子猫におすすめのおもちゃ5選!ひとり遊びができるおもちゃも

子猫はなんにでも興味を示すため、見ていてとても可愛いものですよね。
そんな子猫と遊ぶときに、皆さんはどんなおもちゃを使っていますか?

今回は子猫を飼い始めたけど、どんなおもちゃが喜ばれるか分からないという方に向けて、子猫におすすめのおもちゃを5つ紹介していきます!
子猫ではなく成猫を飼っているという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

【猫のおもちゃ】成猫の心を鷲掴みにする人気おもちゃ5選!

2017.04.24

 

スポンサーリンク



どんなおもちゃが子猫におすすめなの?

子猫は基本的にどんなおもちゃでも遊ぶのが大好きです。
まだまだ経験がないため、どんなものでも興味を示してくれるのです。

そしたら何でも良いじゃんとなってしまいそうですが、「子猫用のおもちゃは数が多すぎて何を選んでいいか分からない。」となりませんか?
子猫用おもちゃは代表的な猫じゃらしに始まって、ライト、トンネル、ネズミのぬいぐるみなど種類も様々です。
そこで今回は数あるおもちゃの中から、子猫が喜ぶおもちゃ5つを紹介していきます!

選考基準として最優先なのが、「誤飲の危険性が少ないもの」「安全に使えるもの」です。
子猫はまだ経験も浅いため、成猫に比べて安全面はより配慮する必要があるからです。
例えば、子猫はひもを追いかけるのも好きですが、多くの子猫が噛み癖を持っている段階では、誤飲してしまう可能性もあります。

そういった危険性が低く、かつ「狩りを模した動きができるもの」もしくは「頭を使ったり、たくさん噛んだりじゃれることができるもの」だと良いでしょう。
それでは子猫におすすめのおもちゃを紹介していきます!

手を遊び道具にしないで!
手で撫でているだけなら良いのですが、手を獲物のようにして遊んでいると、猫は手を攻撃していいものとして認識するようになってしまいます。
狩り遊びをする際は手を使うのではなく、釣竿じゃらしなどを使うようにしましょう。

 

子猫におすすめのおもちゃ5選!

子猫と遊ぶのにおすすめのおもちゃは以下の5つです!

  1. 釣竿じゃらし
  2. 蹴りぐるみ
  3. ミニキャットランド
  4. 音の鳴るボール
  5. エッグササイザー(エサ入れボール)

早速1つずつ見ていきましょう!

1.釣竿じゃらし

キャティーマン (CattyMan) じゃれ猫 猫のお好みじゃらし

まずは子猫・成猫問わず、大人気の釣竿じゃらしです。
釣竿じゃらしは飼い主さんが軽く動かすことで、実際の獲物に近い動きを再現してあげることができ、ほとんどの子はかなり興味を持って追いかけてきます(笑)

遊ぶ際のコツとしては、獲物になりきった動きをしてあげることです。
例えば、ネズミの動きを考えて、物陰から物陰に素早く移動させる。
鳥のようにふわふわと空中を動かしたり、あるいは虫のように、そわそわと動かせるなんてこともできます。

このように本物の獲物に似た動きを再現してあげることで、子猫も本気になって追い掛け回してくるでしょう
とはいえ成猫と比べて子猫はほとんどのおもちゃに興味を示すため、釣竿じゃらしもそれほど真剣に動かさずとも、追いかけてきてくれるでしょう(^^)

しっかりと体を動かしてあげることもできるため、最もおすすめな子猫用のおもちゃです。
とりあえずおもちゃを一つだけ買うというのであれば、迷わず釣竿じゃらしを購入することをおすすめします!

 

2.蹴りぐるみ

ペティオ (Petio) けりぐるみ エビ

蹴りぐるみも子猫にとって、おすすめのおもちゃの一つです。
ぬいぐるみとの違いとして、蹴りぐるみはより縦長になっており、猫がよく行う後ろ足キックがしやすい形になっています

子猫・成猫問わず、猫は遊んでいる際に興奮してくると、この後ろ足キックをよく行います。
また生後3~7カ月は子猫の歯が生え変わる時期でもあるため、歯がむず痒く、噛み癖を持っている子が多いです。
そんな時に蹴りぐるみがあれば、子猫が満足するまでキックや噛み噛みをすることができるでしょう

 

スポンサーリンク

3.ミニキャットランド

アイリスオーヤマ ミニキャットランド

本当に不思議なもので、子猫は紐にちょっとしたぬいぐるみがぶら下がっているだけでも興味を示すものです。
ミニキャットランドは成猫には効果が薄いと思いますが、子猫が一人で留守番してるときなどは良い暇つぶしになるでしょう

またミニキャットランドの利点はもう一点あります。
子猫はまだジャンプなどをそれほど得意としていないため、階段などの昇り降りを練習する必要があります。
ミニキャットランドの上下差はそれほど大きくないため、上下運動の練習にはもってこいなのです!

 

4.音の鳴るボール

【Lucky Style】 猫 遊び おもちゃ ボール 鈴 入り

子猫は成猫に比べて、好奇心旺盛な子がほとんどです。
中には常に飼い主さんの関心を自分に集めようとする子もいるものです。

何を隠そう、我が家の猫もまだまだ遊びたい盛りなのですが、起きている時間はほとんど私に「遊び・抱っこ・近くでの見守り」を要求してきます(^^;)
懐いてもらっているという点では、本当に嬉しいのですが、一方でたまに完全に1人になりたいと思うことがあるのも事実です。

そんな時に役立つのが「音の鳴るボール」などのおもちゃです。
最初に飼い主さんがボールを回して興味を惹かせてしまえば、子猫の多くは興味を持って遊んでくれることでしょう

もしこのキット自体ではそれほど興味がわかないようなら、取り外して音の鳴るボールだけで遊ばせてみても良いかもしれませんね
これならば、飼い主さんが家にいない時でも猫は遊べますし、家にいる時でも猫ちゃんに邪魔されず、読書や仕事をすることもできるでしょう。

 

5.エッグササイザー(エサ入れボール)

ペットセーフ ファンキティー エッグササイザー

エッグササイザーはボールの中に、エサを入れることができ、遊んでいると中から餌が出てくるというタイプのおもちゃです。
「どうしたら食べ物が出てくるのか?」ということを頭を使って遊ぶことができるため、子猫にもってこいのおもちゃです。

また、このおもちゃを使えば、餌が少しずつしか出てこないため、早食いの心配もありません。
ただ使用する際は、必ずこまめに内部を洗うようにしましょう

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
子猫は興味をなんにでも持つため、逆に何を使っていいか選びにくい部分がありますよね。
今回紹介したおもちゃで遊んでいただけると、幸いです。

子猫ではなく成猫を飼っているという方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

【猫のおもちゃ】成猫の心を鷲掴みにする人気おもちゃ5選!

2017.04.24

また子猫・成猫問わず、猫ちゃんが好きな遊び方などを知りたいという方は、こちらの記事を確認してみてください。

猫が10分喜ぶ6つの遊び方!上手く遊ぶためのコツも紹介!

2017.04.20

子猫の育て方に関しては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

子猫の育て方まとめ!生後1カ月半~1年目までの飼い方!

2017.07.23

スポンサーリンク