結果にコミット?デブ猫ダイエット、成功までの4つの流れ!

猫のダイエットは私たち人間のダイエットのように同じく難しいものです。

違いとしては、人間のダイエットは本人の強い意思が必要になりますが、猫のダイエットは飼い主さんの強い意思が必要になることです。
だって猫は肥満であってもダイエットなんてするつもりないですからね(^^;)

それでもデブ猫ちゃんのままだと、心臓病など病気のリスクはかなり高まってしまいます
そうならないためにもダイエットを成功させましょう。

ライザップのように結果にコミットすることはできませんが(笑)
なるべく分かりやすく、どうすればいいのかを具体的に書いていきます。

 

スポンサーリンク



デブ猫のダイエット!成功までの4つの流れ

猫のダイエットは成功までに大きく分けると4つの流れがあります。

  1. 猫が太っているか判断する
  2. 目標体重の設定
  3. ダイエットスタート!
  4. 成功後もリバウンドに注意を

以上の4ステップになります。
それでは一つずつ見ていきましょう!

1.猫が太っているか判断する

ダイエットする前に、あなたの猫がデブ猫ちゃんかどうかを判断しましょう。
太っているかどうかの判別方法はこちらから確認できます。
1分あればすぐに分かるので、是非確認してみてください。

【超簡単】1分でできる猫の肥満度チェック!

2016.08.08

 

2.目標体重の設定

目標体重の設定に関しては、2つの情報が必要になります。
「どれくらい太っているのか」と「飼っている猫の体重」です。

あなたの猫が太っているとしても、どれくらい太っているのかを決めるのは大切です。
単にちょっとしたぽっちゃり猫ちゃんなのか、デブ猫ちゃんなのかによってどの程度体重を落とす必要があるのかが変わるからです。

あなたの猫は下の4(太っている)と5(太り過ぎ)のどちらに判別されるでしょうか?

次に必要なのがあなたの猫の現在の体重です。

この2つの情報を基にダイエットの目標体重を設定します。
目標体重を設定するのにはBCS(ボディコンデショニングスコア)というものを使います。
これは今の猫の太り具合から、どのくらい体重を落とした方が良いのかを教えてくれるものです。

目標体重の出し方に使うBCSの計算式は以下に記載しますが、興味がない方は読み飛ばしてくださっても問題ありません。(計算しなくても目標体重が分かる表が下にあります。

BCSの計算方法

(現在の体重×BCSの除脂肪率)÷0.8=目標の体重

太っている場合、徐脂肪率は70%
太り過ぎの場合、徐脂肪率は60%になります。

 

現在の体重から考えるべき目標体重表

計算するのは面倒だと思うので、現在の体重から考える大まかな目標の体重を表にしておきました。

あなたの猫ちゃんが肥満だとしたらまず「太っている猫」と「太り過ぎ猫」の猫のどちらのカテゴリに入るのか判断してください。
そして現在の体重から横にかいてある目標体重を確認しましょう。

例えばあなたの猫が現在7kgで太り過ぎのカテゴリに入ると思われる場合は、5.3kgがダイエットの目標体重になります。

獣医さんには必ず報告を
ダイエットをさせる場合まずは獣医さんに報告しましょう。
またダイエットの相談もかねて、定期的に通うようにすると更に良いでしょう。

 

スポンサーリンク

3.ダイエットスタート!

ダイエットには大きく分けて2つの方法があります
「運動量の増加」と「食事制限」です。
1つずつどんなことができるかを見ていきましょう。

ダイエットは長期計画で考えて
また猫のダイエットは必ず半年や1年のスパンで考えましょう
短期間で急に体重を落とすことは本当に危険です。
そのため週に1回は体重の記録を付けることをおすすめします。
記録をつけることで無理なダイエットをしてないかを見直すこともできます。

 

運動量の増加

1日の遊びを15分×3~5セット

なんといっても運動量を増やすのが、猫にとっては最も効果的なダイエット法の1つです。
運動と言っても普段のように猫と遊んであげれば大丈夫です。
1回の遊びを15分程度で、1日3~5回セットで遊んであげるようにしましょう

上下運動がおすすめ?
猫にとっては上下運動はかなりの運動になります。
そのため遊ぶ際も平面での遊びよりかは、上下運動するように意識してみましょう。

 

食事の前に運動させる

ご飯を食べた後、すぐに運動をさせると消化に悪影響を与えてしまいます。
できるだけ食事の前の運動が習慣になるように取り組みましょう

 

食事に遊びを取り入れる

ご飯をあげる際にも運動を促すことはできます。
例えば部屋に上下運動ができるようなキャットタワーがあれば、タワーの一番上にご飯を隠したりすることで猫に上下運動をしてもらうことができます。
ちょっとした運動ではありますが、軽い遊び気分でできるでしょう。

一から分かるキャットタワー!選ぶ際に注意すべき5つのポイントとは?

2017.10.19

 

食事制限

ご飯の量を少しずつ減らす

当然のことながら猫が日々食べるご飯の量を少なくすることで、ダイエットすることはできます。
とは言っても急激に減らしてしまっては、健康面でも危険です。

そのためまずは今与えているフードの量を20%減らして1カ月様子を見てみましょう
これまで目分量でご飯を与えていた方は測りを使って与えるようにしましょう。

1カ月様子を見て、体重が1~2%下がれば良い調子です。
下がらない場合はほんの少しずつご飯の量を減らして様子を見ていきましょう。

ダイエットフードは良いの?
ダイエットフードは一般のフードと比べてもカロリーは少なく、栄養は高くという工夫がなされています。
ただ劇的に違うわけでもないので、ダイエットするからといって必ず変更する必要はありません。

 

ごはんを小分けにして与えていく

これまでご飯を1日に1回与えていた場合は、小分けにして何回かご飯の時間を作るようにしましょう
出来れば1日に4~6回ご飯の時間を取るのが理想的です。

1日1度しかご飯をあげないと食べ終わったときは満腹になりますが、その後空腹の時間が長くなります。
複数回ご飯を与えることで、猫が1度の食事で満腹になることはほとんどないですが、空腹になることもあまりありません。

小分けにすることで、脂肪の蓄積を効果的に防ぐことができるのです。

 

おやつは低脂肪のものを

当然ながら日々与えるご飯の量が少なくなることで、猫のおねだりはこれまで以上に強くなるでしょう。
しかし、そこでおやつをこれまで以上に与えてしまっては意味がありません。

おやつを全く与えないのも鬼だと思うので、たまにおやつを与える際は市販の物ではなく低脂肪のものを与えましょう
おすすめのおやつは「湯がいた鶏のささみ」、「ゆで卵」、「湯がいた魚」です。

特に鶏のササミは低脂肪ですが、高たんぱくなのでおやつに最適と言えます。
ですが、もちろん与えすぎには注意が必要です。

 

4.成功後のリバウンドに注意を

私たち人間にとってダイエット後で最も怖いのはそう。。リバウンドですよね。

一度は理想の体重まで下がったのに、気付けばダイエット前に戻っていたなんてことも。。。
そうならないためにリバウンドには十分気を付ける必要があります。

食事量をダイエット中より増やしても大丈夫ですが、以前太ったときと同じご飯の量を与えてはいけません。
あくまでダイエット後の体重を維持できる量を決めて、決められた量のみを与えるようにしましょう

 

まとめ

ダイエットは計画性を持って、粘り強く行っていくのが大切です。
私たち人間が行うダイエットと同じように、1週間で1キロやせたなんてことになったら猫にとってはとても危険だからです。

そのため、目標まで半年~1年といったスパンがかかることも普通なのです。
個人的には猫が幸せならば、ちょっとくらいぽっちゃりやデブ猫ちゃんであってもいいと思っています。
ですが、もし愛猫に幸せに長生きしてもらいたいなら、無理のないダイエットはかなり大切です。

あくまで無理なく健康的な生活を送れるようにしていきましょう(^^)

スポンサーリンク