【猫のペット保険】失敗しないペット保険の選び方(2020年)

猫のペット保険はたくさんあるけれど、どれを選べばいいのか分からない、とお困りではないでしょうか。

このページでは、ペット保険選びに大切な3つのポイント」と、「実際に選ぶ手順」を分かりやすく解説しています。

掲載内容について
この記事は2020年12月1日時点で確認した内容を基に掲載しています。
保険商品の内容については公式HPをご確認いただけますようお願いいたします。

猫のペット保険は必要なのか?

そもそもペット保険は、突然のケガ・病気などで動物病院にかかった際の診療費を補償(※)するための制度です。
※補償とは、治療にかかった費用の一部を保険金として受け取れることを言います

保険金が支払われる仕組みとしては、保険会社が加入者から預かった保険料を元手に、必要とする加入者へ保険金が支払われるようになっています。

当然、保険金の支払い以外にも保険会社の管理費や手数料がかかるため、全体でみると必ず「支払った保険料」>「支払われる保険金」(※)になっています。
※ 収入保険料に対して支払った保険金の割合を損害率として、大手ペット保険会社の損害率は50〜60%程度となっています。

つまり、全体でみると損をする人の方が多いため、全ての診療費を貯蓄でやりくりできる自信がある方にはペット保険は不要と言えます。

では、どのくらいの貯蓄があれば安心なのでしょうか。

突然のケガ・病気で入院や手術が必要になったり、慢性疾患などで長期的な通院が必要になると、多い場合では100万円以上の治療費がかかることがあります。

「治療費を支払えなくて、ベストな医療を受けさせられない」ということにならないためにも、「医療貯金の積み立て」と「ペット保険加入の検討」をおすすめします。

また、ペット保険に加入していると、気軽に動物病院で診療を受けられるというメリットもあります。

ペット保険の保険料は高いイメージがありますが、実際には千円程度から始められるものや、補償範囲を限定して気になる部分だけカバーするプランを選ぶことで保険料を抑えることもできます。

【実体験】愛猫の治療に40万円かかった話

私は愛猫わたげの膀胱結石治療に、40万円の治療費を払いました。
わたげの闘病体験を通して、ペット保険の必要性について、一度見つめ直してみませんか?

【診療費40万円】愛猫が膀胱結石になり、ペット保険の重要性を痛感した話

保険選びに大切な3つのポイント

結論から言うと、猫のペット保険選びで大切な3つのポイントは「保険料」「補償内容」「更新時の対応」です。

保険選び3つのポイント

その1:値上がりが少ない

ペット保険の保険料は、高齢期に年齢と共に値上がりしていく傾向にあります

保険会社のHPやパンフレットを見ても、年齢が若いときの保険料が表示されていて、高齢期の保険料は分かりづらくなっていることがあります。

例えば、アイペット損保の総合補償プランは高齢期に保険料が高くなる傾向にあります。

【アイペット損保の保険料】

※実際の保険料は各社HPを確認してください。

基本的に、ペット保険は一度加入したら最後までお世話になるものです。

保険料が値上がりしてから他社への乗り換えを検討すると、年齢制限や健康状態により加入できる保険会社が限定されてしまう可能性があります。

だからこそ、高齢期の保険料の値上がりが少ないものを選ぶことが一つめのポイントになります。

具体的には、この後の「ペット保険の選び方」で保険各社の保険料をご紹介しています。

その2:補償内容が丁度良い

補償内容とは、治療を受けた際に補償を受けられる割合や、補償されるケガ・病気の種類のことを言います。

各社の補償内容には微妙な違いがあり、HPやパンフレットを見ただけでは分かりづらいものになっています。

補償内容で、特に確認しておきたいのが、「補償されるケガ・病気の種類」と「補償限度額・免責(自己負担)」です。

保険料が安いという理由だけで決めてしまうと、治療したケガ・病気が補償対象とならなかったり、自己負担が大きくなる可能性があります。

逆に、手厚い補償を求めすぎると、選べるプランの数が少なくなり、結果的に他社プランとの比較ができず割高な保険料になる可能性があります。

メジャーな補償内容にしておけば、数多くの保険会社の中から割安な保険プランを選ぶことができます。

だからこそ、比較できるプラン数が多く、補償内容も丁度良いプランを選ぶことが2つめのポイントになります。

具体的には「50%・70%補償割合の免責なし総合保険」が保険プランで最多の11社が提供しています。

その3:顧客対応が信頼できる

どのペット保険会社も、無制限な保険金の支払いを避けるために、約款や重要事項説明書に補償や契約更新についての制限を設定しています。

会社によっては、1年ごとの契約更新の際に、「特定の病気を補償対象外」にしたり、「契約更新自体を断る」ことがあります

猫の場合、高齢になると「慢性腎不全」などの泌尿器系の病気になりやすく、こういった病気は継続的な治療が必要になるため、契約更新時に補償の対象外になりやすいです。

また、保険に加入した後でサービス品質(保険金請求や問い合わせの対応)に不満があっても、乗り換えは簡単ではありません。

だからこそ、「契約更新時の対応」や「保険金請求の対応」が信頼できる保険会社を選ぶことが3つめのポイントになります。

具体的には、保険各社の約款や重要事項説明書に記載されている内容をよく確認して、補償される怪我・病気を正しく理解することが大切になります。

また、保険加入者の口コミや評判に注目することで、「契約更新時の対応」や「サービス品質」に問題がないか確認することができます。

ここまで紹介した、猫のペット保険選びに大切な3つのポイントを改めて確認してみましょう。

保険選び3箇条

  • 年齢による保険料の値上がりが少ない
  • 丁度いい補償内容
  • 契約更新時の対応が信頼できる

猫のペット保険の選び方

では、実際にペット保険はどのように選んでいけばよいでしょうか。
保険選びに大切な3つのポイントを盛り込んだ、猫のペット保険の選び方(5つの手順)をひとつずつ解説していきます。

  1. 愛猫の年齢と健康状態を確認しておく
  2. 補償される診療の範囲(通院・入院・手術)を選ぶ
  3. 補償内容(補償割合、ケガ・病気の種類)をチェックする
  4. 契約更新時の対応、サービスをチェックする
  5. 保険料が生涯を通して割安なものを選ぶ

1.愛猫の年齢と健康状態を確認しておく

愛猫の年齢や健康状態によって加入できる保険が少なくなり、特定の持病があると加入を断られてしまうことがあります。

特に、9歳以降は加入できる保険の数が半減するので、なるべく愛猫が若いうちからペット保険に加入されることをおすすめします。

【猫のペット保険】10歳以上でも入れるペット保険とおすすめを紹介

既往症や治療中の病気・ケガは補償の対象外

愛猫に現在治療中の病気・ケガや、既往症がある場合は新規加入のときに補償の対象外(不担保)になる可能性が高いです。
※既往症とは「今までにかかったことのある病気」のことです。

こういった場合、保険の新規加入時に不担保の条件が付くことや、過去の通院状況などから契約を断られることもあります

だからこそ、愛猫が健康なうちから保険に加入しておくことをおすすめします。

【猫のペット保険】持病があっても入れる可能性が高いペット保険

2.補償される診療の範囲を選ぶ

通院・入院・手術の全てが補償される総合保険が基本プランになりますが、中には通院のみ、手術のみ補償されるプランもあります。

保険の種類は、補償される診療の範囲(通院・入院・手術)と免責金額(※)によって、大きく3つに分けられます。
※免責金額とは、補償額から減額(自己負担)となる金額のことをいいます。

  1. 通院・入院・手術、全てが補償対象になる「免責なし総合保険」
  2. 免責金額が付くけど、保険料が安くなる「免責あり総合保険」
  3. 保険料が格安ながら、入院・手術のみ対象になる「手術特化保険」

「(1)免責なし総合保険」に対して、「(2)免責あり総合保険」と「(3)手術特化保険」は保険料が安くなることが特徴ですが、その反面、通院・入院費用の自己負担が多くなります。

例えば泌尿器系の疾患では、継続した通院による治療が必要になることが多いため、度重なる通院による診療費は高額になる可能性があることに注意が必要です。

ペット保険の「免責金額」って何?比較で分かった3つの特徴とは?

通院件数は全体の90%

通院補償は、最も使う機会の多いものです。
ペット保険最大手のアニコム損保は、通院補償について次のような結果を発表しています。

引用:アニコム損保

「通院・入院・手術」の中で通院件数が約90%と、かなり多くを占めていることが分かります。

ただし、入院や手術は通院に比べて一回あたりの診療費が高額になりやすいため、補償額で見た場合の結果は異なるでしょう。

通院のたびに保険金請求するのを面倒に感じる方は、利用頻度の少ない「手術特化保険」と「免責あり総合保険」も検討してみてはいかがでしょうか。

【猫のペット保険】入院・手術特化保険の特徴とおすすめプランを紹介(2020年)

総合保険と手術特化保険の組み合わせ

総合保険は通院・入院・手術が補償されますが、手術の補償内容は充分と言えるでしょうか。

総合保険の中には手術1回あたり10万円程度を限度額に設定されているプランがあるため、手術内容によっては自己負担が高額になる可能性があります。

例えば、アニコム損保では椎間板ヘルニアの手術費用15万円という請求例が紹介されています。
引用:アニコムHP

手術特化保険では50万円程度まで補償されるプランがありますが、総合保険に比べて手術の補償内容が充実しているプランが多いと言えます。

突然のケガ・病気で手術が必要になった場合でも、手術費用の自己負担額をなるべく少なくするために、「複数社の保険プランを掛け持ちする」という方法があります。

例えば、総合保険と手術特化保険のプランを組み合わせることで、各保険プランの手術補償を重複して受けられる場合があります(※)。
※ただし、かかった手術費用を超えて保険金が支払われることはありません。
※保険会社によっては重複契約ができない場合があります。

【猫のペット保険】複数加入のメリット・デメリットを分かりやすく解説

複数社の保険プランを掛け持ちした場合の保険料はどの程度になるのでしょうか。

例として、保険料が比較的安い「FPCの総合補償70%」と「日本ペットの手術補償70%」を組み合わせた場合、合計でかかる保険料の生涯平均(※)約3,660円となります。
※生涯平均は、0-15歳まで加入した場合にかかるひと月あたりの保険料としています。
※実際の保険料は保険各社に確認してください。

窓口精算ができるペット保険

保険金の支払い方法は2種類あり、多くの保険会社は郵送請求(※)となっています。
※診療を受けた領収書などを郵送で送り、保険金が後日振り込まれる方式をいいます。

一方、アニコムやアイペットの総合保険は、提携先病院(※)であれば窓口精算(保険金分の割引がされる)することができます。
※提携先病院はアニコム対応の病院アイペット対応の病院から検索できます


窓口精算できるペット保険比較!おすすめはどれ?

3.補償内容をチェックする

次に、補償される「ケガ・病気の範囲」と「補償割合(限度額・限度回数)」について見てみましょう。

最も多い補償割合は50%と70%ですが、中には80%・90%・100%補償の保険プランもあります。

補償割合が80%以上のプランは手厚い補償が特徴ですが、比較できるプランが少ない(※)ことや保険料が高くなることがデメリットの1つです。
※80%以上の免責なし総合補償プランを提供しているのは現時点で3社しかありません。(50・70%は11社)

【猫のペット保険】100%補償割合のペット保険を紹介

50%と70%補償はどちらを選べばいいのか?

突然の入院・手術などで治療費がかさんだ場合に、支払う余裕がどれくらいあるかが決め手になります。
※例えば、20万円の入院・手術費用が補償対象だった場合の自己負担は、50%補償では10万円、70%補償では6万円になります。

貯蓄に自信がない方は70%補償がおすすめです。

補償限度とは?

補償される金額は、補償割合と補償限度(限度額と限度回数)によって決まります。

例として、アニコム損保の「ふぁみりぃ50%総合補償」の補償内容をみてみましょう。

診療 補償限度額 補償限度回数
通院 1日1万円まで 年間20日まで
入院 1日1万円まで 年間20日まで
手術 1回10万円まで 年間2回まで

アニコムの例では、補償限度は「1日ごとの限度額」「年間の限度回数」が設定されています。

これらの限度額・限度回数を超えた治療費は全て自己負担になります。
※1回の手術で25万円かかった場合、補償されるのは10万円までになります。

次に、SBIの「スタンダード50%総合補償」の補償内容(年間限度型)をみてみましょう。

診療 補償限度額 補償限度回数
通院・入院・手術 合計で年間50万円まで 回数制限なし

年間限度型は、1日ごとの限度額や限度回数は設定されておらず、年間の上限額まで何度でも補償を受けられるものになります
※1回の手術で25万円かかった場合、50%全額の12.5万円が補償されます

使い勝手が良いのは「年間限度型」ですが、補償の手厚さにそれほどの違いはないのであまり気にしなくてもいいでしょう。

補償限度型でみる保険会社

【1日限度型】

  • アニコム損保
  • アイペット損保
  • FPC
  • PS保険
  • プリズムコール
  • イオン
  • 楽天
  • au損保

【年間限度型】

  • 日本ペット
  • アクサダイレクト
  • ペッツベスト
  • ペット&ファミリー
  • イーペット
  • SBI

【猫のペット保険】限度額と限度回数で見た補償内容の違いとは


補償されるケガ・病気の種類

保険会社や保険プランによって補償されるケガ・病気の範囲が異なります。

例えば、「先天性・遺伝性疾患」や「治療目的の歯科治療」は保険会社によって補償されるかどうかが別れます。

一部のケガ・病気について保険各社の補償範囲をみてみましょう。

ケガ・病気 補償される 補償されない
先天性・遺伝性疾患 アニコム、アイペット、ペット&ファミリー、プリズムコール PS保険、SBI
(治療目的の)歯科処置 アニコム、アイペット、ペット&ファミリー、PS保険、FPC、楽天、イーペット、イオン アクサ、ペッツベスト、日本ペット、au損保、プリズムコール、SBI
膝蓋骨脱臼(パテラ) アニコム、アイペット、ペット&ファミリー、PS保険、FPC、ペッツベスト、楽天、プリズムコール、イーペット 日本ペット、SBI
椎間板ヘルニア アニコム、アイペット、ペット&ファミリー、PS保険、FPC、ペッツベスト、楽天、日本ペット、イーペット SBI

※ 先天性・遺伝性疾患は種類によっても補償されるか異なることがあります
※ 補償有無が約款やHPに明記されているか、問い合わせ等で確認できた会社を記載しています
※ 詳細は各社HPや約款をご確認ください

表にある「補償されるケガ・病気」が多い保険会社をピックアップすると以下のようになります。

4項目:アニコム、アイペット、ペット&ファミリー
3項目:PS保険、FPC、楽天、イーペット
2項目:ペッツベスト、プリズムコール

やはり、大手3社は補償範囲が充実しています。また、保険料の手頃なPS保険やFPC、イーペットもそれなりの補償範囲と言えます。

愛猫のかかりやすいケガ・病気をチェックしよう

血統種は交雑種に比べて先天性・遺伝性疾患にかかりやすいと言われています。

愛猫のかかりやすいケガ・病気について一度調べてみることをおすすめします。
※残念ながら、既往症や治療中のケガ・病気はペット保険の新規契約時に補償対象外となります。

【猫の先天性疾患】代表的な4つの病気となりやすい猫の種類とは

猫の歯周病

驚くべきことに、3歳以上の猫の80%は歯周病だと言われています

歯科治療に関しても、トラブルにならないように、各社の対応状況を確認してからおきましょう。

80%の猫は歯周病!気になる治療費や症状、予防方法は?

その他、補償されるケガ・病気が気になる方はこちらも合わせてご覧ください。

【猫のペット保険】異物誤飲・歯科治療など補償内容で選ぶペット保険(2020年)

4.契約更新時の対応、サービスをチェックする

基本的にペット保険は、どの会社も保険商品が不採算となることを避けるため、リスク回避の条文を規約に盛り込んでいます。

つまり、 保険プランの改定(実質的な値上げやプランの廃止)をしたり、契約更新を断ることがあるということになります。

契約更新時に特定の病気を補償対象外にする不担保条件を追加したり、保険の更新自体を断ったりと、その対応は会社によって様々です。

猫の場合、慢性腎不全などの慢性疾患(ずっと続く病気)にかかりやすいため、猫の保険を選ぶ際は、この点の対応が大切になります

会社ごとの対応

  • アニコム:不担保条件追加の可能性
  • アイペット:特になし
  • アクサ:契約更新不可・不担保条件追加の可能性
  • ペット&ファミリー:特になし
  • PS保険:1つの傷病で25万円まで
  • FPC:不担保条件追加の可能性(全契約者の1%に満たない?)
  • ペッツべスト:1つの傷病で25万円まで(ファーストプランは50万円まで)
  • 日本ペット:満額使用で契約解除(100万円まで)
  • au損保:満額使用で契約解除
  • 楽天:保険契約内容の変更・契約更新不可の可能性
  • イーペット:特になし
  • プリズムコール:契約更新不可の可能性・不担保条件追加の可能性
  • SBI:契約更新不可の可能性・不担保条件追加の可能性
  • イオン:1つの傷病で25万円まで(70%プランは35万円まで)

※詳細については、各社契約概要、問い合わせの上でご確認ください。

各社の口コミや評判については、保険各社の特集記事で紹介しています。

5.生涯を通して割安なものを選ぶ

ここまで、補償範囲、補償内容、契約更新時の対応について見てきました。

まずはメジャーな補償内容である50%・70%総合保険の中から、補償内容とサービス品質が丁度いいと感じるものをおすすめします。

なかでも、アニコム、アイペット、PS保険、楽天、FPCの5社は、先ほど紹介した補償内容とサービス品質が比較的良い保険会社と言えます。

最後に、メジャー補償内容の「50%・70%補償、免責なしの総合保険プラン」を生涯平均(※)の保険料で比較したものみてみましょう。
※生涯平均は、0-15歳まで加入した場合にかかるひと月あたりの保険料としています

【総合保険】50%補償プランの生涯平均の保険料


au、イーペットの保険料は一部、推定値になります。
※保険料は各社サイトの内容をご確認ください。

【総合保険】70%補償プランの生涯平均の保険料

au、イーペットの保険料は一部、推定値になります。
※保険料は各社サイトの内容をご確認ください。

猫のペット保険

実際に「猫のペット保険の選び方(5つの手順)」で選んだ、猫のペット保険4社をご紹介します。

PS保険は割安な保険料で顧客満足度が高い

  • オリコン満足度ランキング1位
  • 生涯保険料が最安クラス
  • 長期治療の補償に弱い 
  • 保険金が振り込まれるまでの期間が短い

【猫のペット保険】PS保険の保険料や補償内容と口コミを紹介

FPCは割安な保険料で補償内容が丁度いい

  • 生涯保険料が最安クラス
  • 通院補償が手厚い
  • サービス面の評判が少し気になる
  • 保険の掛け持ちができる

【猫のペット保険】FPCの保険料や補償内容と口コミを紹介

イーペットは通院回数に制限がなく、補償内容も充実

  • 手術や通院の回数・日数制限がない年間限度型
  • 補償されるケガ・病気の範囲が広い
  • 契約更新時の対応が良い
  • 生涯保険料は全11社中5番目の安さ
  • 豊富な割引オプション(最大16%OFF)

【猫のペット保険】イーペットの保険料や補償内容と口コミを紹介

アニコムは総合的なサービス品質が高い

  • 生涯保険料は平均より高め
  • ケガ・病気の補償範囲が広い
  • 提携病院で窓口精算
  • サービス品質が高い
  • 獣医師への無料相談サービス

【猫のペット保険】アニコム損保の保険料や補償内容と口コミを紹介(2020年)

 

まとめ

あなたがペット保険に何を求めるかによっても、おすすめの保険プランは変わってきます。

希望の条件から探したい方は、テーマごとにおすすめのプランを紹介しています。

今回はペット保険選びに大切な3つのポイント」と、「失敗しない保険選びの5つの手順」をご紹介しました。

ペット保険選びで失敗しないためには、保険料が安いという理由だけでなく、補償内容が丁度いいか、サポート品質に問題がないか、生涯平均でみた保険料が割安かどうかを確認しながら保険プランを選んでいくことが大切になります。