【換毛期】猫の毛の生え変わりの時期はいつなのか?

猫の毛が多く生え変わる時期を知っていますか?
それは換毛期と言って、毎年春と秋に訪れます。

なぜこの換毛期に毛が多く生え変わるのでしょうか?
その理由と換毛期にすべきことを紹介していきます!

 

スポンサーリンク



猫と換毛期

猫は春と秋の2つの時期に換毛期を迎えます
換毛期とはこれから来る季節の気温に適した毛の量に調整するため、抜け毛が多くなる時期です。

つまり春の場合、これから夏が来るため涼しい格好になります。
一方秋の場合、これから冬が来るため暖かい格好になるのです。

月にすると換毛期は3~5月、9~11月頃になります。

 

室内飼いと外飼いの猫の換毛期

換毛期は基本的にどの猫にも訪れますが、室内飼いを徹底している家の猫にはあまり極端には起きません
換毛期の基本的な仕組みとして、猫が日に当たる時間が長くなることで、これから夏が来ることがわかります。
逆に少なくなると、これから冬が来ることが分かります。

室内飼いの猫の場合、常に安定して人工的な明かりを浴びているため、1年中毛が抜ける現象がみられるのです。
また換毛期にしか毛が抜けないということは、野良猫であっても存在しません。

 

換毛期はブラッシングやシャンプーが大切

換毛期は普段より毛が抜けやすくなります。
これから来る季節に備えたものなので、ブラッシングやシャンプーをして抜け毛を取り除いてあげることが大切です。

ブラッシングは換毛期は長毛種、短毛種共に毎日行いましょう。
またシャンプーは長毛種は年に2,3回しましょう、短毛種はほとんど必要ありません。
強いて言うなら、臭いが気になった時などにシャンプーをしましょう。

ブラッシングとシャンプーに関して、詳しくはこちらから確認できます。

毎日やっても嫌がらない?猫が喜ぶブラッシングのやり方!

2016.08.06

簡単な猫の洗い方!シャワーとシャンプーで全身キレイに!

2016.08.05

 

スポンサーリンク

気候に合わせた被毛と猫種

猫の毛は1種類だけでなく、目的に合わせて4種類が生えています。

  • 主毛-被毛の色を決める毛
  • 剛毛-先のとがった副毛
  • 柔毛-柔らかく、ウェーブのかかった副毛
  • タイロトリクス-単独で生える感覚毛

猫は進化の過程で、暑さや寒さに対する優れた防御機能を身に着けてきました。
例えば北方に住む「ノルウェージャンフォレストキャット」、「メインクーン」、「ブリティッシュショートヘア」などは断熱効果の高い柔毛が密生して生えています。

寒い時には毛を逆立てて、空気の層を閉じ込めます。
空気の壁を作って、外の寒い空気を通さないようにするのです。

逆に暑い気候に適応した猫は、効果的に熱を発散させます。
例えば「シャム」には柔毛がありません。
シャムは元々タイ王国で生まれた猫種です。

タイはご存知の通りとても暖かい気候の国であるため、
断熱効果のある柔毛が必要なく、抜けてしまったのです。
それでも暑い場合は、主毛も抜け落ちることがあります。

 

まとめ

猫は春と秋にこれからの季節に備えて換毛期と呼ばれるシーズンを過ごします。
換毛期は毛が集中して生え変わる時期になるため、普段よりもブラッシングやシャンプーをする必要があります

ブラッシングは換毛期は長毛種、短毛種共に毎日行いましょう。
またシャンプーは長毛種は年に2,3回しましょう、短毛種はほとんど必要ありません。

photo credit: Stanley via photopin (license)

スポンサーリンク