猫の利き手の調べ方!オスは左利き、メスは右利きが多い?

人間は全人口の約9割が右利きだと言われています。
実はそんな利き手は人間だけではなく、犬や猫にもあるものなのです。
そこで今回は知られざる猫の利き手について詳しく紹介していきます!

 

スポンサーリンク



性別で違う?猫の利き手に関する研究

イギリス人のウェルズ博士と、助手のミリソップ氏が2009年に一つの研究を報告しました。
その研究とは42匹の猫(21匹のオス猫と21匹のメス猫)を使った、猫の利き手に関する実験です。

彼らは大きく3つの実験を行いました。

  1. 空中に釣り糸をつけたネズミのおもちゃを垂らした際に、猫がどちらの手でそれを取ろうとするか
  2. 釣り糸をつけたネズミのおもちゃを地面に這わせたとき、どちらの手で取ろうとするか
  3. 頭が入らない大きさのビンにマグロを入れたとき、どちらの手で取りだそうとするか

この研究の結果として、①②では特筆すべき結果が現れませんでした。
規則性のない結果に終わってしまいました。

ただ③のテストを100回にもわたって行ったところ、ある規則性が発見されました
21匹のメス猫全てが右手を優先的に使いマグロを出そうとしたのに対して、オス猫は1匹が両利きに見えたのを除き、20匹のオス猫が左手を優先的に使ってマグロを出そうとしたのです

この結果からメス猫は右利きが多く、オス猫は左利きが多いと考えられます
また①②③のテストから示す結果が異なるのを、ウェルズ博士は以下のように推察しました。

「我々人間はどちらの腕でもドアを開けますが、利き手じゃない腕で字を書くのは難しいです。そのためより複雑な課題の方が、本当の利き手がどちらかを見れる可能性が高いのです。」

つまり①②の実験は猫にとって簡単すぎて、③はそれなりに難しい課題だったからこそ、利き手の使用が分かったということを推察しています
確かに私たちも普段物を取るとかの単純なことであれば、利き手じゃなくても普通に行いますもんね。

 

オス猫に左利きが多い理由?

一説にはオス猫に左利きが多く、メス猫に右利きが多いのはテストステロンという男性ホルモンの量が大きな違いを生んでいると考えられています
実際猫だけでなく、犬や人であっても、左利きは男性が多いようです。

またこの説を裏付けるように、ウェルズ博士が2012年にもう一つの実験結果を公表しました。
月齢3カ月、6カ月、12カ月と分けた、12匹の猫に対して③のテストを行ったのです。

その結果3カ月、6カ月の猫は規則性のある結果が出なかったようですが、月齢12カ月の猫達に関してはそれぞれ性別毎に利き手の規則性が出てきたようです

月齢が経つことによって、利き手の存在が出てくるのは、性ホルモンの影響が強く影響しているとも考えられますよね

それぞれの研究論文概要は以下から見ることができます。

2009年の研究報告(ウェルズ博士とミリソップ氏発表)

2012年の研究報告(ウェルズ博士とミリソップ氏発表)

 

スポンサーリンク

飼い猫の利き手の調べ方!

皆さんも飼っている猫の利き手がどちらなのか知りたくはないですか?
以下の方法で調べることができます。

  1. 頭が入らない細いビンの中にキャットフードを入れます
  2. どちらの手で取り出すのかを見ます。
  3. それなりの回数を行えば、どちらが利き手かを調べることができる

※ただ猫にも両利きの子はいます。

ウェルズ博士の研究では100回のテストが行われたようですが、それはかなり大変ですよね。
正直な話、10~15回程度やれば十分にどちらが利き手なのか、大まかな結果は出てくるように思えます。
気になる方は是非試してみてください!

▲実際に似たようなテストを行っている様子です。
動画の猫は左でおもちゃを取り出したので、オス猫ですかね?

 

まとめ

ここまで猫の利き手についての紹介をしてきましたが、実際のところまだまだ猫の利き手については分かっていないことが多いようです。
ウェルズ博士の実験結果に対しても、懐疑的な見方をする人も多いようです。
なんにせよ今後研究が更に進み、猫の利き手についてより詳しく分かってくるのが楽しみですね!

スポンサーリンク


猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!