猫のワクチンは毎年必要!ワクチンの効果と種類毎の料金などについて

猫の健康管理のためにも、ワクチン接種は大切なことです。
飼い猫が感染症にかからないようにする唯一の方法こそが、ワクチンなのです。
今回はそんな猫のワクチンの必要性やカバーできる感染症、料金などについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク



ワクチンの目的

そもそもの話ですが、ワクチンを打つ理由は以下の2つになります。

  • 感染症にかかりにくくするため
  • 感染症にかかった場合の負担を軽くするため

1つずつ詳しく見ていきましょう。

感染症にかかりにくくするため

これに関しては、それほど説明もいらないかと思います。

インフルエンザの予防接種(ワクチン)を想像して頂くと、分かりやすいと思います。
インフルエンザの予防接種の第一の目的は、そもそもインフルエンザにかかりにくくすることですよね。

猫のワクチンも同じで、猫がかかりやすい病気である猫風邪などにかかりにくくすることができます

 

感染症にかかった場合の負担を軽くするため

ワクチン接種には、感染症にかかりにくくする以外にもうひとつの目的があります
それが万が一、感染症にかかった場合の負担を軽くすることです。

これもインフルエンザを例に挙げますが、インフルエンザのワクチンも打っておけば、いざ発症してしまった場合の体への影響を軽くすることができます。

猫風邪などは免疫力の弱い子猫や老猫は重症化すると、死亡してしまうこともあるため、症状を軽くすることのできるワクチンはとても大切なのです。
いわばワクチンは、「重症化を防ぐための保険」と考えてもいいのではないでしょうか。

 

猫にワクチン接種が必要な理由

飼い主さんによっては、「うちは室内飼いだから、菌が猫にいくようなこともないでしょ。」といった理由で、ワクチン接種をしないことがあるようです。

室内飼いをしていても、飼い主さんの洋服についた雑菌や窓を開けている際にも感染症の原因は入ってきます。
猫風邪などはいくら室内飼いをしていても、猫が体調を崩してしまえばかかるものです。

特に子猫や老猫の場合は、ワクチンは必ず必要と言っても過言ではありません
なぜなら彼らは成猫に比べて、体力がなく免疫力も弱いため、簡単に感染症にかかってしまうのです。
そして感染症にかかった場合、重症化してしまいやすいのも子猫や老猫です。

こういった感染症から、子猫や老猫の身を守ることができる唯一の方法こそがワクチンなのです。
最低でもコアワクチンと呼ばれる、「3種混合ワクチン」だけは打つようにしましょう。
※ワクチンの種類については後述しています。

 

スポンサーリンク

猫用ワクチンの性質・種類

猫へのワクチンの性質・種類はいくつかあります。
ワクチンと一口に言っても、性質・種類によって、メリットやデメリット、またカバーできる感染症の種類も変わってきます。
まずはワクチンの性質についてみていきましょう。

猫用ワクチンの性質の違い

ワクチンには「生ワクチン」と「不活化ワクチン」の2つの性質があります
どんな違いかというと、それぞれ以下の特徴を持っています。

【生ワクチン】
生きているウイルスを弱毒化、もしくは無毒化したもの。
ウイルス自体は生きているため、体への副作用(発熱など)が出やすいが、その反面ワクチン効果(予防効果)が高い。

【不活化ワクチン】
既に死んでいるワクチンのこと。
副作用はほとんどないが、生ワクチンに比べると予防効果が下がるのが特徴。
ごくまれに不活化ワクチンに含まれる成分が原因で、腫瘍ができることもある。

まとめると以下のようになります。

  • 生ワクチン:予防効果が高いが、副作用も出やすい
  • 不活化ワクチン:予防効果はそれほど高くないが、副作用が出にくい

どちらも見事に一長一短ですね。
また生ワクチンがあるのは3種混合ワクチンのみで、それ以外の種類のもの(5種、7種など)などは不活化ワクチンのみとなります。

3種混合ワクチンを打つ際は、獣医さんの意見を聞いて、「生ワクチン」と「不活化ワクチン」のどちらにするか決めましょう。

 

猫用ワクチンの種類の違い

続いて、猫用ワクチンの種類についてです。
猫用ワクチンは何種類かあり、種類が変わるとカバーできる感染症の種類も変わってきます

基本は3種混合ワクチンです。
その他猫用ワクチンは4種、5種、7種混合ワクチンなどがあります。
「数字が増える=カバーできる感染症の種類が多い」ということですね。

具体的にどのワクチンが何の病気を予防できるのかを見てみましょう。

病名\ワクチン種 単独 3種 4種 5種 6種 7種
猫ウイルス性鼻気管炎  
猫カリシウイルス感染症  
猫汎白血球減少症  
猫白血病ウイルス感染症  
クラミジア感染症        

※猫カリシウイルスは数種類あり、①は1種類に対応、③は3種類に対応していることを表しています。

それぞれ防げる感染症の簡単な説明は以下になります。

  • 猫ウイルス性鼻気管支炎:代表的な猫風邪の1つ
    症状は元気がなくなる、鼻水、くしゃみ、よだれなど
    子猫や老猫の場合は、衰弱すれば亡くなることも。
  • 猫カリシウイルス感染症:代表的な猫風邪の1つ
    症状は猫ウイルス性鼻気管炎と似ているが、舌や唇の潰瘍なども
    重症化すると、肺炎になり、死に至ることもあり。
  • 猫汎白血球減少症:別名を「猫伝染性腸炎」という。
    症状は嘔吐、下痢、食欲不振、発熱など
    治療が遅れると、死に至る危険もあり。
  • 猫クラミジア感染症:代表的な猫風邪の1つ
    症状はくしゃみや鼻水などだが、結膜炎や気管支炎などが出ることも
    ワクチン未接種でかかると、死亡してしまう危険もあり
  • 猫白血病ウイルス感染症:猫の白血病。
    潜伏期間を経て、本格発症すると、様々な病気にかかりやすくなってしまう

ワクチン接種で防げる病気について、より詳しく知りたい方はこちらから確認してみてください。

猫用ワクチン(予防接種)で防げる5つの病気まとめ!

2017.04.16

 

猫用ワクチンの料金相場はいくら位?

ワクチンは当然のことながら、種類が多いものほど値段も高くなります
ワクチン代金は病院が定めるため、いくらというのはありませんが、おおよそ以下の価格であることが多いようです。

  • 3種混合:4000円~7000円
  • 4種混合:5000円~8000円
  • 5種混合:6500円~10000円
  • 7種混合:7500円~12000円
  • 猫白血病ワクチン:5000円~8000円

種類が多いと費用も高くなるので、あまり余裕がない場合は、3種混合ワクチンだけでも打つようにしましょう。

 

ワクチン接種をするにあたって

ワクチン接種をするにあたって、接種前と接種後に気をつけるべきことをまとめていきます。

ワクチン接種前の注意

ワクチン接種をすること自体は、それほど難しいことではありません
かかりつけの病院に予約を入れて、当日注射して終わります。

ただ体調を崩したりして、免疫力が落ちている猫へのワクチンは注意が必要です。
免疫力が落ちている際にワクチン接種をするのは、体への負担も重くリスクが高いからです。
そのため接種前には、猫の体調チェックが必要になります。

安心して頂きたいのですが、体調チェックといってもそれほど大がかりなものではなく、最近気になることがないかなどを問診する程度ですね。
具体的には以下の状況に心当たりがある場合は、必ず獣医さんに申告するようにしましょう。

  • 以前ワクチン接種をした際に体調を崩したことがある場合
  • 現在猫が体調を崩している場合(軟便など)

また体調を崩すまでいかずとも、最近何か気になっていることがある場合も、獣医さんにしっかりと伝えておいた方が良いでしょう

 

ワクチン接種後の注意

ワクチン接種を終えた後は、どうしても微熱などが出てしまうことも多いです。
微熱程度なら良いのですが、以下のような症状が見られた場合は、状況を獣医さんに伝え、指示を仰ぐようにしましょう

  • ぐったりしている、倒れている
  • 痙攣、体温低下、呼吸の異常
  • 下痢、嘔吐
  • その他明らかに異常な様子が見られる
ワクチン接種後にしてはいけないこと
獣医さんからも指示があると思いますが、通常ワクチン接種後2~3日はシャンプーや過激な運動を控えるようにしましょう。

 

ワクチンの副作用はあるの?

ワクチンを打つ際に忘れてはいけないのが、副作用の存在です。
ワクチンはそもそも弱毒化したウイルス、もしくは無毒化したウイルスを体に打ち込むことです。

そのため免疫がうまく作用しない場合などは、副作用が出てしまうことも考えられます
そもそも副作用の可能性が0のワクチンはありませんからね。

猫用ワクチンの副作用としては以下が挙げられます。

  • 元気がなくなる
  • 注射箇所の炎症
  • 顔の腫れ、むくみ
  • 下痢、嘔吐
  • アナフィラキシー・ショック

基本的には副作用が出ても、1日以内に自然に収まることがほとんどのようです。
ただ「アナフィラキシー・ショック」は例外で、非常に危険な症状です。

アナフィラキシー・ショックとは、免疫システムの過剰反応によるアレルギー反応のことです。
スズメバチに二回刺されると出てしまう症状として有名なものですね。

アナフィラキシーショックがワクチンの副作用として出る場合、通常注射後30分以内に痙攣や呼吸困難などの症状が見られます。
そしてこの副作用が出てしまった場合は、迅速な治療が必要なります。
アナフィラキシーが起こる割合自体はとても低いですが、命に危険を及ぼす非常に危ない症状です

こうした副作用について読むと、「ワクチン接種をしない方が良いのではないか?」と考える方も多いと思います。
ただ実際のところは、「ワクチン接種をしておけば防げた。」という割合の方が圧倒的に多いのが現状です。

 

ワクチンを打つ時期や回数は?

ワクチンを投与するのは、適切な時期(タイミング)があります。
子猫の場合、ワクチン接種のタイミングは以下になります。

  • 1回目:生後8週目
  • 2回目:1回目の1カ月後
  • (3回目):2回目の1カ月後
  • 4回目以降:3回目の1年後。以降毎年1回ずつ

3回目は打たない方針の獣医さんなどもいます。
その場合は、2回目の1年後に3回目のワクチンを打つことになります。

なぜ子猫の時に、数回にわたってワクチンを打つかというと、ブースト効果があるからです。
同じワクチンを2回打つと、格段にそのウイルスに対する免疫力がアップします
これを通称「ブースト効果」と呼ぶのです。

イメージとしてはこんな感じです。

また3回目が終わった後1年おきにワクチンを打つ理由は、「予防接種でついた免疫は徐々になくなっていくから」です。
そのため大人になってからも、毎年1度ワクチンを打つ必要があるのです。

子猫の育て方まとめ!生後1カ月半~1年目までの飼い方!

2017.07.23

 

まとめ

ワクチンは愛猫を病気から守るための大切な手段です。
ワクチンは「病気にかかりにくくすること」、そして「病気にかかった場合に重症化を防ぐ」という2つの効果があります。
室内飼いであっても、病気にかかる可能性はあるため、最低でも3種混合ワクチンは毎年打つようにしましょう。

スポンサーリンク