【オリンピック入りも?】シンクロナイズド・キャッツが激写される!

水中という身動きがとりにくい状況の中、鳴り響く音楽に合わせて見事に統率された動きを披露することで、その芸術性や美しさを競うのが「シンクロナイズド・スイミング」です。

ただ皆さんはご存知でしたでしょうか?
そんなシンクロ競技が猫界でも激写されていたことを!

今回ご紹介するのはそんな「シンクロナイズド・キャッツ」を披露してくれた、7匹のメインクーンの子猫の動画です。

スポンサーリンク



シンクロナイズド・キャッツ

舞台はシンクロナイズドスイミングと同じように水の中、、、ではなくテーブルの上ですw
そして完璧なタイミングで首を振ったり、手を動かしたりと正に統率された動きを披露するのです。

動画途中では一番左のメインクーンが、隣のにゃんこに抱きつくようになってしまいます(^^)
何とも微笑ましい競技です!

いかがでしたでしょうか?
実はこれだけ小さく可愛い「メインクーン」は、とても大きくなる猫種としても有名なのです。
動画に写ってる小さなにゃんこ達は時が経つと下のようになります。

かなーりでっぷりとしましたね!
心なしか自分が大きいのを知っており、貫禄ある表情も身に着けているようです(笑)

この状態で動画のようなシンクロナイズドキャッツならぬ、シンクロナイズドビッグキャッツを披露したらかなりの迫力になりそうですねw

スポンサーリンク


いつかペット保険に入ろうと考えているあなたへ

 

その「いつか」は永遠に来ません。
ペット保険は今入るか、一生入れないかのどちらかです。

断言しても良いですが、気付いた時には愛猫は病気になり、ペット保険の審査には落ち、猫の高額な治療費に悩まされることになります。

何を隠そう、管理人が正にそうだからです。
もし管理人のように猫の治療費に40万円を支払いたくないなら、8分だけ時間を取ってこの記事をお読みください。



猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!