミングの際に、自身の身体を舐めます。

もしあなたがアロマオイルを焚くのが習慣ならば、焚いたオイルが猫の身体に付着します。
そして猫の身体についたアロマオイルは微量でもグルーミングによって、少しずつ摂取されていくのです。

 

スポンサーリンク

香水やタバコの強い匂い

猫は人間より遥かに鼻が良いため、強い匂いを発するものが苦手です。
またアロマオイルほどではないものの、香水も種類によっては猫に危険です。
タバコや香水が原因で猫に嫌がられてないでしょうか。

タバコの煙が猫に与える3つの悪影響とは?癌やアレルギーの危険も?

2017.01.24

 

コーヒーの匂い

猫はコーヒーの匂いを嫌がります。
また嫌いなだけでなく、コーヒーの中に含まれるカフェインは猫にとって危険です。
人間にとっては嗜好飲料の一つであるコーヒーも猫にとっては、危険飲料なのです。

 

防虫剤の匂い

猫を飼っている場合は、基本的に防虫剤などの害虫駆除剤は置かないようにしましょう。
猫はそれ自体の匂いを嫌がります。
ただ匂いが嫌いでも猫は、グルーミングによって成分を体内に入れてしまうことがあります。

防虫剤は人間にとってもそうですが、猫の体にも良いものではありません。
製品によっては、中毒症状が出てしまうことがあるので気を付けましょう。

 

ハッカや湿布薬の匂い

湿布やハッカの匂いなどは、一般的には猫が苦手な匂いと挙げられます。
ただ実際のところ、猫によって好き嫌いが分かれるようです。
猫によっては、興味を示す子もいます。

ただ猫が嫌がらないからと言って、ほったらかしにするのは危ないです。
最悪猫の口に入らないように保管だけはしっかりしましょう。

 

まとめ:猫が嫌いな匂いには理由がある

猫の嫌いな匂いというのは少なからず、猫にとって危険なものである場合が多いです。
身体に取り込むこと自体が問題ではなくても、上記で挙げた匂いを嗅ぐのは猫にとってストレスなのです。

そして猫の周囲にある香りを調整するのは、飼い主しかできないことなのです。
できる限りは猫にとってストレスのないように、匂いも気を付けるようにしましょう。

猫が嫌いな匂いではなく好きな匂いを有効活用したい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

飼い猫との距離がグッと近づく?猫の好きな匂い4つと利用方法

2016.04.17

また「猫からなぜか嫌われてしまう。」という人はこちらの記事で思い当たる節がないかチェックしてみましょう。

飼い主さん必見!猫に嫌われる人の9つの特徴・動作!

2016.04.06

猫の知られざる嗅覚の秘密について知りたい場合は、こちらの記事からどうぞ。

猫の嗅覚はどのくらいすごい?生きるのに必要な嗅覚の役割とは?

2017.05.16

スポンサーリンク