洗濯物から猫の毛が取れない!毛をゴッソリ取る予防対策4選!

猫を飼ってて悩むことのひとつは、洗濯物に猫の毛が付いてくることですよね。
普通に洗濯してても、衣服についた猫の毛はあまり取れません。
特に長毛の子を飼ってたりすると、タオルや下着にも彼らの毛がついてしまいます(笑)

そんな洗濯物から猫の毛を取るための対策をこのページでは紹介していきます。
現在猫を飼っていてこの悩みを持っている方は是非読んでいってみてください!

 

スポンサーリンク



洗濯物から猫の毛を取るための予防対策4選!

このページでは「洗濯物から猫の抜け毛をうまく取るための方法」を紹介していきます
もし同じような悩みで現在困っていたら、是非試してみてください。

  • 洗濯をする前に衣服についた毛を取る
  • 蓋つきの洗濯物かごを使う
  • 抜け毛対策洗剤の使用
  • 毛を絡めとるランドリースポンジの使用

洗濯をする前に衣服についた毛を取る

手間がかかりますが、一番シンプルで効果の大きい方法です。
洗濯をする前に、衣服についた毛そのものを払ってしまえば、他の洗濯物につくことは減ります。
衣服の毛を取るには、ラバーブラシがおすすめです。

めんどくさい部分はありますが、洗濯物かごに入れる前のひと手間として行えれば良いかもしれませんね。

ラバーブラシ

 

洗濯物かごは蓋つきのものを使う

これはお家によるかもしれませんが、洗濯物かごは使ってますか?
着用済みの衣服やタオルをとりあえず入れておくかごです。

もし使っているのであれば、洗濯物かごを蓋つきのものにするのも一つの手ですね。
猫の毛は宙を舞うので、開いているものだと、落ちてきた毛が洗濯物かごに入ってしまいます
蓋つきのものに変えるだけで、洗濯予定の衣服に毛がつくことは避けられます。

またこれは管理人宅だけかもわかりませんが、猫は洗濯物かごの中のような、それなりに小さい空間が大好きです。
猫が洗濯物かごの中に入ったりしたら、もう目も当てられないことになりますね(笑)

最近では蓋つきの洗濯物かごも売っているようなので、もし興味があれば使ってみるのも一つの手かもしれません。

ランドリーボックス(フタつき洗濯かご)

 

抜け毛対策洗剤の使用(リモサボン)

リモサボンは「ペットの抜け毛を洗濯物から離毛し、付着させにくくする洗剤」です。

  • 離毛促進コーティング:付着した毛を剥がしやすくする
  • 付着防止コーティング:新しい猫の毛が付着しないようにする

こういった2つのコーティングをすることによって、現在付着している毛は剥がれやすく、衣服には猫の毛が付着しにくくなるという仕組みになっています。
付着防止コーティングは洗濯を重ねるほど効果を増すため、繰り返し洗うと効果が強くなります

気になるお値段は600ml1本で3000円と、市販の洗剤と比べても若干高めです。
大体1回の洗濯水量45ℓに対して、30㎖を使うため、20回程度使える計算になりますね。

ただ、初回に限って全額返金保証もついているため、まずは一度試してみるのもありかもしれませんね
その後気に入ったり、余裕が多少あれば、定期的に使うのも良いですね。
購入する場合は、専門サイトからのみの販売になります。

 

毛を絡めとるランドリースポンジの使用(フリーランドリー)

「フリーランドリー」という抜け毛対策スポンジをご存知ですか?
このランドリースポンジはウレタン製でできています。

このスポンジを洗濯物と一緒に入れると、洗濯されている間に衣服についている毛を絡め取ってくれるという仕組みになっています
現在管理人もこのスポンジを利用しています。(使用感などについては後述)

ただ、一つ注意点があります。
それは飼っている猫(犬)の種類によっては、毛を絡め取りにくいということです。
ザックリ分類すると、長毛種は効果が出やすく、短毛種は効果が薄いです。
また、猫はあまり変わりませんが、犬などは品種によって毛質が柔らかかったり固かったりなどの違いもあり、固い毛質の犬種には効果が薄いです。

 

ランドリースポンジを実際に使ってみた!

管理人も現在ラグドールを飼っているため、衣服を普通に洗濯すると彼の毛がかなりつきます。
特にタオルなんかについていると、顔を拭いた時に毛が付くので本当に煩わしいんですよね(笑)
そのため、実際にランドリースポンジを購入して使用してみました!

▲「フリーランドリー」赤・青の猫デザインがオシャレですね!

▲裏側はウレタン製スポンジになってます。

▲洗濯前

▲洗濯後
パッと見じゃ効果があるのか全く分からないですね。

▲洗濯後のフリーランドリーを見ると、わたげの毛はこんな感じに取れました。
パッと見少なく見えるかもしれませんが、抜け毛の50%くらいは取れてるように感じます
ちなみに(撮っていませんが)2回目以降の洗濯の際は、さらにたくさん取れました。

洗濯機のゴミ取りネットに、普段見かけない量の毛+ゴミが取れてました
普段の洗濯ではこんなに取れないので、フリーランドリー効果はこういった部分にも現れていたのかな?

ランドリースポンジの総評:

ランドリースポンジは正直な話、ダメ元で購入しました。
「駄目で元々、うまくいけば儲けもん」みたいな考えで買ったのですが、正直思っていたよりかは良かったです(笑)

使って嬉しかったことのひとつは、やはりタオルについてた毛がかなり減ったことです。
100%とはいかないまでも、顔を拭いた時にわたげの毛がついたと感じることがかなり少なくなりました

具体的な数値で言うと、大体50~60%程度の毛を回収してくれるといったイメージでしょうか。
過度な期待は禁物ですが、使わないよりは使った方が遥かにマシですね

今現在洗濯物に毛が付いてしまって困っているという場合は、一度ランドリースポンジを使ってみるのもありかもしれません。
値段が3240円と言うのは正直高く感じますが、洗剤と違って買い切りの商品であるため、長く使えるのも嬉しい所です。

現在猫の毛が洗濯物について困ってる場合は、是非試してみて下さい!

FREE LAUNDRY(フリーランドリー)

スポンサーリンク




猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!