ブラックキャップを猫がいる家庭においてもいいのか?

猫がいるとどんなゴキブリ対策をしていいかわからないですよね。
確かに猫自体が優れたゴキブリハンターになってくれますが、出来ればゴキブリの姿を見ずに済むならそれが一番です。

そんな場合はブラックキャップとコンバットがとてもおすすめです。
今回はブラックキャップやコンバットは猫への健康上の問題がないかなどをまとめています。

 

スポンサーリンク



ブラックキャップやコンバットは問題ないのか

どうしてブラックキャップ、コンバットを猫のいる家に置いても大丈夫なのかを2つのテーマからお伝えしていきます。

  • ブラックキャップやコンバットの成分
  • メーカーへの問い合わせ

1つずつ詳しく見ていきましょう。

ブラックキャップやコンバットの成分

アース製薬株式会社が作ってる「ブラックキャップ」の殺虫成分はフィプロニルという成分です。
フィプロニルは昆虫には猛毒ですが、哺乳動物には効き目が薄いようです。

実際、猫用のノミ・ダニ対策にはフロントラインという薬が使われていますが、フロントラインも主成分はフィプロニルです。
こういったことから猫を飼っている家でも、フィプロニルを用いたブラックキャップなら問題ないです。

また大日本除虫菊株式会社が作っている「コンバット」もフィプロニルを使った殺虫剤です。

 

ブラックキャップを食べたゴキブリの死骸を猫が食べても問題ないのか

ブラックキャップを食べたゴキブリは即死せず、死ぬまでにタイムラグがあります。
「ブラックキャップを食べたゴキブリの死骸を猫が食べても大丈夫なのか?」という考えの人もいるかと思いますが、ブラックキャップ自体に問題はありません。

ゴキブリを食べること自体は健康にいいこととは言えませんが、ブラックキャップを食べたゴキブリになっても危険性が変わるということはありません。

 

スポンサーリンク

メーカーへの問い合わせ

成分上問題ないということが分かってもどうしても、ブラックキャップを置くことに抵抗感があるという方も多いと思います。
そこで実際にアース製薬株式会社へ電話で問い合わせをしてみたところ、以下のような返答を頂きました

以下、お問い合わせセンターとのやりとり

私「猫がいる家でブラックキャップを置いても問題ないですか?」

オペレーター「大丈夫です。ただ猫がいじらないような場所に置くことをおすすめします。」

私「わかりました。猫が食べたりしても健康面で問題はないですか?」

オペレーター「ゴキブリに効く微量な分量しか殺虫成分は入っていないため、舐めたり、1つくらい食べてしまっても問題ないです。」

以上となります。
ちなみにコンバットへのお問い合わせも、ほぼ同様の回答だったので割愛させていただきます。

ここからは電話応対を受けた私の勝手な感想です。
おそらくお問い合わせ先のオペレータはこういった質問をたまに受けることがあるのか、返答自体はとてもスムーズでした。

ただ専門的な部分、フィプロニルが猫のノミ・ダニ殺虫剤であるフロントラインの成分と同じで哺乳類には効果がないことなどは知らないのだと思います。

あくまで多少なめたり、食べたりしても問題ないことだけを「伝えてもよい事実」として知っていたという印象です。
勝手な憶測ですが、ガイドラインなどにそう答えていいと書いてあるんではないでしょうか。

 

まとめ

どうしてブラックキャップやコンバットを猫のいる家に置いても問題ないかを紹介してきましたが、それでもやはり抵抗感がぬぐえない方はいると思います。
そういった方はゴキブリが現れたら猫ちゃんに頼みましょう。

猫はゴキブリハンターとしてとても優秀なんです。
より詳しくはこちらから確認できます。

猫は天性のゴキブリ退治の達人!猫に問題ないゴキブリ対策は?

2016.08.26

スポンサーリンク


猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!