タバコの煙が猫に与える3つの悪影響とは?癌やアレルギーの危険も?

タバコを吸っている飼い主さんは、その習慣が猫に悪影響を及ぼすことはご存知でしたか?
最近ではペットに対する、タバコの受動喫煙の危険性も検証されています。
そこで今回は猫に対して、タバコが与える影響を紹介していきます。

 

スポンサーリンク



タバコの煙が猫に与える3つの悪影響とは?

初めに言っておきますが、「タバコの煙は猫に悪影響」です。
タバコに含まれるニコチンやタールなどは強い毒性を持っており、人間同様猫に対しても有害です。

人間でもタバコを吸ったり、副流煙(受動喫煙)によって癌になる危険性は格段に高くなりますよね。
飼い主さんがタバコを猫の近くで吸っていたり、服にタバコの有害物質が付いているだけでも副流煙となり、猫に影響を与えます。

猫は人間よりも体や肺が小さいため、人間以上に少しの煙で大きな影響が出てしまいます
加えて猫はグルーミングすることによって、体に付いたタバコの有害物質を体内に取り込んでしまうのです。

タバコの煙が猫に与える悪影響は以下の3つになります。

  1. 癌のリスクが高まる
  2. 呼吸器疾患のリスクが高まる
  3. アレルギーの原因になることがある

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1.癌(がん)のリスクが高まる

猫もタバコの煙を体内に取り込むことで、癌になりやすくなります

2002年のタフト大学の研究
タバコの煙を猫が受動喫煙することで、猫が癌にかかる危険性が高くなることが分かりました。
喫煙者と一緒の家庭に住んでいる猫は、そうでない猫に比べておよそ2.5倍程度、悪性リンパ腫(癌)を発症しやすくなります。(参考:Oxford Academic

このように猫に対してタバコの煙は悪影響なのです。
肺ガンはもちろんのこと、扁平上皮ガン、口腔ガンになる危険性も高まります

扁平上皮ガンとは皮膚の一部が癌化してしまう病気で、1日に1~19本のタバコの煙にさらされる猫は、扁平上皮ガンになる確率が4倍高くなったようです

口腔ガンとは扁平上皮ガンの一種で、口の中からアゴの間にできる癌のことです。
グルーミングの際に、体についてしまった微細な化学物質を体に取り込むことがあるため、口腔ガンなども増えてしまうのです。

 

2.呼吸器疾患のリスクが高まる

タバコの煙が猫に与える悪影響は、癌の危険性を高めるだけではありません。
癌にならずとも、呼吸器系の病気になる危険性が高まります

喘息や肺炎、肺気腫などがそれに当たります
治療をする際も、喫煙者と共に猫が住んでいる場合、他の猫と比べて治療するのに遥かに時間がかかるでしょう。

 

3.アレルギーの原因となることがある

猫の免疫システムは私たちより遥かに敏感です。
中にはタバコアレルギーが出てしまう猫もいるようです。
タバコの煙にさらされることで、くしゃみや目ヤニ、皮膚のかゆみなどにつながる可能性があります

猫のアレルギー症状は全部で4種類!アレルギー検査と予防対策は?

2017.03.09

 

スポンサーリンク

猫がタバコを誤飲したらどうなるの?

猫は基本的にタバコの匂いを嫌っているため、タバコの吸い殻などを積極的に口にすることはありません。
ただ遊んでいる際に、誤飲してしまう可能性も無きにしもあらずです

もちろんたいていの猫は誤飲したとしても、すぐに異変を感じ嘔吐するでしょう。
しかし嘔吐しない場合は、猫に以下のような症状が現れます。

  • 痙攣
  • 発作
  • 呼吸困難
  • よだれを出してしまう
  • 聴覚および視覚異常
  • 下痢
  • 嘔吐

このようにタバコを口にしてしまうことで、猫はかなり危険な状態になってしまうのです。
喫煙者の飼い主さんは、絶対に猫の口にタバコが入らないように気をつけましょう。

直接誤飲する以外にも猫がタバコの吸い殻などで遊んでいたりすることで、タバコの灰を体につけてしまうことは考えられます
こうなってしまうと、猫はグルーミングをすることで体をきれいにしようとするため、直接タバコを体内に取り込んでしまいます

もし猫にタバコの灰などがついてしまった場合は、シャワーや蒸しタオルできれいにしてあげましょう。

簡単な猫の洗い方!シャワーとシャンプーで全身キレイに!

2016.08.05

お風呂嫌いな猫におすすめ!10分でできる蒸しタオルリフレッシュ!

2016.08.05

 

喫煙者が猫を飼う場合の注意

喫煙者の方が猫を飼う場合の注意は以下になります。

  • ×部屋の中での喫煙→○部屋の外で喫煙(換気扇下で吸うのはほとんど意味がないそうです)
  • ×猫のいる部屋に吸い殻を放置する→○すぐに猫の手が届かない場所に片づける
  • ×喫煙後に猫を撫でる→○喫煙後に猫を触る際は手を洗ってから
  • ○空気清浄機を設置する

現在(もしくはこれから)猫を飼っている喫煙者様は、猫の健康を考えた場合タバコを止めるのが一番です。

ペットはタバコを止める最高の原動力?
2008年にアメリカで行われたアンケートによると、タバコの害が与えるペットへの影響を知ってから、28.4%もの人が「喫煙をやめようと思う」と回答しています。(参考:Tobacco Control

 

猫はタバコの匂いが嫌い?

先ほども書きましたが、猫はタバコの臭いが基本的に嫌いです。
中には気にしない子もいるようですが、大抵の子は苦手です。
そのため飼い猫にもっと懐いてもらいたいという場合は、禁煙することをおすすめします。

また猫は香水などの匂いも苦手です。
詳しくはこちらから確認できます。

あなたは使ってない?猫が生理的に嫌いな匂い7選!

2016.04.10

 

まとめ

タバコの煙は猫にとても悪影響です。
癌や呼吸器系の疾患、アレルギー反応などが出てしまいやすくなります。
タバコを好きの愛猫家さんは、せめて部屋の中での喫煙はしないようにしましょう。

photo credit:Javier Kohen by Homeless

スポンサーリンク


いつかペット保険に入ろうと考えているあなたへ

 

その「いつか」は永遠に来ません。
ペット保険は今入るか、一生入れないかのどちらかです。

断言しても良いですが、気付いた時には愛猫は病気になり、ペット保険の審査には落ち、猫の高額な治療費に悩まされることになります。

何を隠そう、管理人が正にそうだからです。
もし管理人のように猫の治療費に40万円を支払いたくないなら、8分だけ時間を取ってこの記事をお読みください。



猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!