ペットショップでおすすめされるペット保険って実際どうなの?

ペットショップでは新しい子をお渡しする際に、ペット保険の案内も行います。
今回はそんなペットショップでの保険加入は実際どうなのか?
現在ペットショップで保険募集をしている管理人が、ペットショップでの保険加入に関して感じることを紹介していきます。

 

スポンサーリンク



ペットショップの保険募集人として

現在管理人はペットショップで勤めながら、当サイト「ネコワラ!」の運営を行っています。
勤め先のペットショップでは新しい犬猫のお渡し時に、アニコム損保の案内をしており、実際に私もアニコムの募集人資格を持っています

案内をしていて実際に感じることとして、ペットショップで保険を一緒に申し込まれる方はかなり多いということです。
管理人のいるショップでは、お客様の60%ほどがペット保険に加入されていきます。

それではこういったペットショップでの保険加入は、実際のところどうなのか?(おすすめできるのか?)を保険募集人というプロ目線から解説していきます

猫にペット保険は必要?不要?メリットとデメリットを紹介!

2017.12.07

 

ペットショップでペット保険に入るメリットは?

まずはペットショップで保険に加入することのメリットを紹介していきます。

  • 最初の1カ月は100%補償
  • 待機時間なしで保険に加入できる
  • 手続きがとても楽

最初の1カ月は100%補償

保険の内容にもよりますが、ペットショップの保険のプランの多くは、加入日から1カ月は100%の補償が付いています
どういうことかというと、限度額などの縛りはあるものの、「通院・入院・手術」全てかかった金額の100%が飼い主に返ってくるということですね。

これはかなり大きな特典です。
ネットからペット保険に加入する場合、この100%補償をやっているプランはほとんどありません
※通常の100%補償プランは、「PS保険」と「プリズムコール」の2つがあります。

100%補償のおすすめペット保険はこれ!自己負担0円に潜む注意も

2018.02.20

実際新しく犬や猫を迎えてから、1カ月の間は環境の変化などからストレスを感じ、風邪や病気を発症するケースは多いです。
そういった点を考慮すると、この特典はかなり大きなメリットです。

 

待機時間なしで保険に加入できる

ペットショップで保険に入る場合、待機時間なしで加入することができます。

待期期間とは?
待期期間とは、ペット保険加入後、保険適用ができるようになるまでの準備期間のことです。
通常ペット保険は審査に通ってから、15~30日ほどの待期期間を設けている会社が多いです。
この期間内に風邪や病気になっても、保険料は返ってきません。

ネット経由でのペット保険申込では、大抵の会社では待期期間があります
そういった待期期間なしでペット保険に加入することができるのも、ペットショップで保険に加入する魅力の一つと言えます。

【待機期間とは】ペット保険が使えない準備期間について

2018.01.16

 

手続きがとても楽

ペットショップで保険に加入する場合、手続きはとても楽です。
募集人が手続きなどの、めんどくさい作業を全てしてくれるためです。

飼い主さんがやることと言ったら、書類やパソコンに必要事項を記載するくらいのものです。
めんどくさい書類の送付や保険会社とのやり取りなどは、ペットショップ側がしてくれるのです。
手続きが楽なのも、ペットショップで保険に加入することのメリットの一つと言えるでしょう。

 

ペットショップでペット保険に入るデメリットは?

メリットがあれば、デメリットも当然あります。
それではペットショップで保険に加入することは、どんなデメリットがあるのでしょうか?

  • ペット保険のプランが決まっている
  • ペットショップ店員のセールスに影響される

ペット保険のプランが決まっている

ペットショップで保険に加入することのデメリットの1つは、「加入できる保険会社が決まっている」ということです。

ペットショップではその店によって、案内しているペット保険が決まっています
大抵の場合1つの保険の案内しかなく、多くても2つの保険といったところでしょう。

特にペットショップでの案内が多い保険会社は、下の2つです。

  • アニコム損保
  • アイペット損保

「アニコム損保」「アイペット損保」どちらの会社も、対応病院で窓口清算ができるという大きなメリットがありますが、同時に保険料の高さでも有名です。

このように保険は会社によって、「保険料が高いが窓口清算ができる」「保険料が安いが補償条件が厳しい」など、様々な違いがあります。
ペット保険をよく比較検討した上で申し込みたい場合は、ペットショップの保険に加入するのは待った方が良いかもしれません

窓口精算できるペット保険比較!おすすめはどれ?

2018.03.01

 

ペットショップ店員のセールスに影響される

ペットショップ経由での保険申込の際には、スタッフの話を聞くことができます。
彼らは実際にペットを飼っている人が多く、実体験でペット保険がどのように役立つかを聞けるという点では、メリットと言えるかもしれません

ただ正直な話、ペットショップ店員の保険に対しての説明はデメリットの方が大きいでしょう。
なぜかというと、ペットショップ店員は当然、取り扱っているペット保険の加入を勧めてくるからです。

ペットショップ店員はあくまで、ペットショップに雇われている一人の営業マンなので、当然と言えば当然ですよね。
そのため、自分に合ったプランを冷静に比較して決めたい場合は、ペットショップで保険に加入してしまうのは一旦待った方が良いかもしれないです。

ペットショップがペット保険を案内する理由は?
ペットショップが保険を案内するのは、紹介料を得られること以外に「お渡し後のトラブル防止」という目的もあります。
新しく猫を迎えた方の中には、迎えた後に風邪になったり、病気を発症した場合、「ペットショップが隠していた」と考える人がいます。
そういった時に保険に加入していれば、「ペットショップが悪い」ではなく「ペット保険に入っておいて良かった」という考えになるのです。

 

スポンサーリンク

ペットショップでペット保険に加入するのって実際どうなの?

ここまでペットショップ経由での保険加入に関して、メリット・デメリットを紹介してきました。
それでは実際のところ、ペットショップ経由で保険を申し込むのはどうなのでしょうか?

個人的にはペットショップで保険に加入することに対して、2つの意見があります。

  • ペット保険を比較して選びたい場合、ペットショップでの保険加入はおすすめできない
  • 何でもいいからペット保険に入りたい場合、ペットショップでの保険加入はおすすめ

このような考えに至った理由をお話ししていきます。

ペット保険を比較して選びたい場合、ペットショップでの保険加入はおすすめできない

まず実際のところ、ペットショップ経由でのお申込みのメリット2つ、「加入1カ月は100%補償」「待期期間なしで使える」はかなり大きいです。

新しく家にやってきた子猫は、ストレスから風邪や病気になる割合が高いです。
そうした場合に保険に加入していれば、100%補償などから自己負担なしで病院にかかることができます。

ただペットショップで保険に加入すると、途中解約やプランの比較が面倒になり、大抵はずっと同じプランを続けることになってしまうでしょう
ペット保険は「保険料が高いが補償が手厚いもの」、逆に「保険料が安く補償内容が薄いもの」など様々な特徴のプランがあるのに、ペットショップ経由で加入できるプランは1つか2つほどです。

だからこそ、自分に合ったものを選びたいというのであれば、とりあえずで加入しておくのはあまりおすすめできない
のです。
※もちろん途中でプランの解約や比較をできるというのであれば、一時的に加入するのはおすすめです。

 

何でもいいからペット保険に入りたい場合、ペットショップでの保険加入はおすすめ

保険に加入しようと思っており、「プラン選びとか面倒だから何でもいい。」という方は、ペットショップで保険に加入されるのがおすすめです。
実際ペット保険を比較検討するのは、なかなか骨が折れます。

資料を取り寄せて、保険料を見合わせて、補償内容を比較するというのは中々面倒です。
こういった比較が面倒で何でもいいというのであれば、手続きも楽ですし、ペットショップで保険に加入するのはアリでしょう

ペットショップとペット保険の関係性
ペット保険業界のシェアは現在、アニコム損保が60%、アイペット損保が20%ほど、そして残りの20%ほどの中に残りの会社がひしめき合っているという状況です。
実はそんな業界トップのアニコム損保の新規契約の80%近くは、ペットショップでの申込なのです。(参考:アニコム調査レポート【2017年8月17日】

こうして考えると、ペットショップ業界とペット保険業界はとても密接に関係していると言うことが分かります。
この件に関して、詳しくはこちらからどうぞ。

【ペット保険のシェア】業界トップはどの会社?その驚きの理由とは

2018.01.06

 

まとめ

ペットショップで保険に加入すると大きなメリットが2つ付いてきます。
ただペット保険をしっかりと比較検討した上で加入したいという場合、ペットショップで保険に入るのはあまりおすすめできません
時間のある時に、冷静に保険のプランを比較するのがおすすめです。

リーズナブルなおすすめ保険はどれ?

安くて素晴らしい保険はありませんが、安くても十分な補償がついている保険はあります。こちらのページではそんなリーズナブルな保険を紹介しています。

安い猫のペット保険おすすめはこの2社!保険料だけに騙されないで!

2018.06.06

スポンサーリンク