【ストレス?】猫のハゲの原因5つと原因毎の対処法

飼い猫が心なしかハゲているような気がする。。。
こんなことにはなってないですか?

もし猫が明らかにハゲてきている場合は、なにかしらの原因が考えられます。
そこで今回は猫のはげ(脱毛)の原因と、原因毎の対処法について紹介していきます。

 

スポンサーリンク



猫のハゲの原因5つと原因毎の対処法

猫のハゲの原因は主に以下の5つになります。
基本的にはどの原因でも、治すためには獣医さんの手を借りる必要があります。

  1. アレルギー性皮膚炎
  2. ノミやダニなどの寄生虫
  3. 真菌症(白癬)
  4. ストレスや不安
  5. ホルモンバランスの乱れ

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1.アレルギー性皮膚炎

アレルギーは猫の脱毛の最も基本的な原因です。
猫も人と同じようにアレルギーを持っていることがあり、そのアレルギー物質も様々です。

よくあるアレルギー物質としては、「ハウスダスト」「食べ物」「薬」「花粉」などになります。
アレルギー性皮膚炎が出ると、目の周りや背中などにブツブツが出たり、脱毛症状が現れます

また当然かゆみも伴うため、かゆみを和らげるためにクシのようなザラザラとした舌で皮膚を繰り返し舐めたり、噛みしだこうとします。
そうして、更に脱毛が進みハゲてしまうこともあるのです。

猫にアレルギーがあるかどうかを調べたい場合は、獣医さんの元で検査をする必要があります
アレルギーの原因が分かったら、なるべくアレルギー物質から遠ざけ生活を送るようにしましょう。

猫のアレルギー症状は全部で4種類!アレルギー検査と予防対策は?

2017.03.09

 

2.ノミやダニなどの寄生虫

ノミやダニといった寄生虫が猫についていると、疥癬などの皮膚病を起こしたり、強いかゆみが出てきます。
中には人にうつるタイプのノミ・ダニもいるため、気をつけたいものです。

ノミやダニのような寄生虫に寄生されないためには、以下のことに注意をする必要があります。

  • 完全室内飼い
  • 部屋を清潔にする
  • 定期的な駆虫薬の投与

ノミやダニがうつるのは主に、外の草むらを歩くことによってです。
もしくは動物病院などで待っている時に、他の猫についているノミ・ダニがうつってしまうこともあります

ここで気をつけたいのがノミやダニは多頭飼いをしている場合、他の猫にも移るということです。
ただ基本的に完全室内飼いにしておけば、新たに寄生される心配はほとんどないでしょう

もし寄生されてしまっても、「フロントライン」や「レボリューション」などの駆虫薬を投与することで、退治することができます
ノミ・ダニの寄生が疑われる場合は、獣医さんに診てもらうようにしましょう。

猫へ寄生する代表的なダニの種類4選!駆除と対策はしっかりと

2016.07.28

猫ノミが原因の病気とノミの効果的な取り方と駆除方法

2016.06.17

 

スポンサーリンク

3.真菌症(白癬)

真菌症とは、いわゆる「水虫」などのカビの仲間ですね。
別名を「白癬」(はくせん)や「リングワーム」、「皮膚糸状球菌」とも言います。

真菌症の特徴として、発症すると顔や背中など、体の一部に「円形脱毛症」ができます
そして場合によっては、その部分にかさぶたが出来たり、ブツブツが出てきます

強いかゆみも生じるため、かきむしるようにもなります。
真菌症は「菌保有者(猫)との接触」や「ストレスなどによる免疫力の低下」が発症の原因になります

治すには専用のローションや軟膏を塗る必要があります
どちらにしても、こういった症状が見られたら獣医さんに診てもらうようにしましょう。

猫の真菌症の症状と原因、予防や治療方法とは?多頭飼いはうつるから要注意!

2017.03.09

 

4.ストレスや不安

ストレスや不安もハゲ(脱毛)の原因になりやすいです。
どうしてストレスを感じるとハゲてくるかというと、それは「猫の習性」が強く影響しています。

猫は様々なことからストレスを感じたり、不安に思ったりします。
ストレスを感じる猫がどうするかというと、自分をなだめるために、長い時間舌を使ってグルーミングするのです。

猫の舌は皆さんも知っての通り、クシのようになっています。
そのため長い時間グルーミングをしていると、どうしても脱毛が目立つようになってきてしまうのです。

一部分を集中的にグルーミングしているようなこの場合は、ハゲているように見えてしまうこともあるでしょう。
こういったストレスが原因のハゲを治療するには、そのストレスの原因を探り、解決する必要があります

猫がストレスを感じる主な原因は以下になります。

  • 引越しなど、環境の変化
  • かまってもらえる時間が少ない(寂しい)
  • 多頭飼い
  • トイレが汚い
  • 自宅周辺の騒音

このように猫がストレスを感じる要因は多種多様です。
より詳しく知りたい方は、こちらから確認できます。

1分でできる猫のストレスチェックと5つのストレス解消法

2016.08.21

ストレスの原因はこれだ!猫がストレスを感じる環境・行動一覧

2016.08.21

 

5.ホルモンバランスの乱れ

猫のホルモンバランスが乱れることによって、脱毛症状が現れることがあります
ホルモンが原因の脱毛は、左右非対称で起こります。

また「水をたくさん飲むようになったり」、「体重の変化」が見られる場合も、ホルモンバランスの乱れが原因のことがあります。
ホルモンバランスの乱れを防ぐには「ストレス管理」や「規則正しい食生活」などが大切になってきます

 

まとめ

猫は基本的にふさふさとした被毛に覆われているため、ハゲはかなり目立ってしまいますよね。
そんな猫のハゲも様々な原因が考えられます。
ただ基本的にはハゲが見つかったら、獣医さんに診てもらい原因を探り、解決に導くようにしましょう。

photo credit:Simon Law by Scratching an itch

スポンサーリンク


いつかペット保険に入ろうと考えているあなたへ

 

その「いつか」は永遠に来ません。
ペット保険は今入るか、一生入れないかのどちらかです。

断言しても良いですが、気付いた時には愛猫は病気になり、ペット保険の審査には落ち、猫の高額な治療費に悩まされることになります。

何を隠そう、管理人が正にそうだからです。
もし管理人のように猫の治療費に40万円を支払いたくないなら、8分だけ時間を取ってこの記事をお読みください。



猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!