ペット保険は2種類ある?「少額短期保険」と「損害保険」の違いは?

ペット保険には、損害保険と少額短期保険の2種類があります。
今回はそんな2つの保険で種類が違うと何が変わるのか?を紹介していきます。

 

スポンサーリンク



少額短期保険の歴史と特徴

損害保険は車の保険などでもあるので、聞いたことがある方も多いと思います。
一方、少額短期保険ってご存知でしたか?

恐らく知らない方も多いと思いますので、まずは簡単に少額短期保険の歴史や特徴を紹介していこうと思います。

【少額短期保険ができるまで】始まりはペット医療共済

元々ペット保険は今のように、「損害保険」「少額短期保険」という形式で別れてはいませんでした。
最初は「ペット医療共済」という形式でスタートしたのです。

ただペット医療共済は、しっかりとした運営ルールなどがなかったため、案の定トラブルが続発しました。
そして「これはまずい」と思った政府が、規制を強化。

この結果、2006年4月からできたのが「少額短期保険」です。
こうしてみると、少額短期保険ができたのもつい10年前ほどのことなんです。

 

少額短期保険の特徴

少額短期保険は「ミニ保険」とも呼ばれる保険で、取り扱う金額が少額(1000万円以下)で、取扱い期間も短い(1年~2年)のが主な特徴です。

ペット保険は、人間の生命保険などと違って、取り扱う金額がそれほど大きくならないため、少額短期保険が参入しやすい分野の一つとなっています。

このように、保険会社と比べて、よりニッチで規模の小さい市場に少額短期保険はよく参入しています。(例:家財保険など、中には旅行会社やゴルフ場が加入する「お天気保険」なんてものもありました)

続いて損害保険との違いを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

少額短期保険と損害保険の違いは?

それぞれ以下のような違いがあります。

  少額短期保険 損害保険
登録先 財務局 金融庁
最低資本金 1,000万円 10億円
年間収受
保険料制限
制限なし 50億以下
契約者保護
制度
なし(※) あり
保険料控除
制度
対象外 対象
代表的な
ペット保険会社
PS保険
ペッツベスト
日本ペットプラス
あんしんペット
FPC
アニコム損保
アイペット損保
アクサダイレクト
au損保

※保証金の供託制度あり

一覧にすると、違いはこんな感じになります。
簡単に解説していくと、大きな違いとしては以下の3点になります。

  • 登録先の違い
  • 会社の規模
  • 経営破綻時の契約者保護

【登録先の違い・会社の規模】
少額短期保険の登録先は財務局で、損害保険や生命保険などは金融庁からの免許制度になっています。
この点は登録先・認可先こそ違えど、どちらも厳しい条件をクリアしていないと、事業を行うことができません。

また会社規模の違いも一つの特徴です。
少額短期は最低資本金が1000万円以下から開業できるのに対して、損害保険は会社資本が最低10億円以上必要になるため、ある程度の事業規模の大きさが必要になってきます。

【経営破綻時の契約者保護】
万が一保険会社が潰れてしまった場合に、その時点で契約を結んでいる人への保証制度についてです。

少額短期保険は表では「なし」と記載していますが、厳密には「保証金の供託制度」というものがあります
最低資本金とは別に、法務局へ一定以上の供託金(前年の正味収入保険料×5%+1000万円)を預ける必要があるのです。
破綻した場合は、この供託金から保証がされる仕組みになっています

一方損害保険は、契約者保護機構が他社への保険の引継ぎを行います。

 

どっちの方がおすすめなの?

呼び名や形態が若干違うだけで、どっちがおすすめなどは特にありません
中には少額短期保険という名前に不安を覚える方もいらっしゃるかと思いますが、それほど気にする必要はないでしょう。

ただペット保険に関して言えば、「保険料」という点に絞ってみると、少額短期保険の方が安い傾向にあります
損害保険と比べて、運営コストが安く済むことから、保険料も抑えられているようです。

これからペット保険に加入する場合、損害保険だけを調べるのではなく、少額短期保険も含めて見ていった方が選択の幅は広がるでしょう。
ことペット保険に絞ると、少額短期保険の方が保険料が安い割に、補償内容が良いものも多いです

 

まとめ

ここまで少額短期保険と損害保険の違いを紹介してきました。
簡単にここまでをまとめると、以下のようになります。

  • 少額短期保険と損害保険でそれほど大きな違いはない
  • 少額短期保険の方が、ペット保険の保険料が安い傾向にある
  • プラン自体にそれほど違いはない

当サイトはペット保険を様々な角度から分析・比較して、その中でも良い保険を厳選して紹介しています。
もし加入を検討されているようであれば、是非参考にしてみてください

スポンサーリンク