【猫を飼う費用】飼い始め・毎月・年間・一生でかかる4つの費用例!

猫を飼うのはそれなりにお金がかかります。
もしあなたがこれから猫を飼う予定の場合、やはりそれなりのお金が必要になります。

それでは実際猫を飼うことで、どれだけお金が必要になってくるのでしょうか?
今回は4つのパターンごとにかかる費用例を紹介していきます。

 

スポンサーリンク



猫を飼うことで発生する費用例まとめ

猫を飼うことでかかる費用をそれぞれ4つのパターンごとにまとめています。
ですがあくまで今回紹介する費用は一例であるということをご理解して頂けると幸いです。

  1. 猫の飼い始めでかかる費用例
  2. 猫を飼うのに毎月かかる費用例
  3. 猫を飼うのに年間でかかる費用例
  4. 猫を飼うのに一生でかかる費用例

1つずつ詳しく見ていきましょう。

猫の飼い始めでかかる費用例

飼い始めということで、どうしても出費がかさみます。
飼い始めの費用の例は以下の表に記載しています。

【猫の飼い始めでかかる費用例】

ダイソーなどの100均などを利用して、できるだけ費用を安く抑えても44,700円はかかってしまうということが分かります。
100均などを利用せず猫用品などをそろえていく場合は、飼い始めに71,500円はかかります

お手入れ用品とはブラッシング用品・歯磨き用品・猫救急箱などのことです。
キャットフードや猫砂はどの程度の量を買うかによっても、かかる費用は変わってきます。

混合ワクチンに関しては、3種混合ワクチンにするのか、5種対応のものにするのかによっても料金は変わります。

猫のワクチンは毎年必要!ワクチンの効果と種類毎の料金などについて

2017.04.08

また飼い主さんによっては受けさせない方針の方もいると思いますが、去勢・避妊手術は受けさせるのが一般的です。
避妊・去勢手術のメリット・デメリットがそもそもよく分からないという方は、こちらから確認できます。

猫の飼い主必見!去勢・避妊手術のメリット・デメリットとは?

2016.08.12

 

猫を飼うのに毎月かかる費用例

猫を飼っていて気になる費用の一つがズバリ「毎月いくらかかるのか?」ですよね。
毎月必ずかかるのは大きく2つの費用に限定されます。

食費(キャットフード)と猫砂の2つです。
食費と猫砂の費用は1カ月あたり約2,000円はかかるので、何かの臨時出費も含めて毎月最低でも3,000円はかかると考えておくべきでしょう。

 

スポンサーリンク

猫を飼うのに年間でかかる費用例

年間の費用の例は以下のようになります。
なお特に手術が必要な病気などにはかかることなく、大きな医療費を必要としなかった場合を前提としています。

【猫を飼うのに年間でかかる費用表】

費用を安く抑えられた場合でも年間で78,000円は必要となります。
キャットフードなどそこそこ良いものを用意した場合は更に費用は高くなり、年間156,500円程度必要になります。

10歳以上の高齢猫になってくると、どうしても風邪や病気を煩わせやすくなります。
そのため医療費が増えて、猫にかかる出費も増えてきます。

あくまで上記の表は大きな手術をしていない猫の目安なので、毎月猫用の貯金をしたり、ペット保険に加入されることをおすすめします。

猫にペット保険は必要?不要?メリットとデメリットを紹介!

2017.12.07

 

猫を飼うのに一生でかかる費用例

現在の猫は医学の進歩や生活環境の改善もあって、以前よりも長生きするようになってきています。

現在は14~15歳が、猫の平均寿命
です。
もちろん寿命はそれぞれの猫によって違いますが、仮に15歳までだとしたら一生涯でどの程度の費用が掛かるのでしょうか?

猫を飼うのに必要な費用は大きく分けて3種類あります。
「食費」、「医療費」、「その他」です。

「食費」と「その他費用」の平均年間目安として、食費3万円、その他費用3万円と仮定します。
医療費の年間平均費用は約3万5千円というデータが保険会社のデータから出ています。

これら3つを合計すると、1年でかかる平均の費用が9万5千円となります。
今回は猫の平均予算を15歳としているため

15(年齢)×95,000(年間費用)=1,425,000(猫を飼うのに一生涯かかる費用)

このようになりました。

飼っている猫が15歳まで生きた場合に、かかる一生の費用は142万5千円となります。
ただこれはあくまで1つの例であり、これ以上にも以下にもなり得ますので参考として考えてみてください

 

まとめ

今回お伝えした費用をどう思うかはそれぞれ違うと思いますが、猫は意外とお金がかかることが分かりましたでしょうか。
1年を通して全くお医者さんにかからなくても、エサ代とトイレ代は毎月発生します。

猫を迎え入れたときに猫用の保険に入っておいたり、猫用の貯金をしておくと多少は余裕ができるかもしれないですね。

これから猫を飼おうと考えている場合は、同時にこちらの記事も確認することをおすすめします。
飼ってから後悔しないためにも今の自分が猫を飼っても問題ないかを確認してみましょう。

絶対に後悔しないために。猫を飼う際の7つの注意点!

2016.06.17

スポンサーリンク


いつかペット保険に入ろうと考えているあなたへ

 

その「いつか」は永遠に来ません。
ペット保険は今入るか、一生入れないかのどちらかです。

断言しても良いですが、気付いた時には愛猫は病気になり、ペット保険の審査には落ち、猫の高額な治療費に悩まされることになります。

何を隠そう、管理人が正にそうだからです。
もし管理人のように猫の治療費に40万円を支払いたくないなら、8分だけ時間を取ってこの記事をお読みください。



猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!