どこがおすすめ?猫のブリーダー紹介サイト一覧!

ブリーダーから猫を買う際は、欲しい猫をインターネット上で探します。

そして気に入った猫がいたら掲載者のブリーダーに連絡を取ることになります。
ブリーダーが売りに出している子猫を探すには、一般的には猫のブリーダー紹介サイトを使うことになります。

今回はそんな猫のブリーダー紹介サイトの中でどこがおすすめできるか。
またブリーダーとのやり取りの流れなどを紹介していきます。

 

スポンサーリンク



子猫ブリーダー紹介サイト一覧

子猫のブリーダーサイトを紹介していきます。
紹介は私がおすすめできると判断したサイトのみにしております。

  1. みんなの子猫ブリーダー
  2. -猫Beginners-cafe-

他にも子猫ブリーダー紹介サイトはありましたが、上記2つ以外におすすめできると思えるサイトはありませんでした。
1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

1.みんなの子猫ブリーダー

みんなの子猫ブリーダーはブリーダーの登録数、子猫の掲載数ともに断トツのトップを誇る子猫ブリーダー紹介サイトになります。

おすすめポイント!

みんなの子猫ブリーダーのおすすめポイントは以下になります。
1つずつ詳しく見ていきましょう。

  • 使い勝手が良い
  • 圧倒的な情報掲載数
  • 豊富な保証(特典)
使い勝手が良い

使い勝手の良さでは圧倒的にこのサイトが一番です。
恐らくサービスなどに関しても、他のブリーダー紹介サイトよりも先を行っています。
サイト自体も何をどこから調べられるかなどが分かりやすくまとまっているため、気軽に欲しい猫探しができます。

 

圧倒的な情報掲載数

他のサイトと比べてもブリーダー、猫の掲載情報の量が圧倒的に多いです。
そのため子猫探しの幅も広がり、ご希望の子猫を見つけられる可能性が高まります
またブリーダー毎の評判(レビュー)も多数あるため、信用できるブリーダーかどうかの判断はしやすくなります。

 

豊富な保証(特典)

みんなの子猫ブリーダーは、特典や保証内容もかなり豊富です。
保証については後ほど紹介するため、ここでは特典内容を紹介していきます。
成約特典の内容は以下の3点になります。

  1. プレミアムフード
  2. 飼育本
  3. 姉妹サイトで使える5,000円分のクーポン
    (1,000円分のフードクーポン、4,000円分のフリークーポン)

プレミアムフードはロイヤルカナン400gです。

飼育本は既に持っていたらあれですが、嬉しいと言えば嬉しいですね(^^)

5,000円分のクーポンはかなりお得だと思います。
是非猫商品を購入する際には使ってみてください。

ただ現金5,000円分ではなく、あくまでみんなの子猫ブリーダーの姉妹サイトでのクーポンなのでその点は頭に入れておきましょう。

 

気になるポイント

気になるポイントとしては「ブリーダー登録の基準」になります。
ブリーダーの審査基準は比較的厳しいようですが、実際に視察をされていなさそうな点が気になりました。

やはりブリーダーさんの飼育場の見学、対話などをしっかりされて審査されるのとそうでないのとでは厳しさが変わってくると思います。

利用する際は、ご利用者様自体が自身の目でしっかりと相手が信用できるブリーダーかどうかを判断することが大切になります。
ただブリーダーさん毎のレビューが豊富なためそちらも合わせてご利用ください。

 

保証内容

保証内容は以下の3点になります。
1つずつ詳しく見ていきましょう。

  • 取引保証
  • 健康保証
  • FIP生体保証サービス

 

取引保証

料金を払ったにもかかわらず子猫の引渡しが出来なかった場合など、詐欺行為があった場合はサイト側から購入予定者へ返金対応があります

 

健康保証

子猫の受け渡しから30日以内にかかった病気の治療費などを負担してくれます。
当然ですが保証の限度などもあるため、しっかりと保証条件を確認するようにしましょう。
怪我や予防ワクチンなどは対象外です。

 

FIP生体保証サービス(180日以内)

引き渡しから180日以内にFIP(猫伝染性腹膜炎)にかかった場合に、購入費用を10万円まで保証してくれます。
FIPは純血種の猫の1~5%程度が発症し、一度発病すると致死率ほぼ100%の厄介な病気です。

猫伝染性腹膜炎(FIP)の原因と症状、余命や予防対策とは

2016.12.12

 

スポンサーリンク

2.-猫Beginners-cafe-

猫ビギナーズカフェもおすすめできる子猫ブリーダーサイトです。
掲載数自体は正直多くないですが、猫のことを真剣に考えて運営されています。

おすすめポイント!

ストロングポイントは以下の2点です。
1つずつ見ていきましょう。

  • 質が高いブリーダー(キャッテリー)のみとの契約
  • 適切な料金設定

 

質が高いブリーダー(キャッテリー)のみとの契約

猫ビギナーズカフェの運営者が契約をしているブリーダーの視察をしっかりと行い、厳しい審査をしています

つまり危険なブリーダーに当たる可能性は0とは言い切れませんが、かなり低いです。
日本の子猫ブリーダー紹介サイトで実際に視察を行っているのは、猫ビギナーズカフェだけのようです。

 

適切な料金設定

料金自体も適切な料金設定をされているため、安心して使うことができます。

実際にアメリカンショートヘアの子猫の料金を問い合わせてみたところ、ワクチン代や健康診断費用、予防接種費用など諸々含めて15万円と適正価格と思われる値段になりました。

15万円という料金の理由に関しても、メールには細かく記載されていたためかなり親切な対応が受けられることと思います。

 

気になるポイント

気になるポイントは以下の3点になります。
1つずつ詳しく見ていきましょう。

  • サイトが多少分かりにくい
  • 料金掲載がされていない(※知りたい場合は問い合わせ必須)
  • ブリーダーのいる都道府県が記載されていない

 

サイトが多少分かりにくい

文字がゴチャゴチャしており、どこから探せるのかなどが分かりづらく多少癖があります。

子猫を探したい場合はトップページから猫種をクリックします。
その先に猫種専門ページが出るので、左の「パパ、ママ募集中の○○(猫種の名前)ちゃん」の部分をクリックします。

その先のページで現在募集中の猫が表示されるので、気になる場合は問い合わせを行うことになります。
正直どこから募集中の子猫を探せばいいのかなど、若干分かりにくい印象がありました。

 

料金掲載がされていない

子猫の料金がホームページに掲載されていないのも気になる点です。
料金を知りたい場合は問い合わせをする必要があります。

猫ビギナーズカフェの運営方針として、「子猫を商品ではなく家族として迎えてもらうため」というのが、料金掲載をしていない理由のようです。

ただ子猫の料金自体は適切な料金設定となっているようなので、気になる場合は是非お問い合わせしてみてください。

 

ブリーダーのいる都道府県が記載されていない

ブリーダーの飼育場所が記載されていないのは大きなマイナスです。
大まかに都道府県だけでも書いてあると、それだけで見学がしやすいかどうかが分かりやすくなります。

ブリーダーは猫ビギナーズカフェが慎重に審査しているとはいえ、結局のところ購入者が自分の目で飼育場や子猫を確認するのが最も大切です。

ですが、見学場所が書いていないと自分の家から近いか遠いかもわかりません。
ブリーダーから猫を購入する際には、必ずブリーダーの飼育場は見学させてもらうようにしましょう。

 

保証内容

保証内容は受け渡しをしてから30日以内に猫が亡くなってしまった場合、同条件の猫のご紹介、もしくは譲渡代金の40%の返還を契約ブリーダーにお願いしているようです。

ご利用の際は保証条件も合わせて、よくご確認されることをおすすめします。
以下が猫ビギナーズカフェの保証条件になります。

猫ビギナーズカフェの保証条件

生体保証を受ける場合は、下記の書類を死亡日より10日以内にビギナーズカフェもしくはブリーダーさんまでお送りください。

●獣医発行による死亡診断書
●伝染病死亡時は、予防接種証明書のコピー

以下の場合は対象外となります。

  • 飼育者の過失・故意に基づく死亡
  • 伝染病予防接種を受けておらず、そのための死亡
    (予防接種は猫ちゃんのお渡し後、適正な時期に行ってください)
  • 事後(死亡後)報告(様子がおかしい場合すぐにご連絡ください)
  • 獣医師の治療を受けなかった場合の死亡
  • 事故による死亡・逃亡・及び盗難
  • 飼育者以外からの保証請求
  • 保証請求に際して偽りの申告があった時

 

猫ブリーダー紹介サイト利用上の注意

サイトによっては掲載するブリーダーをしっかりと審査しているところもありますが、基本的には自分の目で判断することが大切です。

信頼できるブリーダーかどうかは、以下の点を参考にしてみてください。

良いブリーダーを見分けるポイント

  • 生後7週以前の猫は売らない
  • 飼育場所が清潔で臭くない
  • 狭い部屋で無数の猫を育てていない
  • 何回でも欲しい猫の様子を見学させてくれる
  • クイックレスポンスである
  • 引取った後に分からないことを質問すればしっかりと回答してくれる
  • すぐに血統書を見せてくれる
  • 欲しい猫の兄弟も元気そうな子が多い

悪質なブリーダーに引っかからないためにも必ず飼育場所、猫の見学を行いましょう

また悪質なブリーダーは金儲けのためだけに猫を飼育しているため、狭い部屋で何種類もの種類の猫を育てたり、値段を異常に安価に設定していることがあります
そういった点にも気をつけましょう。

猫のブリーダーのメリットデメリット、ブリーダーとペットショップの違いとは

2016.09.03

 

ブリーダーさんからの子猫購入の流れとは

欲しい猫がいて実際に買いたい!と思った場合は、基本的に以下の流れで取引を進めることになります。

  1. ブリーダーさんに連絡を取る(面会日の設定)
  2. 面会(飼育場へ伺うorブリーダーさんが猫を連れて来る)
  3. 購入or見送り
  4. 購入する場合、受け渡し日の確認
  5. 受け渡し

注意点として、できる限りブリーダーさんの飼育場へ伺うようにしましょう
結局のところ悪質なブリーダーかどうかを見極めるのに最も役立つのは、飼育場をしっかりと見学することだからです。

そのため遠方に住んでいるブリーダーさんとのお取引は、あまりおすすめできません。
飼育場の見学だけでもかなり大変なことになるからです。

 

まとめ

猫のブリーダー紹介サイトは増えてきていますが、まだまだおすすめできるブリーダーサイトは少ないです。
現在ある中でおすすめできるブリーダーサイトは以下の2つになります。

  • みんなの子猫ブリーダー
  • -猫Beginners-cafe-

子猫の掲載情報が多く、とても使いやすいのが「みんなの子猫ブリーダー」
掲載情報は少ないが、ブリーダーの厳選がしっかりとされているのが「-猫Beginners-cafe-」です。

またブリーダーだけでなく、子猫が欲しい場合は里親サイトを利用するのも一つの手です。
興味がある場合は確認してみてください。

無料で猫を飼いたい人必見!猫の里親募集サイト5選!

2016.03.20

photo credit: To The Beach, Cat! via photopin (license)

スポンサーリンク