【深い絆を築ける】甘えん坊な猫種ランキングトップ10!

どんな猫を飼いたいかは人それぞれ違うと思いますが、やはり一緒に暮らす以上はよく懐いてくれる猫だと嬉しいですよね?
そこで今回は飼い主に対して深く懐く甘えん坊な猫種ランキングトップ10を発表します!

もちろん甘えん坊かどうかは個体ごとの性格が最も大きな要因となります。
ただ猫種毎に甘えん坊な子が多いか少ないかも確実にあります。
今猫を飼っている方もそうでない方も、是非どんな子が入るか予想してみてください(^O^)

今回こういったランキング記事を作成するにあたって、出来るだけ独断と偏見をなくしたかったため、様々な記事を参考にさせていただきました。
参考記事に関しては、一番下にリンクを貼らせていただきました。

また性別に関して言えば、メスよりもオスの猫の方が甘えん坊だという意見が圧倒的に多いようです。

スポンサーリンク



甘えん坊な猫種ランキングトップ10!

10位.バーマン

バーマンは飼い主に従順でおおらかな性格をした猫種です。

人の気分を読み取ることにも長けており、飼い主にとって悪い日だった場合は静かにそっと寄り添って慰めてくれます。
とても人間本位な猫種であり、抱っこをされることなども嫌がらないです。

ただ本質的には甘えたがりな子が多く、中には自分から肩や膝に飛び乗ってくる子なども多いようです。

【性格・体重・値段相場など】バーマンについてまとめ!

2016.10.03

 

9位.スコティッシュフォールド

ぬいぐるみのような愛嬌の良さと折れ耳で有名なスコティッシュフォールドは、日本でもトップクラスの人気を誇る猫種です。

スコティッシュは飼い主に対して非常に甘えん坊で、常に飼い主と一緒にいようとします。
部屋を移ったら付いてくることもしばしばあり、中にはトイレにまで付いてきちゃう子も(^^)

社交性も高く飼い主以外とも仲良くできる子が多いため、お客さんの多い家などにも向いた猫種と言えます。

【飼い方・体重・歴史など】スコティッシュフォールドについてまとめ!

2016.10.20

 

8位.メインクーン

大きな体を持ちながら子猫のような純真さを持つメインクーンは、日本でもとても人気な猫種の一つです。

強い献身性と甘えん坊な性格から、「犬のような猫」という形容を使われることも多いです。
体を触られることに対しても嫌がらない子が多く、ベタベタすることができる愛情深い猫が欲しい場合はラグドール同様おすすめの品種です。

またメインクーンは「ジェントル・ジャイアント(優しい巨人)」とも呼ばれるように、優しく社交性が高いため他の猫や動物・子供とも仲良く暮らすことができます。

【性格・体重・寿命・飼い方など】メインクーンとはどんな猫?

2016.09.11

 

7位.デボンレックス

コーニッシュレックスと同じように巻き毛を持つデボンレックスは、小悪魔のような振る舞いを見せることでも知られています。

とても遊び好きな子が多く、彼らにとって飼い主との遊びは何よりも大切な時間になります。
ベタベタするのも好きで、肩や膝の上に飛び乗ることもしばしばです。

【性格・似ている猫種との違い・値段相場など】デボンレックスについてまとめ!

2016.10.09

 

6位.ペルシャ

豊かな被毛と潰れ鼻の愛嬌のある顔で人気のペルシャは、飼い主との時間を大切にする甘えん坊です。

他の猫のように積極的に遊ぶことで絆を深めようとするよりかは、一緒にゆったりとした時間を過ごそうとするのが特徴です。
飼い主にくっついて寝るのは彼らにとっては幸せな時間で、暴れまわることはありません。

マイペースで気立ての良い子が多く、例え放し飼いにしても好んで外に出ることはそうないでしょう。
ゆっくりとした甘えん坊の猫が欲しいなら、ペルシャはおすすめとなります。

【性格・チンチラとの違い・値段相場など】ペルシャ猫についてまとめ!

2016.10.04

 

スポンサーリンク

5位.コーニッシュレックス

巻き毛とほっそりとした体で有名なコーニッシュレックスも、甘えん坊な猫種の一つです。

彼らはふざけた態度を取るのが好きですが、あなたに対しての愛情を隠そうとはせず常に一緒にいようと付いてくることが多々あります。
またフェッチングがとても得意な猫種でもあり、中には犬に勝る子もいるようです。

【性格・似ている猫種との違い・値段相場など】コーニッシュレックスについてまとめ!

2016.10.08

 

4位.シャム(オリエンタルショートヘア)

シャムとオリエンタルショートヘアはほぼ同じ猫種であるため、同順とさせていただきます。

サファイヤブルーの瞳とポイント模様が有名なシャムは、非常にお喋りな猫種としても知られています。
とても社交的でどんな人に対しても積極的に話しかけ、コミュニケーションを取ろうとします。

飼い主への愛情表現はこうしたお喋りを通して行われることが最も多く、自身に対しての注目が不十分と感じると問題行動を起こすこともあります。
「僕はこんなに君が好きなんだから、君も僕に構ってよ!」といったわがままタイプの甘えん坊が多いのですね(^O^)

飼う際にはとても騒がしい猫種となるため、マンションやアパートなどでは注意が必要となります。

【性格・特徴・子猫の値段相場など】オリエンタルショートヘアについてまとめ!

2016.10.22

【性格・体重・値段相場など】シャム猫(サイアミーズ)についてまとめ!

2016.10.02

 

3位.ラグドール

ぬいぐるみのように抱っこをしても体を預けてくることから、ラグドール(英語でぬいぐるみの意)という名前を持つ猫種です。
ラグドールは静かでのんびりとしたマイペースな子が多いようですが、一方で飼い主に対してはとても甘えん坊な一面を持っています。

家族の一員になることに対して幸せを感じることができるという、室内飼いの猫としては理想的な性格をしております。
実際飼う際に大変なのは、長毛種の猫が同様に持つ抜け毛の問題程度となります。

ラグドールは他の猫と比べて成長期間が長く、子猫のような期間が3~5年ほど続くことでも知られています。

【体重・寿命・飼い方など】ラグドールについてまとめ!

2016.10.06

 

2位.スフィンクス

無毛でユニークな見た目のスフィンクスが2位です!
その独特な見た目から好き嫌いがはっきり分かれるスフィンクスは、家族と常に近くにいたいと考えるフレンドリーな猫種です。

ほぼ無毛の体は寄り添うことで、暖かい湯たんぽのように感じられます。
非常に忠実で甘えん坊な性格をしており、家族に対しては一緒に遊んだりすることで絆を深めることができます。

また遊ぶ際には、わざと道化役を演じたりすることもあるようです。

【性格・寿命・子猫の値段相場など】スフィンクスについてまとめ!

2016.10.23

 

1位.トンキニーズ

シャムとバーミーズの人為的な交配種であるトンキニーズは、飼い主に対して忠実で非常に甘えん坊な性格をしています。
彼らは自身のことを受け入れてくれる家庭が必要な猫種で、飼い主に対して大きな愛情で恩返しをします。

家族全員に対して平等に愛情深く、シャムほどではないもののお喋りな点も受け継いでいます。
家族と一緒にいる以上に彼らが満足できる場所はないのです。

【性格・シャムとの違い・子猫の値段相場など】トンキニーズについてまとめ!

2016.10.24

 

まとめ

猫はツンデレタイプの子も良いですが、ベタベタとできるタイプの子も可愛いですよね(^0^)
また調べていて意外だったのが、必ずしも「甘えん坊=優しい」というわけではないということです。

例えば飼い主に対して積極的に甘えようとするものの、その表現方法も猫種によって様々です。
一緒にゆっくりしようとするペルシャとは反対に、シャムなどは積極的にお喋りをしたり注目してもらうためにイタズラをするのです。

このように猫種によって甘え方は違うものの、仲良くなることに苦労することはなさそうです(^^)

また当サイトでは他にも様々な分類でランキング記事を作っているので、興味がある方は参考にしてみてください!

【テーマ別】これまでに紹介した猫の種類ランキングまとめ!

2016.12.20

参考記事:vetstreet、pet360、pet4homes

スポンサーリンク