スコティッシュフォールドの子猫の値段相場とブリーダー・ペットショップの違い

スコティッシュフォールドは日本でトップクラスの人気を誇る猫種です。
今回はそんなスコティッシュの子猫の値段相場や、購入先ごとのメリット・デメリットなどを紹介していきます。
スコティッシュが欲しいという方は是非参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク



スコティッシュフォールドの子猫の値段相場

スコティッシュフォールドは日本で最も人気のある猫種の一つです。
そのためほとんどのペットショップでは展示されており、飼育しているブリーダーも多いです。

入手自体は「簡単」です。
そんなスコティッシュフォールドの子猫の値段相場は以下になります。

購入元 値段
ペットショップ 15万~30万円
ブリーダー 10万~40万円

スコティッシュはとても人気が高く、値段の幅が広い猫種です。
とても高い値段の子も多いですが、安価で販売しているペットショップやブリーダーも多いです。
ただ極端に安い場合は、危険なので気をつけましょう

 

スコティッシュフォールドの値段違いの要因

スコティッシュフォールドの値段相場は、以下のポイントによって変わってきます。

  • 容姿(折れ耳かどうか)
  • 月齢
  • 血統
  • 性格の良さ

1つずつ詳しく見ていきましょう。

容姿(折れ耳かどうか)

スコティッシュフォールドは折れ耳かどうかで値段が変わります。
折れ耳の方が人気が高いため、ペットショップでは特に高めの値段が設定されやすいです。

ブリーダーからの購入の場合でも折れ耳の方が若干高めの値段設定になるようですが、ペットショップほど差はつきません。

折れ耳の子でも立ち耳になったりしますし、立ち耳の子が折れ耳に変わるということもあるからです。
そのため耳は関係なしに、丸っこくてよりきれいな子が値段が高くなりやすいです。

 

月齢

スコティッシュフォールドに限らず、どの純血種の猫でも月齢が若い猫の方が値段が高く設定されます
例えば生後3か月と1年の子ならば、当然前者の方が高い値段設定になります。

ペットショップなどでは特にこういった値段設定が顕著に行われます。
生後1年くらいの少し落ち着いた子猫が欲しいという方は是非注目してみてください。

 

血統

猫にとって血統と言うのはとても重要な判断要素になります。
キャットショーのチャンピオン猫から生まれた子猫はきれいになることが期待できるため、高めの値段がつきやすいです。

猫の容姿というのは、親猫にとても良く似るものです。
そのためブリーダーから購入する際は、是非親猫を見せてもらいましょう。
親猫を見ることで、欲しい子猫の成長した時の姿も想像することができます。

 

性格の良さ

性格を良い・悪いで一概に言うのは難しいです。

どんな性格をしている子が欲しいかは、飼い主さんによって違うからです。
人によっては落ち着いた子が欲しいと思いますし、元気な子が欲しいという人もいると思います。

ただ基本的には、優しく人懐っこい(飼いやすい)性格をしている子の方が高くなりやすいです。

 

スポンサーリンク

ブリーダーとペットショップのメリット・デメリット

基本的には純血種の猫の入手方法は、ブリーダーかペットショップからの購入のどちらかになります。
当然どちらにもメリット・デメリットはあります。

ブリーダーからの購入のメリット・デメリット

ブリーダーからの購入の場合、「立ち耳の子の方が折れ耳の子よりも多いか」「親猫・欲しい子猫は元気そうか」「きれいな飼育環境か」などを確認できることがメリットになります。

スコティッシュフォールドは基本的に立ち耳と折れ耳の子が生まれる割合が7:3です。
そのため折れ耳ばかりの飼育環境の場合は、折れ耳同士の危険な交配などをしているのかなどを疑うべきでしょう。
理由も突っ込んで聞き、ごまかされるようならそのブリーダーからの購入は避けた方が良いです。

「欲しい子に触っても痛がったりしていないか」「身体に異常がないか」「耳がきれいか」「音がしっかり聞こえているか」などを確認することもスコティッシュの選び方としてはとても大切です。
スコティッシュは遺伝的に病気になりやすい子が多いため、「親猫が元気かどうか」も重要なチェックポイントになります。

また飼育環境が清潔かどうかもしっかりと確認しましょう。

一方デメリットは「簡単に見学することが出来ない」ことなどです。
多くのブリーダーは個人宅で飼育をしているため、気軽に見学することができません。

 

ペットショップからの購入のメリット・デメリット

ペットショップのメリットは「基本いつでも見学できる」「飼育環境を見ることができる」ことなどになります。
ブリーダーの飼育場へ見学をするのとは違って、ペットショップは営業時間帯はいつでも顔を出すことができます。

店内やケージの中がきれいに保たれているかどうかも大切です。

一方デメリットは「感染症にかかりやすい」「社交性がない子が多い」ことなどです。
どうしてもペットショップでは様々な動物を展示しているため、感染症にかかりやすい環境と言えます。

また猫は生後1~8週間頃に親猫や兄弟猫と一緒に過ごすことで、社交性を身につけます。
ペットショップで展示されている子の多くは早い時期に親猫から離されてしまっている子が多いため、社交性が乏しい子が多いです。

ブリーダーやペットショップどちらから購入するにしても、大切なのは信頼できる人・店から購入することです。
良いブリーダー・ペットショップの選び方や、より詳しいメリット・デメリットは以下の記事にて詳しくまとめています。

猫のブリーダーのメリットデメリット、ブリーダーとペットショップの違いとは

2016.09.03

 

里親制度の利用

里親制度を利用することで、スコティッシュフォールドを引き取ることもできます。

里親制度を利用する場合は、基本的に購入費は無料で譲り受けることができます
ただこれまでにかかったワクチン代などは払うことになります。

スコティッシュフォールドは人気の猫種で、飼っている方も多いので比較的里親募集に挙がることも多いようです。
里親制度を利用してスコティッシュを引き取りたいという方は、里親募集サイトをのぞいてみてください。

 

まとめ

スコティッシュフォールドはとても人気な猫種であるため、取り扱うブリーダーやペットショップは多いです。
スコティッシュは比較的身体が弱い猫種であるため、信頼できる店・人から譲り受けるようにしましょう。
場合によっては里親制度を利用するのも一つの手です。

スコティッシュフォールドについてより詳しく知りたい場合は、下の記事も確認してみてください。

【飼い方・体重・歴史など】スコティッシュフォールドについてまとめ!

2016.10.20

スコティッシュフォールドの寿命・かかりやすい病気は骨瘤?折れ耳と立ち耳で違いは?

2016.10.18

【折れ耳がかわいい!】スコティッシュフォールドに多い4つの性格と特徴とは

2016.10.17

他の猫種についても知りたいという方はこちらからどうぞ!
世界の猫種一覧まとめ!

photo credit: elibrody wise man on the hill via photopin (license)Tai-Hua Lu by BaoBaoTakashi Hososhima by Sleeping cutieTom Thai by Booboo

スポンサーリンク