【これで完璧?】玄関・窓・ベランダごとの猫の脱走防止対策!

猫は脱走の名人です。
私たちが特に意識していないところから、気付いたら外に抜け出してしまうこともあります。
そこで今回は猫が逃げてしまわないように、3つの脱走ポイント「玄関・窓・ベランダ」全ての脱走防止対策を紹介していきます!

 

スポンサーリンク



家の脱走ポイントごとの脱走防止対策!

今回は猫の脱走防止方法を、家の脱走ポイントごとに紹介していきます。
危険な脱走ポイントは以下の3点になります。
1つずつ詳しく見ていきましょう。

  1. 玄関
  2. ベランダ

1.玄関の脱走防止対策

玄関は飼い主さんが帰宅した際など、すれ違いざま猫が脱走してしまいやすい脱走ポイントです。
ベランダと共に最も危険な脱走ポイントと表現することもできるでしょう。

そんな玄関からの脱走防止をするには、以下の3つの方法が挙げられます。
1つずつ詳しく見ていきましょう。

  1. 小型簡易ゲート
  2. 簡易扉(パーテーション)
  3. フェンス

1-1.小型簡易ゲート

ペットゲート オートクローズ

玄関からの脱走防止対策は、大きく2つの観点から考える必要があります。

  • 玄関につながる廊下の行き来を困難にする
  • 玄関自体の出入りを困難にする

簡易ゲートの設置はこの内の前者に当たります。
玄関に通じる廊下の行き来を困難にすることで、猫の脱走防止につながります。

使用イメージは以下になります。

簡易ゲートのメリット・デメリット
メリットは以下になります。

  • 設置が楽なこと
  • 比較的安価
  • 普段使いが楽

一方デメリットは以下になります。

  • 活発な成猫なら飛び越えてしまうこと

こういったことを考えると、ちょっとした脱走防止をしたい場合に適していると言えます。
また家で飼っている猫がおっとりしており、活発でない場合には十分強力な脱走への抑止力となるでしょう。

 

1-2.簡易扉(パーテーション)

ねこ専用脱走防止扉【にゃんがーど】

簡易扉(パーテーション)も、玄関への行き来を困難にする脱走防止対策となります。

また先ほど紹介した簡易ゲートでは活発な成猫の場合、易々と飛び越えてしまうという欠点がありました。
そういった欠点をカバーすることのできるのが簡易扉です。

簡易扉(パーテーション)のメリットとデメリット
メリットは以下になります。

  • 成猫でも簡単に飛び越えることができない

一方デメリットは以下になります。

  • 値段が高め
  • (商品によっては)少し安っぽい
  • 取り付けが大変
  • 普段使いが少し手間

正直安い物ではなく、普段使いで荷物がよく引っかかってしまうなんて意見もレビューの中には見受けられました。
デメリットが多く目立ちますが、その分脱走防止という点ではとても優れています
玄関を安心して開けられるようになるという点は、大きな魅力だと思われます。

飼っている猫が活発で、簡易ゲート程度では難なく飛び越えられてしまうことが予想できる場合はこちらを選択するのも一つの手かもしれません

また中には玄関への廊下ではなく、台所などへの侵入防止に使っている方もいました。
このように脱走防止対策としてだけでなく、入ってほしくない部屋などへの侵入防止に使うこともできます。

 

1-3.フェンス

アイリスオーヤマ ペットフェンス

フェンスの設置も玄関の脱走防止対策の一つです。
フェンスは廊下に設置すれば、玄関への行き来を困難にすることもできます。
またドアの前に置くことで、猫の玄関自体の出入りを困難にすることもできます。

フェンスのメリット・デメリット
メリットは以下になります。

  • 設置が最も楽
  • 値段が安い
  • 普段使いが楽

一方デメリットは以下になります。

  • 活発な成猫なら飛び越えてしまう
  • フェンスのみだといじっているうちに隙間ができてしまう

フェンスの魅力はやはり圧倒的に安いこと、そしてとても手軽に脱走対策ができることです
1000円程度でちょっとした脱走防止ができるという点は素晴らしいですね。
また設置も楽なため、手間をかけたくないという方にも向いています。

一方脱走防止対策としては、それほど素晴らしいとは言えません。
あくまでそこそこの抑止力になるという考えが正しいと思われます。

こういった点を考えると、「玄関の脱走防止をそこそこで良いから手軽にしたい!」という方には最も向いている対策方法と言えると思います。
やっぱり値段が安いというのは大切ですよね(^^)

 

スポンサーリンク

2.窓の脱走防止対策

窓も猫にとっては格好の脱走スポットになります。

特に一軒家にお住いの方や、1・2階の賃貸アパートやマンションに住んでいる方も気を付ける必要があります
中にはちょっと空気の入れ替えとして窓を開けたら、猫が逃げてしまったなんて経験がある方も多いのではないでしょうか?

またお風呂場の窓など普段あまり気にしない点も、意外と見過ごしがちなポイントです。
玄関やベランダは気を付ける方が多いと思いますが、窓はそれほど気にしない場所にもあるため気をつけましょう。

そんな窓の脱走防止対策は以下の3つが挙げられます。
1つずつ詳しく見ていきましょう。

  1. 補助錠
  2. ペット用網戸
  3. 窓柵

2-1.補助錠

ノムラテック ウインドロックZERO 3個入り

補助錠とは画像のような、窓の開け幅を調整できる道具です。
実際の使い方がいまいち想像出来ないという方は、こちらの動画を参考にしてみてください。

補助錠を使うことで、「窓を開けすぎて猫が脱走してしまう」「猫が窓を開けてしまい外に出る」といったことがなくなります

補助錠を使用すると少ししか窓を開くことができなくなりますが、窓から逃げられたくないという方にはおすすめの方法になります。

補助錠のメリット・デメリット
メリットは以下になります。

  • 値段が安い
  • 取り付けが簡単

一方デメリットは以下になります。

  • 普段使いが手間
  • 開けすぎると意味がない

補助錠も種類によって様々ですが、取り付けがとても簡単なものから、よりしっかりしているタイプなど様々な物があります。
基本的に猫の脱走防止を考えるだけであれば、安価なものでも十分だと思われます

使う際は窓が2cmほどまでしか開かないようにしましょう。
猫は体の可動域が広く、頭さえ抜けてしまえば体もすっぽりと抜けてしまうことができるためかなり狭くする必要があります

 

2-2.ペット用網戸

ダイオ化成 ペットディフェンス

「窓からの脱走防止対策は網戸があるから大丈夫。」
こんな風に考えてる方はいらっしゃいませんか?

猫は網戸を簡単に破いてしまいますし、なにより猫は窓の開け閉めを理解してしまいます
そう考えると、「網戸があるから大丈夫」とは言えませんよね。

そこで開発されたのが「破れないペット用網戸」です。
とはいえやはり網戸が頑丈でも窓自体を開けられてしまったら意味がないため、ペット用網戸を利用する際も補助錠などとの併用が推奨されます

ペット用網戸のメリット・デメリット
メリットは以下になります。

  • 網戸が破かれて脱走されることがなくなる

デメリットは以下になります。

  • 網戸の張替がかなり手間
  • 窓をスライドされたら意味がない
  • 意外と高価

正直破れていない網戸をわざわざ張り替えるのはかなり手間に思えます。
実際に網戸の張替を紹介しているページなどもありますが、中々めんどくさそうというのが正直な意見です;つД`)
カインズ:how to 網戸の張替

ただ現在使っている網戸が猫に破られてしまって、新しい網戸を張り替える必要がある方などは考える価値もあるかもしれませんね。

 

2-3.窓柵

マルカン 猫網戸脱走防止フェンス L

窓からの脱走防止対策を考える際は、窓用の柵を作るのも一つの方法になります。
窓柵は一度取り付けてしまえば、窓を心置きなく開けることができるのが利点になります。

「補助錠のように、窓を少ししか開けられないのは嫌だ!」という方にはうってつけの脱走防止対策になります。

使用イメージは以下になります。

窓柵のメリット・デメリット
メリットは以下になります。

  • 一度取り付ければ窓を自由に開けることができる
  • 比較的取り付けが楽

デメリットは以下になります。

  • 景観が悪くなる

窓柵を設置することで、部屋の景観は少し悪くなります。
ただ一度取り付けてしまえばその後は安心して窓の開け閉めができるため、窓用の脱走防止対策としては優れています。

 

3.ベランダの脱走防止対策

MARSOL ベランダネット

最後にご紹介するのはベランダ(ウッドデッキ)の脱走防止対策です。

ベランダは玄関と同じくらい猫が脱走しやすいポイントになります。
猫が日向ぼっこや外気に触れることは、健康上でも大切なことですが脱走は出来ないようにしたいところですね。

また3階以上の高階層マンションなどに暮らしている方は、脱走の危険というよりかは猫の転落防止に気をつける必要があります。

そんなベランダの脱走防止方法は基本的に「網カーテン」のみになります。
網カーテンとは画像のように、ベランダの手すりに登れないようにしてしまうカーテンです。

完成イメージは以下になります。

手すりの内側に網が張られているのがわかるでしょうか?
これを設置するのは多少大変ですが、一度できてしまえばベランダからの脱走防止にとても役立ちます。

飼っている猫がベランダの手すりに登るのが大好きという場合は、是非試してみてください
実際に作りたいという方は作り方を説明している動画があるため、そちらを参考にしてみてください。

 

まとめ

猫が脱走してしまうと、愛猫への申し訳なさから本当に後悔し悲しい気持ちになってしまいます。
多くの場合、猫の脱走はちょっとした意識と防止対策で防げるものです。

脱走してから後悔するのは遅いです。
猫が脱走する前に必ず脱走防止対策をするようにしましょう。

スポンサーリンク