大型猫におすすめのトイレ6選!一番おすすめは超大型のメガトレー!

大型猫を飼ってると、身体に見合う大きなトイレがないことに悩みませんか?
ペットショップやホームセンターでも、ほとんどが中くらいの大きさのトイレですよね。

トイレが大きくないと、猫もストレスなどから、より快適な場所でおしっこをすることもあります。 
それが結果としては、粗相につながることもあるのです。
そこで今回は、大きな猫でも快適に使えるトイレを紹介していきます!

大型猫一覧!

  • メインクーン
  • ノルウェージャンフォレストキャット
  • サイベリアン
  • ラグドール
  • ラガマフィン
  • その他、デブ猫ちゃん達など

 

スポンサーリンク



大型猫におすすめのトイレ6選!

コロル ネコトイレ F60

「コロル ネコトイレ F60」の特徴一覧:

コロルF60はシンプルイズベストを体現化したような猫トイレです。
コロルの猫トイレは様々なサイズのものがありますが、F60タイプが最も大きいサイズになります。

他の大型猫トイレと比べて比較的価格が安く、かつシンプルで使いやすいのが嬉しいポイントです。
ただ、他のトイレのように砂を落とす部分がないため、トイレの周りには一緒にマットを置くことをおすすめします。

参考価格:2,700円
サイズ:44(縦)×60(横)×21(高さ)cm

 

コロル ネコトイレ F60フード付き

「コロル ネコトイレ F60フード付き」の特徴一覧:

フードつきのコロルネコトイレです。
横に長いトイレとなっているのが、このトイレの特徴です。

縦に長いトイレだと、トイレをした後の砂を掻き出す時、砂が外に出てきてしまいやすいです。
ただ、このトイレは横に長いので、理論上は別の方向に砂を掻くことになります。

もちろん多少は出てくるでしょうが、他のトイレよりは出てきにくいと言えるでしょう。
また、蓋部分には、専用の脱臭剤を入れるスペースがあります。

参考価格:2,700円
サイズ:45(縦)×60(横)×48(高さ)

 

リッターボックス

「リッターボックス」の特徴一覧:

リッターボックスはフルカバ―型の大型猫トイレです。
大型のフルカバ―トイレはいくつかありますが、リッターボックスのように、手前部分の上蓋のみ稼働するのは珍しく、掃除がしやすいのが嬉しい点です。

参考価格:3,560円
サイズ:サイズ:58(縦)×44.5(横)×43.5(高さ)

 

メガコンフィ

「メガコンフィ」の特徴一覧:

大型猫用のフルカバ―トイレです。
フルカバ―タイプなので、部屋への臭い漏れが防げるのが嬉しいポイントです。
また、カバー付きということで、砂が外に出てきにくいのもメリットです。

ただ、こういったカバー付きトイレは毎日の掃除をするのが手間になるというデメリットがあるので、気をつけましょう。
一つ前に紹介したリッターボックスと比べると、よりデザイン面で優れていると言えます。

参考価格:11,000円
サイズ:58(縦)×44(横)×37(高さ)

 

アリストトレー JUMBO

「アリストトレー JUMBO」の特徴一覧:

ハーフカバー型の大型猫トイレです。
他の大型トイレと比べると、底がそれほど高くない点が主な違いになります。

高低差がそれほどないことで、老猫やマンチカンなどの脚の短い猫でも使いやすい設計となっています。
また、カラーが多数あるため、シンプルながらデザイン性にも優れています。

参考価格:3,120円
サイズ:57(縦)×43.5(横)×16(高さ)

 

メガトレー(管理人一押し!)

「メガトレー」の特徴一覧:

ハーフカバー付きの大型トイレです。
現在管理人も使用している猫用トイレで、他の大型トイレよりも一回り大きいため、本当に大きい猫用トイレが欲しい方におすすめの一品です。

底もかなり深いため、たくさん砂が入るので何度か連続で使ったとしても、不快にはならないでしょう。
また、カバー部分が内側に曲がっているため、他のハーフカバートイレと比べても、砂が出てきにくいです。

参考価格:5,200円
サイズ:65(縦)×48(横)×28.5(高さ)

 

メガトレーを実際使ってみての感想

▲メガトレー使用中の6kgあるラグドール

ここから先はメガトレーを実際に使った感想です。
結果から言うと、大きいトイレを探している場合「本当におすすめ」です!

砂もかなり入るため、仕事で留守番が多く、こまめに掃除ができない人にも向いているかもしれません。
たっぷりと砂を入れておけば、1日程度であればしっかりと綺麗な状態でトイレを使えます。

メガトレーに変えて粗相がなくなった!?

▲管理人宅で併用しているシステムトイレとメガトレートイレ
メガトレーの方が一回り大きいのが、画像からでも分かります。
画像ではあまり分かりませんが、奥行もゆったりしているため、明らかに大きく感じます。

6kgほどある管理人宅の猫が入っても、ゆったりとした間隔を持ってトイレを使っています

元々通常の大きさのシステムトイレを使っていましたが、トイレへの不満からか粗相をするようになったので、このメガトレーに変えてみました。(現在は併用中)
やはりトイレへの不満があったようで、メガトレーに変えて以来、今のところ粗相は一度もしていません

★多頭飼いにもおすすめ?

もちろん大型猫用だけではなく、多頭飼いをしているお家にもメガトレーはおすすめです。
たっぷりと砂を入れておけば、何回分かは綺麗な状態でトイレを使うことができるからです。

★ハーフカバータイプであるため、砂は飛び散る

底が深いのと、内側に曲がった形状をしているため、他のハーフカバートイレに比べると砂は飛び散りにくいです。
ただ、猫がトイレから出てくる際には、多少なり砂は出てきてしまうので、トイレ周りはこまめな掃除が必要になります。

★砂の片づけが楽になる専用ライナーがある

メガトレーには砂を入れる前に、専用のライナー(シーツのようなもの)をつけておけば、砂の片づけが楽になります。
ライナーは不織布で作られているため、かなり破れにくいので、安心して使うことができます。

大型猫用のトイレはいくつかありますが、お部屋のスペースに余裕があるのであれば、メガトレーが圧倒的におすすめです!

実際に粗相を治した対処法に関してはこちらにまとめています。

猫の布団へのおしっこに悩む方必見!実際に粗相を治した対策

2018.04.19

スポンサーリンク