猫の肉球周りの毛の切り方!カットにおすすめなのはバリカン?ハサミ?

長毛種の猫だと、肉球周りの毛も良く伸びますよね。
少しならまだしも、かなりふさふさになってしまうと、歩いたり走ったりする際にツルッと滑ってしまうものです。
そこで今回は猫の肉球周りの毛がなぜあるのか、また毛を切る場合の方法などを紹介していきます。

 

スポンサーリンク



どうして肉球間の毛も伸びるの?

どうして長毛種の猫は、肉球周りも毛がよく伸びるのでしょうか?
実は足裏の毛は冷たい地面などに地肌(肉球)が直接触れて、凍傷になるのをガードする役割があると言われています。

メインクーン」や「ノルウェージャンフォレストキャット」に代表される長毛猫の多くは、厳しい寒さの中を過ごしてきた猫たちです。

彼らはそうした過酷な環境を生きぬくために、寒さから身を守る長い毛が必要だったのです。
そして猫の素肌でもある足裏(肉球)も同様に雪で凍傷にならないために、毛で保護する必要があったのです。

逆に温かい国で育った「シンガプーラ」のような猫は長毛だと暑さに耐えきれないため、薄いシングルコートになりました。
このようにそれぞれの環境に適応していく中で、短毛種と長毛種に分かれ、長毛種は肉球間の毛も伸びるようになったのです。

 

肉球周りの毛は切った方が良いの?

あまりにも肉球周りの毛が伸びすぎていて、歩いたり走ったりしている際に滑っているようなら、軽くカットした方が良いでしょう
元々肉球は滑り止めやクッションなどの役割を持っていますが、毛がかかって滑ってしまうのではあまり意味がありませんよね。

特にフローリングのお家などでは、滑ってしまいやすいです。
猫が走り回ったりする際に滑ってしまうと、腰を悪くしてしまいやすいです
他にも高いところからの着地で、滑ってしまったらかなり危険ですよね。

管理人の飼っているわたげ(ラグドール)も、長毛種であるためかなり毛が伸びます。
実際遊んでいる時に滑っているようなので、軽くカットするようにしています。

▲これだけ毛が伸びてると、肉球に毛がかかって滑ってしまいます。

▲カット後。これで走り回っても滑ったりしません!

逆に言えば、毛が肉球にかかっていても、滑っていなかったり、カーペットを敷いているお家であれば、無理して切る必要はないと思います
あくまで滑ってしまうような状態・環境の場合のみ軽く切るようにしましょう。

【毛は邪魔?】猫の肉きゅう、知られざる5つの役割とは!?

2016.07.19

 

スポンサーリンク

肉球周りの毛の切り方

肉球周りの毛の切り方と言っても、簡単なものです。
誤って肉球を切ってしまわないように、足をしっかりと押さえて、ハサミやバリカンで少しずつ切っていくだけです。

肉球周りの毛を切る際は、全てをきれいに切る必要はないです。
あくまで肉球が隠れないように、軽く毛をカットしてあげれば大丈夫です。

猫にとって毛が全くないのはストレス?
猫にとって毛づくろいはストレス解消の意味も持っています。
そのため肉球周りの毛をきれいに全てカットしてしまうと、足裏の毛づくろいができなくなってしまい、ストレスが溜まってしまうかもしれません。
そのためカットする際は、軽くにしておきましょう。

1分でできる猫のストレスチェックと5つのストレス解消法

2016.08.21

実際にどんな感じに切ればいいか分からないという方は、こちらの動画を参考にしてみてください。

▲この子はかなり大人しいため、かなり切りやすそうです(^^)

できたらお尻周りも?
長毛猫はお尻周りの毛があまりに伸びすぎていると、トイレに行った後ウンチがくっついてしまってることがあります。
そういったことにならないためにも、伸びすぎていたら、お尻周りの毛も切れると良いでしょう。

 

猫が暴れてしまってうまく切れない場合は?

猫が暴れてしまってうまく切れないという場合には、2つのおすすめの方法があります。

  • 寝ている(うとうとしている)時に切る
  • 洗濯ネットに入れた状態で切る

寝ている(うとうとしている)時に切る

▲ゆっくり休んでいる時が切りやすい?

猫が興奮している時は切りにくいため、うとうとしていたり、ゆっくり寝ている時に足を拝借して切ってあげるとやりやすいです。

 

洗濯ネットに入れた状態で切る

それでも暴れてしまうという場合は、洗濯ネットに猫を入れることをおすすめします。
洗濯ネットは体を覆うため、猫としては包まれることで安心し、おとなしくなります
その状態で、ネットの網目から毛だけを出して切っていくのです。

またどうしても難しい場合は、無理して切る必要はないでしょう
怪我をさせてしまっては元も子もないですからね

 

肉球周りの毛を切るのにおすすめな道具

管理人は家ではハサミで猫の肉球の毛を切ってますし、ペットショップではバリカンで足裏の毛をカットしています。
このように肉球周りの毛を切る道具はどちらでもいいのですが、個人的にはハサミよりバリカンの方が安全だと思います
バリカンであればよっぽどのことがない限り、猫に怪我をさせることがないからです。

おおまかにそれぞれの特徴を紹介していきます。

  • ペット用ハサミ
  • 部分カット用バリカン

ペット用ハサミ

ドギーマン ナチュラルスタイル ステンレスカットバサミ

ペット用ハサミは肉球周りの毛だけでなく、他の部分を切る際にも役立つため、1つは持っていても損はしないでしょう。
ただ肉球間の毛をカットする際は、肉球を傷つけないように意識して行う必要があります

 

部分カット用バリカン

ペティオ プレシャンテ 部分カットバリカン 乾電池式

部分カット用バリカンがあると、足裏はかなり楽にカットできます
あまり深くまで刈り取ろうとしない限り、肉球を傷つけてしまうこともないでしょう

また肉球の毛だけでなく、お尻周りにウンチが付いて固まってしまった場合なども、根元近くから刈り取ることができるので簡単にきれいにできます。

上で紹介しているのは、管理人が勤めているペットショップで使われているバリカンです。
部分カット用なので小型で持ちやすく、簡単に毛を処理できるため、かなりおすすめです!
※長さ調節などをしたい場合は、トリミングバリカンを購入されることをおすすめします。

 

まとめ

足裏の毛は普段はあまり意識しないと見ることがないかもしれません。
ただあまりに伸びすぎていると、高いところからの着地や走っている際に滑ってしまうことがあります。
滑らない程度にカットしてあげられると良いでしょう。

スポンサーリンク