【人にうつる?】猫風邪の症状・原因まとめ!ワクチン予防接種が大切

今回は猫風邪の症状や感染経路、治療方法など様々なことを紹介しています。
愛猫が猫風邪かもしれないという方はもちろん、元気な猫さんを飼っている人も前知識として読んでおくと役に立つかもしれません。

 

スポンサーリンク



猫風邪とは?

猫風邪とは人のかかる風邪と同じようなものです。

ただ人の風邪よりも猫風邪の方が、症状が重く回復に時間がかかります
またどの猫風邪も大抵の場合一度感染してしまうと、治った後もウイルスが体内に潜伏して再発しやすいキャリア持ちという状態になります。(慢性化しやすくなる)

猫風邪と呼ばれる感染症は一般に以下の3つを指します。

  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫カリシウイルス感染症
  • 猫クラミジア感染症

それぞれの感染症の原因・感染経路や症状について見ていきましょう。

猫ウイルス性鼻気管炎(ヘルペス)

原因・感染経路

猫ウイルス性鼻気管炎の原因は「猫ヘルペスウイルス」です。
感染方法はこの風邪をひいている猫(感染猫)からのくしゃみや鼻水、せきなどの飛沫感染です。

また母猫が猫ウイルス性鼻気管炎にかかっていると、子猫にもうつったり流産してしまうことがあります。

症状

猫ウイルス性鼻気管炎とは一般的に言われることの多い「人の風邪」と同じ症状が出ます。
症状は以下になります。

  • 発熱
  • くしゃみ
  • 鼻づまり
  • 鼻水
  • せき
  • 結膜炎
  • 脱水症状
結膜炎とは?
白目(しろめ)とまぶたの裏側を覆っている半透明な膜(結膜)が、赤く充血して炎症を起す病気です。
目やにが多く出たり、目が炎症を起こすのが主な症状です。

重病化すると40℃以上の高熱が出ることもあり、子猫や老猫などは脱水症状や栄養不足で死に至ることもあります

猫ウイルス性鼻気管炎のいやらしい点は、早めに治療しないと蓄膿症になってしまうことです。
蓄膿症とは鼻の奥に膿が溜まり、鼻づまりや嫌な臭いが発生してしまう病気です。

そのためいつか治るからと甘く見ないで、気になった場合は獣医さんに見せることが大切になります。

 

猫カリシウイルス感染症

原因・感染経路

名前の通り猫カリシウイルスが原因の感染症となります。
感染源は猫ウイルス性鼻気管炎と同じように、感染猫のくしゃみや鼻水などとの接触(飛沫感染)となります。

症状

猫カリシウイルス感染症の症状は以下になります。

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 発熱
  • 関節の痛み
  • 口内炎
  • 舌炎(舌にできる口内炎)
  • 肺炎

猫ウイルス性鼻気管炎と併発することが多く、症状もくしゃみ、鼻水、発熱、関節の痛みなど似たものになります。

重病化すると口内炎や舌炎(舌にできる口内炎)ができてしまい、そういった痛みから食事を摂らず体力の低下を招いてしまうことがあります。
最悪の場合肺炎を起こして死んでしまうこともある感染症になります。

 

猫クラミジア感染症

原因・感染経路

クラミジアというと人間の性病のイメージが強いと思いますが、実はそのクラミジアが原因の感染症です。
そもそもクラミジアとはウイルスに近い細菌の仲間のことを指します。

症状

猫クラミジア感染症の症状は以下になります。

  • 重い結膜炎
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 気管支炎

猫クラミジア感染症は強い結膜炎の症状が出るのが大きな特徴です。
くしゃみや鼻水のような一般に言われる風邪の症状も出ますが、ほかにも気管支炎など他の猫風邪よりも強い症状が出やすいです。

猫クラミジア感染症は早期治療によって対処をしないとクラミジアが体の中に住みつき、完治することができなくなってしまうことがあります。(いわゆるキャリア持ち)
この状態になると一度治ってもまた病気が再発するなど慢性化しやすくなります。

 

スポンサーリンク

猫風邪の予防について

猫風邪の感染源は主に他の感染猫からの飛沫感染や排泄物などの菌の付着によるものです。
また直接そういった感染がなくても、飼い主さんが外から風邪の元を持ってきてしまうこともあります。
そんな猫風邪の予防方法は大きく以下の3点になります。

  • 室内飼い
  • ワクチン接種
  • (多頭飼いの場合)感染猫の隔離

1つずつ詳しく見ていきましょう。

室内飼い

猫風邪にさせないためにまずは室内飼いが大切になります。
外に行かないようにすることで猫風邪に感染する確率は圧倒的に下がります

野良猫などは大抵の場合何かしらの病気や寄生虫を持っていることが多いため、野良猫を近づけないことが大切になります。
また外の世界に出ることで野良猫と喧嘩したり、事故に遭う確率も大幅に下げることができます。

ただ中にはどうしても外への興味が強い猫ちゃんもいるため、どうするかは飼い主さんが判断するようにしましょう。
必要な場合にはハーネスをつけて散歩をするのも一つの手になります。

 

ワクチン予防接種

ワクチン予防接種をする理由

定期的なワクチンの予防接種をするのには2つの理由があります。

  • 猫が感染症(猫風邪)にかかりにくくする
  • 感染症(猫風邪)にかかった場合の、症状を軽くする

このようにワクチンの予防接種は猫を病気にかかりにくくすることだけが目的ではないのですね。
個人的には風邪にかかりにくくすることよりも、症状を軽くして愛猫の苦痛を軽減するために予防接種は大切だなと思っています。

猫風邪も「風邪」なんて表現のため軽く見られがちですが、症状の重さや治る期間を考えれば人にとっての「インフルエンザ」と同じくらい苦しいものだと思われるからです。

猫用ワクチンの種類

3種混合ワクチン・5種混合ワクチンなど、猫に注射するワクチンは何種類かあり、どの混合ワクチンを接種するかによってカバーできる感染症が変わってきます
5種混合ワクチンは3種混合ワクチンにプラスして他の感染症2つといった感じに、数字が増えるほどカバーできる感染症が増えていきます。

基本的には5種混合ワクチンを接種すれば、猫風邪(上記3つの感染症)に関してはカバーできます。
ただ猫カリシウイルス感染症は少し曲者になります。

猫カリシウイルスは、一様に猫カリシウイルスと言っても様々なタイプがあります
インフルエンザでいうところのA型・B型・C型とかと同じようなものです。

5種混合ワクチンでは1種類、6・7種混合ワクチンの場合、3種類の猫カリシウイルスを予防できます。
もちろん種類が多くなればその分料金も高くなるため、自分の経済状態と折り合いをつけてどういったワクチンの予防接種をするのかなどを考えてみてください。

猫のワクチンは毎年必要!ワクチンの効果と種類毎の料金などについて

2017.04.08

 

(多頭飼いの場合)感染猫の隔離

多頭飼いをしていて1匹の猫が猫風邪をひいてしまったら、他の猫に風邪をうつさないために感染猫だけ別室に移して隔離するようにしましょう。

猫風邪は飛沫感染するため、放っておけば他の猫にもうつってしまう可能性はとても高いです。
そうなると、全ての猫の体調や健康管理が大変なのはもちろんのこと、治療費も馬鹿になりません

 

猫風邪の治療と治療費について

猫風邪の治療方法・治し方

猫風邪を倒すための専用の特効薬がある場合は、そういった薬の服用をしていくことになります。

ただ猫風邪の中で特効薬があるのは「猫クラミジア感染症」のみです。
「猫ウイルス性鼻気管炎」と「猫カリシウイルス感染症」の2つは特効薬がありません

特効薬がない感染症の場合は、栄養摂取をして免疫力を高めて回復を待つしかありません。
またウイルスがこれ以上増殖しないための投薬治療など、猫の免疫のサポートを行い自然治癒を待つことになります。

通常は2週間もあれば猫風邪からは治りますが、重病化してしまうと1カ月以上症状が現れることもあります

 

猫風邪の治療費はいくらかかる?

猫風邪の投薬など治療費にはいったいどのくらいのお金がかかるのでしょうか?
基本的には2週間程度で回復してしまうため、1万円程度(診察費2,000円+薬5,000円+皮下注射4,000円程度)で済むことが多いです。

ただ重病化して入院や点滴、血液検査などをすることになった場合はかなり治療費も高くなります。

  • 入院費(1日):4,000円程度
  • 点滴(1日):5,000円~8,000円程度
  • 血液検査:5,000円~1万円程度

このようにかなりの治療費がかかることが分かると思います。
猫風邪が重病化してしまった場合などは、総治療費として3万円以上かかることもあるのです。

猫の場合は人と違って国が提供する健康保険などはありません。
その代わり民間企業が出しているペット保険に加入することで、いざというときの治療費の何割かをカバーしてくれます。
そのため万が一の負担なども考え、基本的にはペット保険に加入しておくことをおすすめします。

猫にペット保険は必要?不要?メリットとデメリットを紹介!

2017.12.07

 

猫風邪は放っておくと大変なことに?

猫風邪にかかっているのかどうか分からないくらい、本当に軽い場合は1,2日様子を見るのはありだと思います。
ただ治る様子がなかったり、少しでも重病化した場合はすぐに動物病院に連れて行くようにしましょう。

これまでにも何度か書きましたが猫風邪は「風邪」とついているため勘違いしやすいですが、私たち人間にとっての風邪よりも重いです。

放置することで完治せず慢性化してしまったり(再発の可能性が常にあるキャリア持ち)、重い症状が出てしまうことがあります

元々猫は何か自分の体に異常があっても、その異常を他の人に見せないようにします。
外の世界では「自分の体が弱っているのを見られる=狙われやすくなる=死につながる」ことだからです。
そのため普段から飼い主さんがしっかりと様子を見て、症状に気付いてあげることが大切です。

 

猫風邪は人にうつる?

実は猫風邪は種類によって、人にうつるものとうつらないものがあります。

  うつる うつらない
猫ウイルス性鼻気管炎  
猫カリシウイルス感染症  
猫クラミジア感染症  

上記のように分かれます。
猫クラミジア感染症は、性病として人もかかることから想像しやすいと思いますがうつります。
空気感染などはありませんが、感染猫の目やに、鼻水、唾液などからうつります。

また詳しいことは分かりませんがうつらない風邪の場合でも、感染猫の飛沫はキレイとは言えないでしょう。
風邪をひいている猫の治療をしたら、面倒でも逐一手洗いをするようにしましょう

 

まとめ

猫風邪は室内飼いと、定期的なワクチン接種をすることでかなり予防することができます。
また猫風邪にかかった猫を放っておくと、重病化してしまう危険性があります。
愛猫の様子がおかしいと感じたら、すぐに獣医さんに診てもらうようにしましょう。

photo credit:John Donges

スポンサーリンク