猫にペット保険は必要?不要?メリットとデメリットを紹介!

皆さんはペット保険に入っていますか?
飼っている猫が風邪を引いてしまったり、万が一のことがあった場合に大きく役立つ保険です。
今回はそんなペット保険がどうして必要と言われているか、もしくは不要と言われているのかを詳しく紹介していきます。

 

スポンサーリンク



ペット保険は必要?【ペット保険のメリット】 

結論から言うと、個人的には「ペット保険はお金にとても余裕のある場合以外は、加入しておいた方が良い」と考えています
管理人がそう考えるのは以下のポイントからです。

  • 猫の高い治療費を補える
  • ペット保険に加入していることで、猫の病気の早期発見につながる
  • 自分の猫に合ったプランが選べる
  • 猫に手厚い治療を受けさせてあげられる

ひとつずつ見ていきましょう。

猫の高い治療費を補える

動物病院にかかったことがある方はご存知だと思いますが、猫の治療費はとても高いです。
手術代はもちろんのこと、入院代・通院代もかなりの額になります

下は実際に保険会社へ請求があった一例です。

引用元:PS保険

この一例を見るだけでも、動物病院の治療費がどれほど高いのかということは理解できるのではないでしょうか?
こうした突然の大きな出費が必要になっても、ペット保険に加入していれば、そのうちの何割かを補助してもらえるのです

日頃から貯金がたくさんある方はともかく、あまり大きな出費ができる状況にない方には、魅力的なサービスと言えるのではないでしょうか

動物病院の治療費はペット保険を前提にしている?
最近の動物病院の手術などの料金設定は、ペット保険加入を前提に考えられています。
当然、手術代や入院費はかなりの額にいくのです。
ただ動物病院側としても、高くかかるものを高い値段で請求しているだけなので、致し方ないことと言えるかもしれません。

 

ペット保険に加入していることで、猫の病気の早期発見につながる

個人的には金銭面もペット保険にはメリットを感じますが、心理的な安心感をもたらしてくれる点が大きいと思います。
どういうことかというと、ペット保険に入っていれば、猫がちょっとした体調不良を見せても、積極的に獣医さんの元に連れていけると思うのです。

例えばもし猫が連続で嘔吐している場合、ペット保険に入っていれば、治療費のことよりも「早く病院に連れて行かないと。」となるでしょう。
お金の心配はペット保険に入っていることで、それほど大きくならないと思います。

一方ペット保険に入っていない場合、同じような状況になったら「2,3日様子を見てみよう。」となりませんか?
その2,3日が原因で、状況が大きく悪化してしまうこともあり得るのです。

このように早く病院に連れていけるようになるのも、ペット保険のメリットの一つと言えます。

 

自分の猫に合ったプランが選べる

当然の話ですが、ペット保険は提供している会社によって保障内容が異なります
例えばペット保険のFPCは保障割合が50%ですが、ペッツベストでは保障割合が80%です。

より分かりやすく言うと、病院で診療費が1万円かかった場合、FPCでは5000円が手元に返ってきます。
一方ペッツベストでは8000円が手元に返ってきます。

じゃあペッツベストが良いのかと言うと、一概にそうとは言えません。
保障割合が大きくても、ほかのポイントで見るとFPC保険の方が優れている点もあるからです。

このようにペット保険と一口に言っても、様々な違いがあります
分かりにくいと思うかもしれませんが、自分に合った会社・プランが選べるという点では、ひとつのメリットと言えるでしょう

 

猫に手厚い治療を受けさせてあげられる

猫が何か重い病気になってしまったとします。
その際「手術が30万かかりますが、恐らく治療をすれば治ります。」となった場合に、すぐに手術を受けさせてあげることは出来ますか?

こんな場合にペット保険に加入していれば、お金の問題をそれほど考えず、手厚い治療を受けさせてあげられる可能性が高くなるのです

 

スポンサーリンク

ペット保険は不要?【ペット保険のデメリット】

続いてペット保険のあまり良くないと思われるポイントを紹介していきます。

  • ペット保険は掛け捨て
  • 請求がめんどくさいことも
  • 保障内容が不十分と感じることも

ひとつずつ見ていきましょう。

ペット保険は掛け捨て

ペット保険は掛け捨ての保険です。
貯蓄タイプの保険とは違うので、使う機会がないとお金を払うだけで終わってしまうというものなのですね。

一つのデータを紹介します。
ペット総研が2014年に行った、ペット保険に対する意識調査です。
引用元:ペット総研【ペット保険について】

この調査ではペット保険に対して、「具体的に検討中」「いつかは加入したい」と答えた方が、51.6%にも上ります
ただ、今現在の日本のペット所有者のペット保険加入率は5%程度です。

なぜこれほどまでに開いているか、最も多くの方が懸念点として挙げているのが「保険料(掛け金)」です。
確かに払うだけ払って使わなかったら、無駄にお金を払っている気がしますよね。

ただ飼っている猫が急に手術が必要になったときに、場合によっては何十万という請求がでてきます。
そんな時に即座にお金を出せる方というのは、それほど多くないのではないでしょうか?

ペット保険先進国スウェーデン
スウェーデンは世界で初めてペット保険ができた国としても知られており、そんな動物愛護大国では犬と猫の所有者のおよそ50%がペット保険に加入しています。
他イギリスでは25%、アメリカでは5%ほどです。
引用:telegraph

 

請求がめんどくさいことも

ペット保険は会社によって、保険金の請求方法が異なります。
ペット保険加入率NO.1、NO.2のアニコム損保とアイペット損保は専用の保険証が届き、対応している病院であれば、窓口で割引が適用になります

▲画像はアニコム損保のどうぶつ健康保険証
人間でいうところの国民健康保険証と同じようなものですね。

ただ他の会社のほとんどは、病院の明細などの資料を用意したりして、郵送で保険会社まで送る必要があります
管理人は現在FPC保険に入っていて、都度明細を郵送していますが、正直この請求方法はかなりめんどくさいです。

手間にならないのが好みであれば、アニコム損保とアイペット損保がおすすめです。 

 

保障内容が不十分に感じることも

ペット保険に様々なプランがあることは先ほど記載しました。
ここで問題になるのが、万が一保険に入っていたとしても、保険の適用にならない病気などもあるということです。

例としては、先天性疾患や既往症などが挙げられます。
生まれつき持っている病気や、保険加入前から持っていた病気に関しては、ほとんどの会社が保険適用外になるのです。
これはほんの一例で、他にも様々な条件があります。

保険に加入していたとしても、必ずしも満足がいくように、お金が戻ってくるとは限らないのですね。
この点を予防するには、加入を考えている保険会社の条件をよく吟味する必要があるでしょう。

 

貯金とペット保険はどっちがお得?

ペット保険に入らない方の意見の一部として、「猫用の貯金をしている」という意見があります。
つまり万が一に備えての貯金派と、ペット保険加入派があるということですね。

実際ペット保険に加入するのと、貯金をするのはどちらが良いのでしょうか?
これは一概にどちらが良いとは言えないです。

ペット保険は加入していて使う機会があれば、お得です。
一方使う機会がないと、掛け捨ての為、損している気分になるかもしれません。

貯金派は飼っている猫が、ちょくちょく病院に通うことになったりしたらかなり大変でしょう。
手術などになっても、急遽大きなお金が必要になります。
一方使う機会がそれほどなければ、溜めたお金で十分にやりくりしていけるかもしれません。

ただ管理人が思うのが、「ペット保険派の方が傷跡が浅いのではないか?」ということです。

確かにペット保険に加入していて使う機会がなければ、お金は戻ってきません。
ペットの安心という点では良いかもしれませんが、じゃあ入らなくても良かったんじゃない?と若干損した気分になるかもしれません。

ただ貯金派の方はそもそも、本当に必要な時にお金を出せるのでしょうか?
正直な話、私個人はまったく貯金などが苦手な人間で、恐らく計画的にそういったことはできないです。
であるならば、毎月1500円ほどのペット保険に加入することで、大きな安心を得られるというのは、それほど高い出費ではないのではないかと思うのです

管理人は飼っている猫が大好きです。
わたげにも何かあった場合に、しっかりとした治療を施してあげたいと思っています
だからこそ、万が一の事態に備えて、ペット保険に加入しているのです。

 

ペット保険の募集人として思うこと

管理人は現在ペットショップにも勤めています。
職業柄、アニコム損保の募集人の資格を持っています。(※保険は種類を問わず、資格をもっていないと案内できません。)

そして募集人としてお客様と話している際や、同じペットショップに勤める同僚と話す中で、一つの事実に気付きました。

それは「手術や入院、精密検査などを飼っている犬・猫が体験したことがある方は、皆一様にペット保険の必要性を強く主張する」ということです。
実際以前お金のかかる経験をされた方は、新たに犬猫を迎えられる際に、ほぼ100%の確率でペット保険にご加入されます

皆さん同様に「保険は絶対に入ります。」と、口を揃えてご加入されていくのです。
やはりペットの医療には、お金が少なからずかかるということを肌で体感したからこそ、このようにペット保険の重要性に気付くのだと思われます。

手術で30万必要になったとしたら、適用可能な50%の保険に加入しているだけでも、15万円は返ってくるのです。

「使わなかったら損するから保険はいらない。」と思っていたり、「今はまだいいや。」と考えている方がいたら、是非一度ペット保険の重要性を考えてみることを強くおすすめします
中には月々の保険料が安い、手術時のみ適用のペット保険もあります。
募集人としてではなく、様々な人の声を聞く機会のある一人の猫好きとしてそう思います。

 

まとめ

ペット保険はまだまだ日本では、それほど浸透しているサービスとは言えないです。
最終的に保険に加入されるかどうかは、本人次第になります。

ただひとつの判断基準として、30万以上のお金をポンと出せる方は保険に入らなくても大丈夫だと思います
逆に「それはちょっとキツイ」というのであれば、条件をよく吟味されたうえでペット保険に加入されることを強くおすすめします

スポンサーリンク