猫用ワクチン(予防接種)で防げる5つの病気まとめ!

猫のワクチンはちゃんと打っていますか?
ワクチンを打っておくことで、様々な病気の予防をすることができます。
そこで今回は猫用のワクチンで防げる病気について詳しく紹介していきます!

 

スポンサーリンク



猫用ワクチンで防げる病気一覧

猫用のワクチンで防げる病気一覧は以下になります。

  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫カリシウイルス感染症
  • 猫汎白血球減少症(猫パルボ)
  • 猫白血病ウイルス感染症
  • 猫クラミジア感染症

※このほかにも猫エイズのワクチンが一部病院で予防接種できるようですが、効果などが疑問視されているため、あえて除外させていただきました。

それでは猫用ワクチンで防げる病気について詳しく見ていきましょう!

 

猫ウイルス性鼻気管炎

いわゆる猫風邪の一つです。
猫ヘルペスウイルスというウイルスが原因となって発症する感染症です。

主な感染方法は、この風邪をひいている猫からの飛沫感染です。
※飛沫感染とは、くしゃみや鼻水、咳などのウイルスを含んだ飛沫が接触することで起こる感染経路のこと

症状は人の風邪と似ており、猫風邪としても一般的な症状が出ます。
ただ子猫や老猫がかかると、体力・免疫力が弱いため死に至ることもある侮れない病気でしょう。

主な症状は以下になります。

  • 発熱
  • くしゃみ
  • 鼻づまり
  • 鼻水
  • せき
  • 結膜炎(目ヤニや目の充血)
  • 脱水症状

猫ウイルス性鼻気管炎は放置しておくと、「蓄膿症」という膿が鼻の奥に溜まってしまう病気にもなります。
鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状が見られた場合は獣医さんに見せるようにしましょう

【人にうつる?】猫風邪の症状・原因まとめ!ワクチン予防接種が大切

2016.11.05

 

猫カリシウイルス感染症

代表的な猫風邪の一つです。
発症の原因は猫ウイルス性鼻気管炎と同じように、感染している猫からの飛沫感染です。
症状は以下になります。

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 発熱
  • 関節の痛み
  • 口内炎
  • 舌炎(舌にできる口内炎)
  • 肺炎

主な症状は先ほど紹介した猫ウイルス性鼻気管炎と似ていますが、肺炎や口内炎、舌炎といった部分が違いと言えます。

口内炎や舌炎になると、口内の痛みから食事を摂るのが億劫になってしまい、体力の低下を伴うことがあります
また肺炎は重症化すると、死亡してしまうこともある危険な病気です。

肺炎になる前に風邪を治すことが大切なので、かかった場合は早期治療、更にはしっかりと予防接種を行っておくと良いでしょう。

【人にうつる?】猫風邪の症状・原因まとめ!ワクチン予防接種が大切

2016.11.05

 

猫汎白血球減少症(猫パルボ)

パルボウイルスの一種である、「猫汎白血球減少症ウイルス」が原因で起こる病気です。

別名を「猫パルボ」「猫ジステンパー」「猫伝染性腸炎」と呼び、子猫に感染して治療をしない場合、死亡率が90%を超える非常に危険な病気として知られています。
ただ成猫は無症状~軽症で済むことが多いようです。

そんな猫汎白血球減少症の主な症状は以下になります。

  • 嘔吐
  • 脱水
  • 血まみれの下痢
  • 衰弱
  • 発熱
  • 食欲不振

通常、感染してから5~14日ほどの潜伏期間を経て、本格的に発症します。
主に嘔吐や下痢などの諸症状が見られたら、すぐに獣医さんに診てもらう必要があると言えるでしょう。

【子猫は要注意】猫パルボウイルスの症状や感染経路、予防方法とは

2017.12.05

 

猫白血病ウイルス感染症

猫白血病ウイルス感染症とは、猫白血病ウイルスが原因で起こる感染症です。
白血病はとても危険な人間の病気として知られていますよね。
猫白血病ウイルス感染症は、人間の白血病と症状が似ているため、同じ名前が付いているのです。

そんな猫白血病ウイルス感染症は、大きく「急性期」と「持続感染期」の2つの期間で分けられます。(急性期の際にウイルスを倒すことができないと、持続感染期に移ります。)

急性期(初期症状)

急性期とは白血病にかかってから起こる初期症状のことで、期間は数週~数カ月です。
主な初期症状としては以下が挙げられます。

  • 発熱
  • 毛並みの悪化
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • ぐったりとする
  • 下痢
  • 鼻水
  • 口内炎
  • 貧血
  • リンパ節の腫れ

急性期が終わると「ウイルスから自力で回復(ウイルスの排除)」か、「ウイルスが体内で潜伏を続ける持続感染の状態」に移行します。

ここでウイルスを倒せるかどうかで、その後は大きく左右されます
ウイルスからの自力回復をするためには、かかった年齢が大きく影響しています。

急性期→持続感染期に移る確率はおおよそ以下になります。

  • 6週齢以下の猫:20%
  • 生後8~12週の猫:50~70%
  • 1歳以上の猫:15%

生まれたばかりの子の方が、生後8~12週の猫よりもウイルスからの自力回復率が高いのは、母猫から母乳をもらうことで、同時に免疫ももらっているからです。

続いて急性期の次の段階である、持続感染期についてです。

 

持続感染期(潜伏期間+本格発症)

持続感染期になると、1~2年ほどの潜伏期間を経てから本格的な発症を迎えます
本格発症を迎えると、免疫力が落ちてしまうため、かなり重い病気にも簡単にかかるようになってしまいます

本格的に発症してしまうと、以下の症状が現れやすくなってしまいます。

  • 猫風邪
  • 白血球減少症
  • 悪性リンパ腫(癌)
  • 猫伝染性腹膜炎
  • トキソプラズマ症
  • 口内炎
  • 再生不良性貧血
  • 慢性腎不全
  • 流産

人の白血病も本格的に発症することで、感染症にかかりやすくなるものですが、猫の白血病も最終的には同じような状態になってしまいます。

猫白血病感染後の余命
猫白血病は持続感染に入ってしまうと、2年以内の死亡率が63%。
そして3年以内の死亡率は85%のようです。

【猫白血病まとめ!】感染原因と症状、多頭飼いの可否や治療方法とは

2016.12.18

 

猫クラミジア感染症

代表的な猫風邪の一つです。
クラミジアとはウイルスに近い細菌の仲間のことです。

主な症状は以下になります。

  • 重い結膜炎(目ヤニや目の充血)
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 気管支炎

やはり他の猫風邪同様、くしゃみや鼻水といった症状が主になります
ただクラミジア感染症で注意すべきなのが、重度の結膜炎が出るということです。
目ヤニが酷く出ていたり、目が充血していたら猫クラミジア感染症を疑うべきでしょう。

またクラミジア感染症には厄介な点がひとつあります。
早期治療をしないと、クラミジアが体の中に住みつき、「完治するのが難しくなってしまう」ということです。

この状態になると、一度治療が済んでも体内にクラミジアが残っているため、病気をぶり返しやすくなってしまうのですね。

【人にうつる?】猫風邪の症状・原因まとめ!ワクチン予防接種が大切

2016.11.05

 

スポンサーリンク

ワクチン種類別:どのワクチンで何の病気が防げる?

猫用ワクチンにはいくつか種類があります。
正確には3種、4種、5種、7種混合ワクチンなどがあります。

それぞれのワクチンで防げる病気の種類は以下になります。

病名\ワクチン種 単独 3種 4種 5種 6種 7種
猫ウイルス性鼻気管炎  
猫カリシウイルス感染症  
猫汎白血球減少症  
猫白血病ウイルス感染症  
クラミジア感染症        

※猫カリシウイルスは数種類あり、①は1種類に対応、③は3種類に対応していることを表しています。

基本は3種混合ワクチンです。
3種混合ワクチンで予防できる病気は、どの種類のワクチンでもカバーされている大切な病気のため、「コアワクチン」と呼ばれています。

どのワクチン接種をするかは、かかりつけの獣医さんと相談して決めるのが良いでしょう
ワクチンの必要性や料金などについて知りたい方は、こちらを確認してみてください。

猫のワクチンは毎年必要!ワクチンの効果と種類毎の料金などについて

2017.04.08

 

まとめ

猫用ワクチンをしっかりと打っておくことで、防げる病気はたくさんあります。
中には猫風邪などとてもかかりやすい病気もあるため、しっかりと予防注射は行うようにしましょう。
また日頃から猫の体調チェックをする際に、「何を見ればいいか分からない」という方は下記の記事を参考にしてみてください。

猫の健康チェック!家庭でできる簡単な健康管理法とは

2017.02.23

スポンサーリンク


いつかペット保険に入ろうと考えているあなたへ

 

その「いつか」は永遠に来ません。
ペット保険は今入るか、一生入れないかのどちらかです。

断言しても良いですが、気付いた時には愛猫は病気になり、ペット保険の審査には落ち、猫の高額な治療費に悩まされることになります。

何を隠そう、管理人が正にそうだからです。
もし管理人のように猫の治療費に40万円を支払いたくないなら、8分だけ時間を取ってこの記事をお読みください。



猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!