【猫限定ペット保険評価】アクサダイレクトの評判や保険料は?

このページではペット保険のアクサダイレクトを調べ、猫を飼ってる場合、おすすめの保険かどうかを考察しています。

自動車保険で有名な外資系保険会社、アクサダイレクト。
そんなアクサはペット保険も展開していますが、自動車保険に比べるとそれほど有名ではないです。
そこで今回はアクサが実際どんなペット保険を出してるのか、猫を飼ってる方におすすめかどうかなどを調べていきます。

 

スポンサーリンク



アクサダイレクト・ペット保険の総合評価


※純血種50%プラン比較

アクサの特徴まとめ!

  • 保険料は平均的で、プランもシンプル
  • 年間限度型の補償は良い
  • 契約更新時の対応には要注意!
  • 24時間365日無料の獣医師相談サービスが魅力的

 

アクサの保険プランを整理しよう

アクサの保険プランはシンプルで分かりやすいです。
他社のプランと違うのは、契約する猫が純血種なのか、雑種なのかで料金が変わる点です。
この違いを含めると、猫の場合4つのプランがあります。

  補償額 免責金額
純血種50%
(総合保険)
年間50万円まで なし
純血種70%
(総合保険)
年間70万円まで なし
雑種50%
(総合保険)
年間50万円まで なし
雑種70%
(総合保険)
年間70万円まで なし

どのプランでも免責金額などはついておらず、「通院・入院・手術」の基本3項目が全て補償対象となります
プランが分かりやすいのは、それだけで嬉しいですよね。

 

アクサダイレクトの保険料を考察

特徴をまとめると、、、

  • アクサダイレクトの保険料は平均的で、値上がり幅は少し大きい
  • アクサのプランは純血種と雑種で保険料が異なる
  • 割引制度は「WEB割引(初年度のみ)」「マイクロチップ割引」の2つ

アクサの保険料の値上がり幅は少し大きい

まず、アクサは純血種と雑種(MIX)によって、保険料が異なります
雑種の方が身体が強い子が多いため保険料は安く、純血種の方が身体が弱い子が多いため保険料は高いです。

他のペット保険は、純血種と雑種全て同じ料金なので、この点はアクサの特徴の一つと言えるでしょう。
さて、まずはアクサの4つのプランがどのような保険料なのか見ていきましょう。

【アクサダイレクト】プラン別月額保険料

アクサはどのプランも12歳を境に保険料が下がり、14歳以降は一定の保険料となるのが特徴です。
保険料は0歳~15歳ごろまでにおよそ2倍近くになるため、値上がり幅は若干大きいと言えます。
実は高齢になってから保険料が下がるのには、ひとつの理由(落とし穴)があるのですが、これは大切なポイントのため後述しています。

続いて、他社のプランと料金を比較していきましょう。

アクサの保険料は他社と比べて平均的

他の保険会社と比べると、アクサの保険料はどうなのでしょうか?
保険料を比べる際は、若年期~高齢期までの合計保険料を比べるのが鉄則です。
※中には途中から急激に高くなる保険もあるためです。

早速見ていきましょう!

0~16歳までの猫の合計保険料【安さ重視プラン】

※0歳~16歳の17年間の分割契約での合計の保険料
※保険料が途中非公開の会社は電話にて聞いた金額で計算

※各社「通院・入院・手術」対応、免責なし安さ重視プラン(50%中心)で比較
※ペッツベスト、プリズムコールのみ補償率は違います。
※ペッツベスト、イオンのみ免責金額あり。

※限度額、回数制限などは各社それぞれです。

このように、雑種料金か純血種料金にするかで違いが出てきます。
雑種の場合、14社中4位とかなり安い分類になります。
一方純血種の場合、14社中8位と平均的な分類になります。

どちらもピカイチで安いわけではありませんが、雑種料金の場合、かなり安いと言えるでしょう。
ただ、上記グラフだけだと、毎月いくら位の保険料が必要になるか分かりづらいため、ひと月あたりの平均保険料もグラフにしてみました。

17年間の猫の月額平均保険料【安さ重視プラン】

※0歳~16歳の17年間の分割契約での合計の保険料で計算
※保険料が途中非公開の会社は電話にて聞いた金額で計算

※各社「通院・入院・手術」対応、免責なし安さ重視プラン(50%中心)で比較
※ペッツベスト、プリズムコールのみ補償率は違います。
※ペッツベスト、イオンのみ免責金額あり。

※限度額、回数制限などは各社それぞれです。

雑種の場合、毎月2,115円。
純血種の場合、毎月2,512円となります。
この金額だけを見ると、それほど高くないので、続けていける感じがしますね!

割引制度は何かあるの?

アクサの割引制度は2つあります。

★WEB割引

WEBから申込みをすることで、初年度のみ3000円の割引になります。
※クレジット支払い限定特典です

★マイクロチップ割引

猫にマイクロチップを装着してAIPOへ登録することで、毎月30~100円程度の割引が受けられます。
ただ他のマイクロチップ登録システムではだめで、あくまでAIPOへの登録が必要となります。

もしアクサを契約するのであれば、上記2つの割引制度はおすすめです。

 

アクサダイレクトの補償内容を考察

特徴をまとめると、、、

  • 純血種と雑種、補償内容は同じ
  • 補償内容はおすすめの年間限度
  • 契約更新時の対応は注意が必要

アクサの保険料はまあまあと言うことが分かりましたが、保険料だけでなく、補償内容も重要です。
アクサの補償内容は以下の通りです。

  補償額 免責金額
純血種50%
(総合保険)
年間50万円まで なし
純血種70%
(総合保険)
年間70万円まで なし
雑種50%
(総合保険)
年間50万円まで なし
雑種70%
(総合保険)
年間70万円まで なし

アクサのプランは補償内容が同じ

アクサのプランはとてもシンプルで分かりやすいです。
純血種・雑種などで、「何が保障されて、何が保障されない」などの違いはないため、理解しやすいです。
ザックリ説明すると、通院・入院・手術全て補償されて、年間に使える保険金額のみ異なるということですね。(※50%プラン・70%プランの違い)

年間限度型の補償タイプが嬉しい!

ペット保険の補償内容は、「1日限度型」と「年間限度型」の2つで分けられます。
1日限度型とは、1日に使える限度額と年間の保険金請求できる回数が限定されている保険です。
年間限度型とは、1日の縛りや限度回数などがなく、年間の補償総額のみ設定されている保険です。

使い勝手が良くおすすめなのは年間限度型で、アクサダイレクトも年間限度型の補償内容となっています
1日限度型と違って、シンプルな補償内容となっているのも嬉しい点です。

契約更新時の対応に要注意!

基本的にペット保険は、どの会社も無制限に保険金を支払うことを避けるためのリスク回避の条文を規約に盛り込んでいます。

アクサダイレクトの場合、契約更新の際に審査が行われ、その結果によっては契約の更新を断られたり、特定の病気を補償対象外にされることがあります
この点はトラブルになりやすい部分なので、注意が必要と言えます。

ちなみに猫の場合、慢性腎不全などの慢性疾患の対応はとても大切になるため、この点は大きなマイナスと言えるでしょう。

終身保険かどうか?

アクサダイレクトは終身保険です。

 

アクサダイレクトのサービス面はどうなの?

特徴をまとめると、、、

  • 24時間365日対応の獣医師相談サービスがある
  • 必要であればペット賠償責任特約を付けることができる

ここまでアクサの保険料や補償内容を調べてきましたが、目に見えにくい部分「サービス面」はどうなのでしょうか?

24時間365日獣医師相談サービス

アクサの契約者であれば、いつでも獣医に電話で健康相談などをすることができます。
このサービスはかなりおすすめで、ちょっとしたセカンドオピニオンや病院に連れて行くべきかの判断を仰いだり、しつけ相談などもすることができます

熟練した飼い主さんにはともかく、飼い始めの慣れていない方には大きなアピールポイントではないでしょうか。
予約制などではなく、いつでも気軽に使うことができるのも嬉しいですね。

ペット賠償責任特約(示談交渉付き)

ペット賠償責任特約とは、ペットが他人を噛んで怪我させたり、他人の持っているバッグなどを壊してしまった場合に、保証金が出るという特約(オプション)です。

アクサの場合、1事故につき1000万円まで保証金がでます。
追加保険料は月70円か、年740円となっていますが、任意性の為つけなくても問題ありません。

個人的に猫を飼っている場合には、つける必要のないサービスだと考えています
犬は散歩するため他人やよその犬との触れあいが多いですが、猫は室内飼いのためそういったケースは考えにくいですからね。

 

アクサダイレクトの評判(口コミ・評価)は?

猫を飼ってる方々のアクサへの主な口コミをまとめました。

良い評判(口コミ・評価):
  • 信頼できるブランドというのが大きかったです。
  • 年を取ってからの保険料の値上がりが少なく、一番バランスが良いと感じた。
  • サービス内容の説明が簡単だった。私にとって簡単であることが一番の魅力だった。(年間の限度額設定のみということ)
悪い評判(口コミ・評価):
  • 価格などは満足しているが、大手ということもあり、あまり評判が良くないのが心配。
  • うちの猫は皮膚が弱いため、かなりの病院代がかかりその際はアクサに助けられたが、更新の時には皮膚の補償が全くなくなりました。ペット保険としてどうかと思う。
  • 一度なってしまった病気の不担保追加が怖いため、他の保険に切り替えました。

アクサの口コミを見ると、メリットとしては、大手の安心感(名前を知っている会社)とわかりやすいプラン設定の2つが良く見られました

一方デメリットとしては、契約更新時の免責項目追加対応や、更新を断られることがあるということがほとんどでした。
アクサを契約する場合は、この点は肝に銘じておきたいところです。

 

まとめ:結局のところアクサダイレクトはおすすめなの?

アクサダイレクトは平均的な保険料で、まあまあ手厚い保険と言えます
保険料や補償内容のバランスを重視するのであれば、他にもっと良い保険はあります。(「SBI」や「FPC」など)
ただ、アクサを選ぶメリットは、「平均的な保険料・補償内容だけではなく、平均以上の知名度・サービス面などが同居していること」にあります。

注意点としては、何を置いても「契約更新時の対応」です。
実際にトラブルになった過去もあるため、この点は慎重に考慮する必要がありますね。
その点を除けば、比較的バランスの取れている保険と言えるでしょう。

もし「それなりの保険料でまあまあのペット保険に入りたい。ただ、できれば安心感のあるところ(大手)が良い」というのであれば、アクサダイレクトはおすすめの保険と言えるでしょう。

アクサはこんな人におすすめ!

  • まあまあの保険料で、契約者が多い大手の保険に加入したい方
  • 獣医師への無料相談サービスが魅力に感じる方
おすすめの猫保険はどれ?

安くて素晴らしい保険はありませんが、安くても十分な補償がついている保険はあります。こちらのページでは徹底比較によって分かった、バランスの良い猫の保険を紹介しています。

【猫のペット保険比較ランキング!】猫保険のおすすめはこれだ!

2018.08.28

スポンサーリンク




猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!