猫の咳の原因は?病気や毛玉、アレルギー、寄生虫の可能性も?

猫も人間と同じように咳をします。
猫にとっての咳はウイルスなどの侵入を防ぐ意味合いなどもありますが、病気を示すサインにもなり得ます。
今回はそんな猫の咳について、詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



猫の咳の特徴

咳はほこりやウイルスなどを気道から取り除こうとするための生理現象のことです。
ウイルスやアレルギー性物質が、気道内に溜まってしまわないように咳をするのです。

ただ咳はそういった役割だけでなく、体に何らかの異常があることを示す初期の警告にもなります
そのため咳が慢性的に続いたり、苦しそうな咳をしている場合などは獣医さんに診てもらう必要があります。

参考までに猫の咳の動画を紹介しておきます。

このように猫の咳はわかりやすいです。
ただこういったゼーゼーとした咳以外にも「フンフン」「ケホケホ」など様々な咳の仕方があり、いずれも猫の咳です。

こんな咳には要注意!
猫も人間と同じように咳をしますが、以下のような症状が見られる咳の場合は要注意です。

  • 日常的に咳をしている場合
  • 数分以上咳が続いている場合
  • 咳をしながら苦しそうにしている場合
  • 痰が絡む咳(ゼーゼー)をしている場合
  • 咳以外に発熱や嘔吐・下痢など他の症状も見られる場合

以上のような症状が見られる場合は、何かしら異常があると考えてよいでしょう。
獣医さんに診てもらう必要性大です!!

しゃっくりも若干似ていますが、猫のしゃっくりの場合、基本的には音は出ません。

猫のしゃっくりの原因と止め方とは?病気が原因の場合も?

2017.01.19

続いてどんな原因から猫が咳をするかを紹介していきます。

 

猫の咳の原因

猫の咳が起こる原因は主に以下になります。

  • 毛玉(異物)が気管に詰まっている
  • 病気が原因の咳
  • 寄生虫が原因の咳
  • アレルギーが原因の咳

1つずつ詳しく見ていきましょう。

毛玉(異物)が気管に詰まっている

毛玉などの異物が詰まっている際に、それを取り出すために咳込んでしまうことがあります。
人間でも食べ物や水が変なところに入ったりしてしまうと、思わずむせて咳をしますよね。

それと同じように猫の場合も異物(主に毛玉)でむせてしまい、それを取り出すために自然と咳が出ます
毛玉の場合は、咳ではなく嘔吐することで外に出そうとすることも多いです。

毛玉が原因だと思われる場合は、日々のブラッシングをより定期的に行うことで問題解消につながります。
他にも「ヘアボールコントロール対応の」フードに変えることで、症状は軽減するでしょう。

毎日やっても嫌がらない?猫が喜ぶブラッシングのやり方!

2016.08.06

 

病気が原因の咳

猫が病気にかかっていると、それを示すサインとして咳をすることがあります
主に咳が出る猫の病気としては以下が挙げられます。

  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫カリシウイルス感染症
  • 猫クラミジア感染症
  • 心臓病
  • 喘息
  • 肺炎
  • 肺水腫
  • 膿胸
  • 乳び胸
  • 気管支炎
  • 咽頭炎
  • 腎臓病
  • 真菌感染症
  • 虫垂炎

以上のように咳は、様々な病気の兆候として表れます。
猫が慢性的に咳をしている場合や苦しそうな咳をしている場合は、獣医さんに診てもらうようにしましょう

また軽い咳であっても、嘔吐や下痢など他の症状なども見られる場合も、同様に動物病院で診察してもらうようにしましょう

 

寄生虫が原因の咳

寄生虫が原因で咳をしている場合は、嘔吐や下痢、食欲不振、体重減少、倦怠感なども見られることが多いです。
咳の原因となる寄生虫は主に以下になります。

  • フィラリア症
  • 猫肺虫
  • 回虫

肺や心臓などに寄生する、寄生虫が咳を引き起こします。
この場合も駆虫をしてもらうために、獣医さんに診てもらう必要があるでしょう。

【人間に感染?】猫の回虫症の症状と感染経路、薬や治療方法とは

2017.02.06

 

アレルギーが原因の咳

猫も人と同じようにアレルギーを持っていることがあります。
猫のアレルギーは主に、花粉やホコリなどのハウスダストや食品などになります

アレルギー原因で咳をしている場合は、アレルゲンを家に持ち込まない(取り除く)ことが大切になります。
アレルギー原因で咳をする場合、咳以外にかゆみや出来物、嘔吐・下痢など他の症状も見られます

アレルギー検査の費用は2~3万円ほどで、結果が判明するまでに2週間ほどかかるようです。

猫のアレルギー症状は全部で4種類!アレルギー検査と予防対策は?

2017.03.09

 

スポンサーリンク

咳の治療方法は?

猫の咳の治療は、「咳を治療する」というよりかは、「咳の原因を治療する」ことになります
例えば猫の咳が気管支炎が原因で起こっているのなら、それに見合った処方箋などを使うことになります。

一方寄生虫などが原因であれば、駆虫をする必要がありますし、アレルギーが原因であれば、アレルゲンを近づけないようにする必要があります。
このように猫の咳の治療は、咳の原因を見極めることで初めて治療することができるのです。

 

獣医さんに診てもらう際のおすすめの方法

獣医さんに猫の咳を診てもらう際に、おすすめできる方法があります。
それは皆さんの持っているスマートフォンで、愛猫の咳の様子を撮影することです。

これだけで獣医さんがより正確な診断をしてくれやすくなります。
難しいことではないと思うので、是非試してみてください!

 

水を飲んだ後に咳をする子

中には水を飲んだ後に咳をしてしまう子などもいます。
これは大抵の場合、私たち人間がむせてしまうのと同じように、猫が水を飲むのが上手くなかったために起こることです。
この場合は、水皿を若干高いところに置くことで改善するようになります

 

まとめ

猫も人間と同じように咳をするものです。
ただ猫の咳は人間以上に、病気なり何かしら体の異常を示すサインとなりやすいです。
飼っている猫が慢性的に咳をしている場合や、苦しそうな咳をしている場合は、迷わず獣医さんに診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク