猫用ブロードラインの効果や副作用は?安い通販購入先も紹介!

猫のノミ・マダニ・フィラリア予防薬のひとつ「ブロードライン」
発売開始になったのが、2015年8月と比較的新しい予防薬ですが、「オールインワン」と銘打たれるように、これ一つでほとんどの寄生虫の予防・駆除が済むという便利なものになっています。
今回はそんなブロードラインの特徴や効果、更には副作用報告などについて詳しく紹介していきます!

 

スポンサーリンク



ブロードラインの効果とは?

ブロードラインは猫の「ノミ・ダニ・フィラリア等の予防・駆除薬」です。
ノミ・ダニ予防薬として有名なフロントラインを出しているメリアル・ジャパンが新たに開発した薬です。

ブロードラインは、これ一つでほとんどの寄生虫予防・駆除が済んでしまうことから、「オールインワン」と銘打たれている予防薬です。
ブロードラインで予防・駆除できる寄生虫は以下になります。

  • ノミ
  • マダニ
  • ノミの卵・幼虫・サナギ
  • フィラリア幼虫
  • 猫回虫
  • 猫鉤虫
  • 瓜実条虫
  • 猫条虫
  • 多包条虫

このように、一つの薬でノミ・マダニ・フィラリアをはじめとした多様な寄生虫を予防駆除できるのが、ブロードラインの大きな特徴です。

 

ブロードラインとレボリューションの違いは?

猫用の「ノミ・ダニ・フィラリア予防薬」としては、現在のところ「レボリューション」という薬が最も有名です。
それでは、このページで紹介しているブロードラインと比べると、どのような違いがあるのでしょうか?

有効成分や予防・駆除できる寄生虫の種類を比べていきましょう。


※○が駆除できる寄生虫、×が効果対象外です。
※疥癬が「○?」になってるのは、公式には効果を認められていないものの、日本の動物病院では治療に用いられているからです。

主な違いとしては、有効成分が違うこと。
また、ダニの予防範囲が異なること
です。
ブロードラインがマダニを駆除するのに対して、レボリューションは耳ヒゼンダニに効果があります。
どちらを選ぶかは好み次第ですが、レボリューションの方が若干薬の値段が安いです。

猫用レボリューションの効果は?副作用や使い方なども詳しく解説!

2018.08.15

猫へ寄生する代表的なダニの種類4選!駆除と対策はしっかりと

2016.07.28

 

スポンサーリンク

ブロードラインの疑問・使う際の注意点

ブロードラインを使うにあたっての疑問や注意点を紹介していきます。

  • ブロードラインの安全性は?嘔吐や脱毛の副作用あり?
  • 初めてのブロードライン使用前には必ずフィラリア検査を
  • amazonや楽天で取扱していない理由は?取扱いネット通販は?
  • 薬局とかで売っているノミ・マダニ予防との違いは?
  • ブロードラインを使えばノミ・ダニ・蚊が寄らなくなるの?
  • ブロードラインを使ってノミ・ダニが駆除できない原因は?
  • 【春夏秋冬】ブロードラインはどの時期に使えばいいの?
  • ブロードライン使用後シャンプーしても良いの?
  • どのくらいの頻度で投与すればいいの?
  • 多頭飼いの場合は使用後、4時間は隔離しよう

一つずつ見ていきましょう。

ブロードラインの安全性は?嘔吐や脱毛の副作用あり?

ブロードラインの安全性について調査しました。

稀に副作用として、薬をなめてしまったことによる流涎(よだれを流すこと)、嘔吐、下痢、脱毛などが起こる可能性があります
上記副作用に関しては、投与場所に気をつけること、多頭飼いの場合、他の猫がなめないように、投与後はケージなどに一時隔離することなどが予防のために大切になってきます

ブロードライン使用に関しての副作用実例報告:

実例報告は、2015年8月(発売日)~2018年9月現在までで、全9件挙がっています。
死亡事例もありますが、ほとんどの報告がブロードラインが直接の原因かは判断がつかないという内容になっています。

参考:動物医薬品等データベース
※「ブロードライン」と検索すれば、詳細な実例報告を見ることができます。

それでは、死亡例が出ているから危険か?と言うと、管理人はそう思いません。
なぜなら、まず動物用医薬品として認可されるには、日本という国の厳重なチェックを通った上での承認が必要です。

更に、ブロードラインは猫用のフィラリア予防薬としては、レボリューションに続いて有名な予防薬です。
つまり正確な使ってる人数こそ分からないものの、かなり多くの人が使っている予防薬だということです。
10回使って1回副作用が出るのと、1万回使って1回副作用が出るのでは大きな違いがありますよね

こういったことから、個人的にはブロードラインが危険だとは思いませんが、あくまで使うかどうかは飼い主さん次第になります。
もし悩むようであれば、まずは信頼できる獣医さんなどに相談するのも良いかもしれません。

 

初めてのブロードライン使用前には必ずフィラリア検査を

ブロードラインを初めて使用する前には、必ずフィラリア検査をしましょう。
万が一猫の体内に既に寄生済みのフィラリア成虫がいると、ブロードライン使用に際して、強いショックなどにより死亡につながることがあります

 

amazonや楽天で取扱していない理由は?取扱いネット通販は?

ブロードラインはamazonや楽天など通販サイトでの取り扱いはありません。
ブロードラインは獣医の処方箋や指示書がなければ入手ができない「要指示医薬品」の一つです。
そのため一般の通販サイトでは取扱いができません。

ブロードラインをネットから購入したい場合は、正規品の海外輸入を行っているペットくすりなどのサイトからのみ購入ができます

 

薬局とかで売っているノミ・マダニ予防との違いは?

薬局などで売っているノミ・マダニ予防駆除薬との違いはシンプルです。
ブロードラインは「動物用医薬品」、薬局などで販売されている市販のものは「動物用医薬部外品」というカテゴリに属す製品です。

両者の違いを簡単に分けると、効果が強いものが動物用医薬品、弱いものが動物用医薬部外品という感じです。
詳しく知りたい方は下記リンクで読んでみてください。
日本動物用医薬品協会:「動物用医薬品」とはどんな物ですか?

薬局などで売っている予防駆除薬は効果が出にくい割に、副作用報告が多かったりするので、個人的にはあまりおすすめできません
市販ノミ・ダニ駆除薬の口コミを確認したい方は下記から確認できます。
サンスポットレビュー(amazon)
ペッツテクトレビュー(amazon)

 

ブロードラインを使えばノミ・ダニ・蚊が寄らなくなるの?

よく勘違いする方がいますが、ブロードラインにはノミ・マダニ・蚊への忌避効果(寄り付かなくなる効果)はありません
具体的な効果としては、あくまで寄生虫の予防と駆除であって、寄生虫自体が近寄らなくなるわけではありません。

 

ブロードラインを使ってノミ・ダニが駆除できない原因は?

ブロードラインを使ってもノミやマダニが駆除できないという場合、以下の項目をチェックしてみてください。

  • マダニではない
    →ヒゼンダニなどの寄生の場合、「レボリューション」への切り替えをおすすめします。
  • ブロードライン投与から1か月以上経過している
    →再度投与する必要があります。
  • 投与を開始してから1日経っていない
    →効果が出るようになるまで、2日程度時間がかかります。
  • まれに殺虫成分に耐性を持つ「スーパーノミ・ダニ」がいる
    →違う有効成分を配合している予防薬に変更する

違う予防駆除薬に切り替える場合は、レボリューションやフロントラインプラスが代表的になってきます。

猫用レボリューションの効果は?副作用や使い方なども詳しく解説!

2018.08.15

猫用フロントラインの効果は?副作用や使い方なども詳しく解説!

2018.07.28

 

【春夏秋冬】ブロードラインはどの時期に使えばいいの?

ブロードラインをフィラリア予防として使うのであれば、4月の終わりごろ~12月の終わり頃まで毎月一度投与しましょう。
1~4月の初めまでは、フィラリア予防は必要ありません。
ただ、ノミ・ダニ予防を中心として使いたいのであれば、ノミ・ダニはオールシーズンいるので、年間を通して毎月1度行う必要があります。

 

ブロードライン使用後シャンプーしても良いの?

ブロードライン使用直後のシャンプーはNGです。

ブロードライン公式では、ブロードライン使用後のシャンプーに関して以下の注意書きを記載しています。

本剤投与後の猫の水浴あるいはシャンプーの影響については検討されていない。投与後1カ月以内に、猫が少し濡れた場合でも、本剤の有効性に著しい影響はないものと予想される。本剤使用後2日間は、水浴あるいはシャンプーを控えることが望ましい。

引用:ブロードラインPDF

上記注意書きを見ると、2日経ってからもシャンプーして良いのか悩むところですよね。
基本的にブロードラインやフロントラインプラスなどの寄生虫予防薬は、薬液が身体に浸透すれば、後は猫の皮脂腺から少しずつ出てくるため、シャンプーなどの影響がないと言われています
ブロードラインも恐らく大丈夫だとは思いますが、この点の判断に関しては、利用者様次第と言ったところでしょうか。

 

どのくらいの頻度で投与すればいいの?

ブロードライン投与後の有効期間は1か月間です。
そのため、定期的に投与したいという場合は、1か月ごとのペースでの投与をおすすめします

 

多頭飼いの場合は使用後、4時間は隔離しよう

ブロードラインは基本的には、猫が舐めてしまっても問題ない成分で構成されています
ただ、個体差はあり、猫によっては舐めてしまうと嘔吐や下痢などの症状をしてしまう子もいます。

そのため、多頭飼いのお家で、ブロードラインを使う場合は、最低4時間程度はケージや別の部屋に隔離することをおすすめします
ブロードラインは特に液量が多いので、ほかの予防薬と比べても乾くようになるまでに多少時間がかかるでしょう。

 

ブロードラインを投与する場所・使い方

ブロードラインを投与する場所は、猫の肩甲骨のあたりです。
ブロードラインは他の予防薬と比べて、液量が多いため、なるべく正しい場所に投与するようにしましょう。

▲猫ちゃんたち可愛いですね(^^)

投与後は他の猫が舐めてしまわないように、ケージなどにある程度の時間隔離するようにしましょう。

 

ブロードラインはどこの通販で購入できる?値段の違いは?

ブロードラインは動物用医薬品の中でも、取扱いに獣医の処方箋や指示書が必要な「要指示医薬品」というカテゴリに属す薬品です。
そのためアマゾンや楽天では購入することができません。

購入方法は大きく2つに分かれます。

  • 獣医から直接貰う(処方箋として)
  • ペットくすりなどの専門通販サイトを使う

獣医さんから貰う方法は、獣医さんに行く手間があるのと、薬の代金が上乗せされるので、若干高くなります

一方ペットくすりなどのネット購入では、楽天やアマゾンのようにワンクリックでブロードラインを手にできます
毎回獣医さんの元に行く手間が省けるのが、最も嬉しい点ではないでしょうか。
更に獣医さん経由でもらうのと違って、料金が安くなるのも嬉しいところですね

大体の動物病院では、診療費を含めたブロードラインの料金が2,000円です。
一方、ペットくすりでは2018年9月現時点で、ブロードライン3つ入りを5,380円(送料無料)で販売しています。
1つ当たりにすると、1,800円程度になります。
若干ですが、ペットくすりなどを利用して注文する方が安くなりますね

もし現在ブロードラインを定期的に使っていて、手軽に手に入れたいという方は是非ペットくすりを見てみてください

ブロードライン

 

ブロードラインのジェネリック版はある?

ジェネリック医薬品とは、「後発医薬品」とも言われる薬類のことです。
簡単に言ってしまうと、既に販売されている薬と同じ有効成分・同じ効き目でより安い薬のことです。

残念ながらブロードラインは2015年8月に発売開始と、まだ発売してからの期間が短いため、ジェネリック版はありません
今後新たにジェネリック版ができたら、このページで追って紹介させていただきます。

 

まとめ

ブロードラインは猫用の「ノミ・マダニ・フィラリア予防・駆除薬」として、人気のある商品です。
レボリューションと比較されることも多いですが、それぞれ若干ですが予防・駆除できる寄生虫の種類や値段が違います。
選ぶ際は「何を予防したいのか?」「どの程度の値段なら出しても良いのか?」などを軸にどちらを使うか判断すると良いでしょう

ブロードラインを入手したい方はこちらをどうぞ。

ブロードライン

もし気になる方はフロントラインやレボリューションに関しても見てみると良いかもしれません。

猫用レボリューションの効果は?副作用や使い方なども詳しく解説!

2018.08.15

猫用フロントラインの効果は?副作用や使い方なども詳しく解説!

2018.07.28

スポンサーリンク


猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!