【猫限定ペット保険評価】日本ペットプラスの保険料や口コミはどうなの?

このページではペット保険の日本ペットプラス(いぬとねこのほけん)を調べ、猫を飼ってる場合、おすすめの保険かどうかを考察しています。
楽天人気ランキング1位を獲得したこともある保険で、ざっと見た感じでは保険料と補償のバランスが良いのが大きな特徴です。

そんな日本ペットプラスについて、今回は詳しくどのような保険になっているかを解説していきます。
現在猫の保険を探されている方は、是非参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク



日本ペットプラスの総合評価


※補償率50%プラン比較

日本ペットプラスの特徴まとめ!

  • 豊富なプランから自分に合ったものを選べる
  • 保険料は平均よりは安い
  • 安心の年間限度型補償
  • 保険料と補償内容のバランスはかなり良い

 

まずは日本ペットプラスの保険プランを整理しよう!

日本ペットプラスは大きく分けると、3つの保険プランを出しています。

  補償率 補償額 免責金額
プラチナ
(総合保険)
50%
70%
90%
年間50万円まで
年間70万円まで
年間90万円まで
なし
ゴールド
(通院のみ保険)
50%
70%
90%
年間50万円まで
年間70万円まで
年間90万円まで
なし
パール
(手術のみ保険)
70% 年間30万円まで なし

このように、3つの保険プランによって、補償内容が違います。

  • 補償を重視した「プラチナプラン」
  • 利用頻度の多い通院のみ補償している「ゴールドプラン」
  • 保険料が安く手術のみ補償している「パールプラン」

大まかに分けると、以上のようなすみ分けになっています。

ちょっとプランが多くてややこしいですが、基本は通院・入院・手術を補償している「プラチナプラン」を見れば大丈夫です。
通院や手術のみ補償したいという方には「ゴールドプラン」「パールプラン」が選択肢に挙がってきます

早速他社の保険プランと比べて、どんな特徴を持っているのかを比較していきましょう。

 

日本ペットプラスの保険料を考察

特徴をまとめると、、、

  • 若年期保険料はまあまあ安い
  • 若年期~高齢期にかけての値上がりが大きめ
  • 他社と比べると平均的な保険料

保険料はまあまあ安いが、値上がり幅が大きめ

まずは日本ペットプラスの保険料が、どのように変化していくのかを見てみましょう。

【日本ペットプラス】プラン別猫の月額保険料

保険料は3歳まで値下がりし、それ以降は徐々に上がるタイプの「谷型保険料」となっています
若年期の保険料は確かに安いのですが、毎年保険料が上がる点に加えて、6歳~10歳の保険料の大きな値上がりがネックになってきます。
※6~10歳でほぼ2倍の保険料に上がります

続いて他社と比べて、保険料が安いのかどうかを見てみましょう。

他社と比べると平均的な保険料

それでは他の保険会社と比べると、日本ペットプラスの保険料はどうなのでしょうか?
保険料を比べる際は、若年期~高齢期までの合計保険料を比べるのが鉄則です。
※中には途中から急激に高くなる保険もあるためです。

早速見ていきましょう!

0~16歳までの猫の合計保険料【安さ重視プラン】

※0歳~16歳の17年間の分割契約での合計の保険料
※保険料が途中非公開の会社は電話にて聞いた金額で計算

※各社「通院・入院・手術」対応、免責なし安さ重視プラン(50%中心)で比較
※ペッツベスト、プリズムコールのみ補償率は違います。
※ペッツベスト、イオンのみ免責金額あり。

※限度額、回数制限などは各社それぞれです。

見ていただくと分かるように、日本ペットプラスの合計保険料は14社中5位という結果になっています。
安いと言えば安いのですが、トップクラスに安いというわけではありませんね。
単純な安さ比較をすると「ペッツベスト」「SBI」「PS保険」「FPC」がより上をいきます

また、上記グラフには出ていませんが、日本ペットプラスは16歳以降も毎年値上がりがあるため、猫が高齢化した場合の保険料は若干不安と言えるかもしれません。

上記グラフだけだと、毎月かかる平均の保険料がいくら程度か分かりづらいため、平均保険料をグラフにしてみました。

17年間の猫の月額平均保険料【安さ重視プラン】

※0歳~16歳の17年間の分割契約での合計の保険料で計算
※保険料が途中非公開の会社は電話にて聞いた金額で計算

※各社「通院・入院・手術」対応、免責なし安さ重視プラン(50%中心)で比較
※ペッツベスト、プリズムコールのみ補償率は違います。
※ペッツベスト、イオンのみ免責金額あり。

※限度額、回数制限などは各社それぞれです。

日本ペットプラスは毎月当たり2,300円程度の保険料支払いになります。
安いと言えば安いのですが、やはり2,000円を下回る「ペッツベスト」や「SBI」の方が頭一つ抜けて安い印象は否めません

 

日本ペットプラスの補償内容を考察

特徴をまとめると、、、

  • 年間限度型の補償タイプが嬉しい!
  • 年間最大補償額は平均的
  • 最大90%の補償率を選べる
  • 20歳以降の保険継続はできない
  • 限度額いっぱいまで使うと、その時点で契約終了になる
  • 契約更新時の対応は良い

【日本ペットプラス】プラン別猫の補償内容

  補償率 補償額 免責金額
プラチナ
(総合保険)
50%
70%
90%
年間50万円まで
年間70万円まで
年間90万円まで
なし
ゴールド
(通院のみ保険)
50%
70%
90%
年間50万円まで
年間70万円まで
年間90万円まで
なし
パール
(手術のみ保険)
70% 年間30万円まで なし

年間限度型の補償タイプが嬉しい!

ペット保険の補償限度額は2つのタイプ分けをすることができます。

  • 1日限度型:1日に使える請求限度額と年間の請求回数が設定されている保険
    →「通院は1日1万円×年20日まで、入院は~、手術は~」といったタイプ
  • 年間限度型:年間の請求限度額のみ設定されている保険
    →「通院・入院・手術、年間50万円まで補償」といったタイプ

使い勝手が良いのは「年間限度型」です。
日本ペットプラスは嬉しいことに、年間限度型の補償内容となっているので心強いです。

高額な手術や、皮膚病などで通院が多くなったりしても、限度額までは補償をしっかりと受けることができるのは嬉しいポイントですね!

年間最大補償額は平均的

年間最大補償額とは、保険を最大限に活用した場合、いくらまで保険金が下りるのかという数値です。
日本ペットプラスのプラチナ50%プランの場合は、50万円が限度額で、この金額は平均的な部類になります。
ただ、限度額いっぱいまで保険を使うこと自体まれなため、あまり気にする必要はないでしょう。

最大90%の補償率を選べる

日本ペットプラスの他社との大きな違いの一つに、「90%補償プラン」が選べる点があります
基本的にはペット保険は50%、70%プランが多いため、より手厚い補償を受けたい方には90%プランはおすすめの選択肢になります。

高額な手術などにかかった場合でも、ほとんどの金額が保険会社負担になるため、安心して治療を受けることができます♪
※もちろん保険料はかなり高くなります。

20歳以降の保険継続はできない

日本ペットプラスは終身契約ではないため、20歳を超えると、保険の継続ができません。
ただ、20歳まで生きる猫は多くはないため、この点はさほど心配する必要はありません
※もちろん長生きしてくれたら嬉しいですけどね!

限度額いっぱいまで使うと、その時点で契約終了になる

プランによって年間の限度額は違いますが、日本ペットプラスはその年の限度額いっぱいまで保険金の請求を行うと、その時点で契約が失効になります
この点を知らずに保険金請求を行っていくと、自動で契約終了になるため気をつける必要がありますね。

契約更新時の対応は良い

基本的にペット保険は、どの会社も無制限に保険金を支払うことを避けるためのリスク回避の条文を規約に盛り込んでいます。

日本ペットプラスの場合、現時点では慢性疾患などにかかっても、次年度の契約からその病気を補償の対象外にすることなどはありません。
ただ、経営状況が傾いた場合などは、こういった対応も変更する可能性はあります

この点はトラブルになりやすいので、事前に注意が必要と言えます

 

日本ペットプラスのサービス面はどうなの?

特徴をまとめると、、、

  • 割引制度が豊富!
  • ペット賠償責任特約

割引制度が豊富!

日本ペットプラスは4つの割引制度があります。

  • WEB割引:(初年度のみ5%OFF)
  • 多頭割引:(1頭につき:900円OFF)
  • 無事故割引:(次年度5%OFF)
  • マイクロチップ割引:(600円OFF)

このように、定番のWEB割引をはじめとして、様々な割引制度が付いています。
猫を飼ってる方は多頭飼いをしているお家が多いため、この点は嬉しいですね。
実際に割引制度をうまく活用できれば、かなりお得なことは間違いなしです!

ペット賠償責任特約

ペット賠償責任特約とは、ペットが他人を噛んで怪我させたり、他人の持っているバッグなどを壊してしまった場合に、保証金が出るという特約(オプション)です。

日本ペットプラスは猫の場合、毎月80円をプラスすることで、賠償責任特約を付けることができます。
ただ、個人的には、猫の場合ペット賠償責任特約は必要のないオプションだと考えています

 

日本ペットプラスの口コミ・評判は?

やっぱり実際に日本ペットプラスに入って、使っている人たちの意見は気になるものです。
楽天人気ランキング1位を獲得したこともある、日本ペットプラスの評判はどうなのでしょうか?

入った理由は?

  1. 通院の回数制限や年間の限度額設定がないから
  2. 保険料と補償のバランスが良いから
  3. 90%補償の保険があったから

改善して欲しいと思う点は?

  1. 毎年保険料が上がるのが不安
  2. 窓口精算に対応して欲しい
  3. 保険金支払いが思ってたよりも遅かった

日本ペットプラスに入った感想は?

良い評判(口コミ・評価):
  • 大手の保険と比べても、保険料が低く、補償もかなり良かった。
  • 保険料が6歳までは安い。また、使わなかった場合の無事故割引も嬉しい。
  • これがダメとなるのが少なく、通年での補償限度額だから安心できる。
悪い評判(口コミ・評価):
  • 毎年保険料が上がるのに加えて、6歳以降の値上がりが大きいと思う。
  • 待機期間中に皮膚疾患にかかったところ、他の病気でも皮膚疾患由来と言われ、保険金が下りなかった。
  • 思ってたよりも保険金が支払われるまでに時間がかかった。

口コミを見るとメリットとして「限度額の制限が通年単位」「保険料と補償のバランスが良いこと」の2つを好意的に挙げる声が多かったです。
一方デメリットとしては、「6歳以降の保険料の値上がり」などの声が比較的多かったです。

 

まとめ:結局日本ペットプラスはおすすめなの?

日本ペットプラスは、それなりの保険料ながら、まあまあの補償が付いているペット保険です。
ただ、日本ペットプラス以上に保険料が安くて、補償内容が同じ保険も50%・70%補償保険にはあるため、そちらを考えてみるのもありでしょう。

一方90%補償プランは日本ペットプラスのみのため、補償が手厚い保険を探している方は、保険料の値上がりを理解した上で、加入することをおすすめします。

リーズナブルなおすすめ保険はどれ?

安くて素晴らしい保険はありませんが、安くても十分な補償がついている保険はあります。こちらのページではそんなリーズナブルな保険を紹介しています。

安い猫のペット保険おすすめはこの2社!保険料だけに騙されないで!

2018.06.06

スポンサーリンク