【猫限定ペット保険評価】ペット&ファミリーの評判や保険料は良い?

このページではペット保険のペット&ファミリーを調べ、猫を飼ってる場合、おすすめの保険かどうかを考察しています。

「げんきナンバーわん」「げんきナンバーわんスリム」という、2つのプランを提供しているペット&ファミリー。
アニコムなどの大手に比べるとあまり知名度は高くありませんが、保険の内容はどんなものなのでしょうか。
今回はペット&ファミリーがどんなペット保険を出してるのか、猫を飼ってる方におすすめかどうかなどを調べていきます。

 

スポンサーリンク



ペット&ファミリーの総合評価


※免責金額なし50%プラン比較

ペット&ファミリーの特徴まとめ!

  • 免責金額なしプランと、ありプランで選べる
  • 平均的な保険料でしっかりとした補償内容
  • 免責項目の追加などがなく、バランスの取れてる保険
  • チャット相談サービスと契約者優待サービスが嬉しい

 

どんな保険プランがあるか整理しよう

ペット&ファミリーは大きく分けて2つのプランがあります。
免責金額なしプラン(げんきナンバーわん)と、免責金額ありプラン(げんきナンバーわんスリム)です。

免責金額とは?

免責金額とは、保険の対象外にならない金額のことです。
ペット&ファミリーのスリムプランの場合、1日3000円の免責金額設定があります。
免責金額がある場合の、保険金の計算方法は以下になります。
保険金=(診療費-免責金額)×補償率

プランは細かく分けると、5つになります。

  補償額 免責金額
ナンバーわん50%
(総合保険)
年間50万円まで なし
ナンバーわん70%
(総合保険)
年間70万円まで なし
スリム50%
(総合保険)
年間50万円まで 1日3,000円の
免責あり
スリム70%
(総合保険)
年間70万円まで 1日3,000円の
免責あり
スリム80%
(総合保険)
年間80万円まで 1日3,000円の
免責あり

どのプランも「通院・入院・手術」の基本3項目は補償対象となる「総合保険」なので、この点は安心です。
保険料を安く抑えたい場合は免責ありプラン、補償を重視したい場合は免責なしプランというすみ分けですね。

他社のプランと比べて、保険料や補償内容がどうなっているのかを比較していきましょう。

 

ペット&ファミリーの保険料を考察

特徴をまとめると、、、

  • ペット&ファミリーの保険料の値上がり幅は少なめ
  • 免責なしプラン保険料は若干平均より高め
  • 割引制度は特になし

早速、ペット&ファミリーの5つのプランがどのような保険料になっているかを見ていきましょう。

保険料の値上がり幅は少なめ

【ペット&ファミリー】プラン別月額保険料

グラフを見ると、11~12歳ごろまでは保険料が上がり、その後は一切保険料が変わりません。
どのプランも保険料自体は1,000円程度しか上がらないため、値上がり幅は少なめです。
加えて早い段階で、保険料の値上がりがなくなるのが嬉しいですね!

免責なしプランの保険料は若干平均より高い

他の保険会社と比べると、ペット&ファミリーの保険料はどうなのでしょうか?
保険料を比べる際は、若年期~高齢期までの合計保険料を比べるのが鉄則です。
※中には途中から急激に高くなる保険もあるためです。

早速見ていきましょう!

0~16歳までの猫の合計保険料【安さ重視プラン】

※0歳~16歳の17年間の分割契約での合計の保険料
※保険料が途中非公開の会社は電話にて聞いた金額で計算

※各社「通院・入院・手術」対応、免責なし安さ重視プラン(50%中心)で比較
※ペッツベスト、プリズムコールのみ補償率は違います。
※ペッツベスト、イオンのみ免責金額あり。

※限度額、回数制限などは各社それぞれです。

見ていただくと分かるように、ペット&ファミリーの合計保険料は、14社中9位となっています。
取り立てて高いわけではないものの、それなりに高い保険と言うことが分かります

上記グラフだけだと、毎月かかる平均の保険料がいくら程度か分かりづらいため、平均保険料をグラフにしてみました。

17年間の猫の月額平均保険料【安さ重視プラン】

※0歳~16歳の17年間の分割契約での合計の保険料で計算
※保険料が途中非公開の会社は電話にて聞いた金額で計算

※各社「通院・入院・手術」対応、免責なし安さ重視プラン(50%中心)で比較
※ペッツベスト、プリズムコールのみ補償率は違います。
※ペッツベスト、イオンのみ免責金額あり。

※限度額、回数制限などは各社それぞれです。

月額平均に直すと、ペット&ファミリーの保険料は2,684円になります。
2,000円を下回るような「ペッツベスト」や「SBI」があることを考えると、若干高く感じてしまいますね

割引制度は何かあるの?

割引制度は特にありません。

 

ペット&ファミリー補償内容を考察

特徴をまとめると、、、

  • 補償内容はおすすめの年間限度型
  • 契約更新時の対応は良い!
  • 安心の終身保険

保険料は若干高めと言うことが分かりましたが、補償内容はどうなっているのでしょうか?

【ペット&ファミリー】プラン別猫の補償内容

  補償額 免責金額
ナンバーわん50%
(総合保険)
年間50万円まで なし
ナンバーわん70%
(総合保険)
年間70万円まで なし
スリム50%
(総合保険)
年間50万円まで 1日3,000円の
免責あり
スリム70%
(総合保険)
年間70万円まで 1日3,000円の
免責あり
スリム80%
(総合保険)
年間80万円まで 1日3,000円の
免責あり

安心の年間限度型!

ペット保険の補償内容は、「1日限度型」と「年間限度型」の2つで分けられます。
1日限度型とは、1日に使える限度額と年間の保険金請求できる回数が限定されている保険です。
年間限度型とは、1日の縛りや限度回数などがなく、年間の補償総額のみ設定されている保険です。

使い勝手が良くおすすめなのは年間限度型で、ペット&ファミリーも年間限度型の補償内容となっています
1日限度型と違って、シンプルな補償内容となっているのも嬉しい点です。

契約更新時の対応は良い!

基本的にペット保険は、どの会社も無制限に保険金を支払うことを避けるためのリスク回避の条文を規約に盛り込んでいます。

ペット&ファミリーの場合、特定の病気を補償対象外にしたり、契約の更新を断ることはありません。
ただ、会社の経営状況によっては、継続契約の保険料の増額または、保険金額の減額を行うことがあります。

この点はトラブルになりやすい部分なので、注意する必要があります。

終身保険かどうか?

ペット&ファミリーは終身保険です。
1年毎の自動継続により、終身加入することができます。

 

ペット&ファミリーのサービス面はどうなの?

特徴をまとめると、、、

  • チャット相談サービスが利用できる
  • T&Dクラブオフという契約者限定優待サービスがある
  • 一部の提携病院などで窓口精算ができる(げんきナンバーわんのみ)

保険料と補償内容は分かりましたが、ペット&ファミリーのサービス面はどうなっているのでしょうか。

ワンニャン相談室(チャット相談サービス)

24時間受付可能のチャット相談サービスです。
健康相談をはじめ、飼育方法などで困ったことや分からないことがあったら気軽に専門アドバイザーに尋ねることができます

T&Dクラブオフ(契約者限定優待サービス)

契約者限定の優待サービスが利用できます。
レジャー施設が安くなったり、飲食店を数%割引で利用できたりといった感じのものですね。
企業の福利厚生サービスと同じようなものです。

ごく一部の病院で窓口精算ができる(「げんきナンバーワン」のみ)

アニコムやアイペットと比べて、本当に数は少ないですが、極一部の提携病院では窓口精算をすることができます。
ただペット&ファミリーの窓口精算システムは事実上、ほとんど使えないので、他のペット保険と同じく郵送での請求になると考えた方が良いでしょう。

 

ペット&ファミリーの評判(口コミ・評価)は?

猫を飼ってる方々のペット&ファミリーへの主な口コミをまとめました。

良い評判(口コミ・評価):
  • 保険金の支払い回数や1日の支払い限度額がないのが、他のペット保険と比べてもかなり優れている。
  • T&Dグループに加入してるため、ある程度信頼性はある。
  • 飼っている猫2匹が持病持ちのため、申し訳ないくらい保険を使わせてもらっています。この保険に加入しておいて良かったです。
悪い評判(口コミ・評価):
  • とにかくコールセンターの対応が雑。
  • 保険金を支払えるかどうかの査定にかなり時間がかかりました。こちらから電話して尋ねると、お詫びの言葉もありませんでした。

「保険料」や「補償内容」に関しては、好意的な口コミが多く見られました。
一方悪い口コミとして目立ったのは、「コールセンターの態度・対応」についてでした。

こうした意見があったのは事実ですが、コールセンターの対応というのは、人によって全く印象が変わる点です。
個人的には、色々と補償内容などについて電話をした際に、丁寧に対応してもらった印象があります。

 

まとめ:結局のところペット&ファミリーはおすすめなの?

「げんきナンバーわん(免責金額なし)」はバランスが取れてますが、より保険料が安く、補償もしっかりしている会社は他にもあります。
ただ、選択肢の一つとして考慮するのはありだと思います。
とても安定しているプランではありますが、他社に目を向けても良いでしょう。

「げんきナンバーわんスリム(免責金額あり)」はあまりおすすめできません
1日の免責金額3000円が付いてくるのはかなり大きいからです。
保険料を安く抑えた保険に入りたいのであれば、他の保険の方がおすすめです。

ペット&ファミリーの資料請求やお申込みをしたい方は下記からどうぞ。

おすすめの猫保険はどれ?

安くて素晴らしい保険はありませんが、安くても十分な補償がついている保険はあります。こちらのページでは徹底比較によって分かった、バランスの良い猫の保険を紹介しています。

【猫のペット保険比較ランキング!】猫保険のおすすめはこれだ!

2018.08.28

スポンサーリンク




猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!