異物誤飲・歯科治療・猫エイズ・FIPを保障してくれるペット保険はどこ?

基本的にどのペット保険も、「保険の対象となる項目」「対象とならない項目」は同じです。
ただ、異物誤飲や歯科治療など、会社によって補償の可否が分かれる部分もあります。
今回はそんな補償の可否が分かれる項目について、詳しく調査していきます。

【実体験】愛猫の治療に40万円かかった話

管理人は愛猫わたげの膀胱結石治療に、40万円の治療費を払いました。
わたげの闘病体験を通して、ペット保険の必要性について、一度見つめ直してみませんか?

【診療費40万円】愛猫が膀胱結石になり、ペット保険の重要性を痛感した話

2018.11.13

 

スポンサーリンク



会社によって差がある補償項目

犬の場合、会社によって支払いの可否が異なる項目はかなり多いです。
ただ、猫の場合はそれほど多くなく、確認すべき項目は主に4つになります

  • 異物誤飲
  • 歯科治療
  • 猫エイズ(猫後天性免疫不全症候群)
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)

上記4つは保険会社によって、対応の可否が分かれる項目なので、加入予定の会社が対応してるかどうかは確認しておきましょう。
順番に確認していきます。

異物誤飲を補償してくれるペット保険

猫はひもやお菓子の包み紙など小さなもので遊んでいる際に、そのまま口にして飲み込んでしまうことがあります。
異物誤飲は特に子猫のときに多く、消化器などに詰まってしまうと、腸閉塞などの原因にもなるため、実はかなり危険だったりします

主な対策としては、まず猫の口に入りそうなものをなるべく生活環境から片づけることが大切です。
ただ、どんなに対策をしても、猫は予測できないところや考えてもみなかった行動を取ることがあるのも事実です。

もし異物誤飲をしてしまうと、何を飲んだかや状況にもよりますが、獣医さんの元へ行くことになるでしょう。
場合によっては、レントゲンを撮ったり、外科手術が必要になるケースもあります

そして意外かもしれませんが、異物誤飲は会社によって補償の可否が分かれます。

  補償 備考
アニコム 約款に明記
アイペット 約款に明記
アクサ 支払事例に記載
ペット&ファミリー 支払事例に記載
PS保険 支払事例に記載
FPC 約款に明記
ペッツベスト お見舞い金として
5千~2万円が支払われる
日本ペットプラス 支払事例に記載
あんしんペット
(楽天)
支払事例に記載
au損保 約款に明記
eペット 約款に明記
プリズムコール 支払事例に記載
SBI 支払事例に記載

異物誤飲は基本的にペッツベスト以外は補償されるようですね。
※ただ、全てのペット保険には約款などに「飼い主の重大な過失による傷病は補償の対象外」という一文が添えられているため、状況によっては保険金が出ない可能性も考えられます

この点に関しては、実際に請求する段階になってみないと何とも言えないですね。

猫の舌は異物誤飲しやすい?

猫の舌はザラザラしているため、口に含んだものをそのまま飲み込んでしまいやすいです。
そのため、猫を飼ってる方は普段から生活環境内に、誤飲につながりそうなものをかたづけておくようにしましょう。

 

歯科治療を補償してくれるペット保険

基本的にどのペット保険であっても、ワクチン接種など、いわゆる予防行為などは補償の対象外になります。
この例に漏れず、歯石取りなども健康な状態で行われると、「歯周病予防」という名目になるため、補償対象外になります

ただ、歯科治療は「傷病の治療目的」によって行われた場合に、会社によっては保険金が支払われる場合もあります
逆に治療目的によって行われた歯科治療であっても、一切保険金が出ない会社もあるため、その分類をここでしていきます。

  補償 備考
アニコム 治療目的の場合、
保険の対象
アイペット 治療目的の場合、
保険の対象
アクサ × 対象外と明記
ペット&ファミリー 治療目的の場合、
保険の対象
PS保険 治療目的の場合、
保険の対象
FPC 治療目的の場合、
保険の対象
ペッツベスト × 対象外と明記
日本ペットプラス 基本的に対象外
薬の投与などは、
保険出る可能性あり
あんしんペット
(楽天)
× 対象外と明記
au損保 × 対象外と明記
eペット 治療目的の場合、
保険の対象
プリズムコール × 対象外と明記
SBI ケガ治療目的の場合のみ、
保険の対象

このように、歯科治療に関しては、かなり会社によって違いが出てきます。
普段からウエットフードを食べていて、歯磨きをしていない猫はかなりの確率で歯周病になるため、気を付けた方が良いでしょう。

3歳以上の猫の80%は歯周病!?

驚くべきことに、3歳以上の猫の80%は歯周病だと言われています。
もちろん、治療が必要ないレベルのケースもあるでしょうが、放っておくと悪化することは間違いないでしょう。
だからこそ歯科治療に関しても、トラブルにならないように、各社の対応を確認しておく必要がありますね。

80%の猫は歯周病!気になる治療費や症状、予防方法は?

2016.08.14

 

猫エイズを補償してくれるペット保険

猫エイズとは、「猫免疫不全ウイルス症候群」のことです。
猫エイズも人間のエイズと同じく、潜伏期が終わり本格発症すると、一気に免疫力が低下し、様々な病気にかかりやすくなってしまいます。

そのため猫エイズのキャリア(潜伏猫)だったりすると、そもそも保険に加入できなかったり、保険会社によっては、保険加入後の発祥であっても補償しないと明記している場合もあります

残念に思えるかもしれませんが、仕方ない側面もあります。
猫エイズ発症後はまず間違いなく病院に行く回数が激増するため、そのすべてを保障していたら、体力のない会社はすぐに潰れてしまうからです。

そんな猫にとって怖い病気の一つである猫エイズの各社の対応を見ていきましょう。

  補償 備考
アニコム 明記なし
アイペット 明記なし
アクサ × 対象外と明記
ペット&ファミリー × 対象外と明記
PS保険 明記なし
FPC 明記なし
ペッツベスト 保険金の限度額が設定される
(1万~2万円)
日本ペットプラス × 対象外と明記
あんしんペット
(楽天)
× 対象外と明記
au損保 × 対象外と明記
eペット 明記なし
プリズムコール × 対象外と明記
SBI × 対象外と明記

このように、後天的に発症した場合、保険が使えなくなるケースが大半です。
この点についてはあらかじめ理解が必要だと言えるでしょう。

【キャリア猫との過ごし方】猫エイズの原因と症状、治療方法とは

2016.12.09

 

猫伝染性腹膜炎(FIP)を補償してくれるペット保険

猫伝染性腹膜炎(FIP)は、一度発症してしまうと、ほぼ助かる見込みのない恐ろしい病気です。
原因となるのは、猫コロナウイルスという大半の猫が持っているウイルスなのです。
この猫コロナウイルスが何らかのきっかけで、FIPウイルスへと突然変異をすることがあるのです。

FIPは一般に、生後1年以内の子猫や年を取った猫が発症しやすいと言われています
更に恐ろしいことに、現在はまだワクチンなどがなく、対策が困難な猫の病気の一つです。

そんなFIPの対応も保険会社によって分かれます。

  補償 備考
アニコム 明記なし
アイペット 明記なし
アクサ × 対象外と明記
ペット&ファミリー 明記なし
PS保険 明記なし
FPC 明記なし
ペッツベスト 保険金の限度額が
設定される

(1万~2万円)
日本ペットプラス 明記なし
あんしんペット
(楽天)
明記なし
au損保 × 対象外と明記
eペット 明記なし
プリズムコール 明記なし
SBI 明記なし

このように、多くの保険は特に保障対象外と記載がないため、対応してくれますが、中には対象外と明記している会社もあるため、注意が必要と言えます。

猫伝染性腹膜炎(FIP)の原因と症状、余命や予防対策とは

2016.12.12
猫白血病ウイルス感染症を保障してくれるペット保険は?

猫白血病ウイルスに関しても調べたのですが、結果から言うと、全ての会社が保障対象外でした。
猫白血病ウイルス感染症を発症すると、風邪の日和見感染などが増えるため、ペット保険としても扱いが難しくなるということでしょう。

【猫白血病まとめ!】感染原因と症状、多頭飼いの可否や治療方法とは

2016.12.18

 

まとめ:会社ごとの対応は確認しよう!

ペット保険は去勢・避妊が対象外など、多くの部分でその補償項目が一致しています。
ただ、今回挙げた傷病などのように、会社によって対応が異なる部分も少なからずあります。

補償対象外項目などは、普段あまり目にしない「約款」というペット保険のルールブックのようなものに記載があります。
自分が入る予定のペット保険だけでも良いので、約款を確認することをおすすめします。

【実体験】愛猫の治療に40万円かかった話

管理人は愛猫わたげの膀胱結石治療に、40万円の治療費を払いました。
わたげの闘病体験を通して、ペット保険の必要性について、一度見つめ直してみませんか?

【診療費40万円】愛猫が膀胱結石になり、ペット保険の重要性を痛感した話

2018.11.13
おすすめの猫保険はどれ?

安くて素晴らしい保険はありませんが、安くても十分な補償がついている保険はあります。こちらのページでは徹底比較によって分かった、バランスの良い猫の保険を紹介しています。

【猫のペット保険比較ランキング!】猫保険のおすすめはこれだ!

2018.08.28

スポンサーリンク


いつかペット保険に入ろうと考えているあなたへ

 

その「いつか」は永遠に来ません。
ペット保険は今入るか、一生入れないかのどちらかです。

断言しても良いですが、気付いた時には愛猫は病気になり、ペット保険の審査には落ち、猫の高額な治療費に悩まされることになります。

何を隠そう、管理人が正にそうだからです。
もし管理人のように猫の治療費に40万円を支払いたくないなら、8分だけ時間を取ってこの記事をお読みください。



猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!