【動画で分かる】猫の巻き爪の原因となった場合の爪の切り方!

室内飼いの猫は爪切りをしないと、巻き爪になってしまうことがあります。
巻き爪は酷い場合には、肉球に爪が食い込んでしまうこともあります。

実際歩きにくそうにしている猫を見たら、肉球に爪が刺さっていたなんてこともあるのです。
そこで今回は、猫の巻き爪の原因や、巻き爪の切り方などについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク



猫が巻き爪になる原因は?

猫が巻き爪になってしまうのは、「爪切りを定期的に行っていないこと」が原因です。
室内飼いの猫の場合、爪切りを全く行わず放っておくと、下の画像のように巻き爪が肉球に食い込んでしまうことがあります

▲肉球に食い込む猫の巻き爪

見るだけでも痛々しいですよね(-_-;)
こういった状況になってしまうと、猫は普段通り歩くのでさえ痛みを伴ってしまいます。

またどのくらい爪切りを怠っていると、巻き爪になってしまうのか?というのは気になる点だと思います。
個体差はありますが、完全室内飼いで半年以上爪切りをしていないと、巻き爪から肉球に刺さってしまいやすいです。

多くの猫は爪切りを嫌がるため、爪切りが疎遠になってしまう飼い主さんも少なくないと思います。
ただ爪切りをしないでいると、巻き爪が肉球に食い込んでしまうこともあるため、なるべく習慣的に爪切りは行うようにしましょう。

もし爪切りのやり方などがよく分からない場合は、下記の記事を参考にしてみてください。

猫の爪切りの手順と切る際の11のコツ!

2016.06.03
野良猫に爪切りが必要ない理由
野良猫は当然のことながら、誰かに爪切りをしてもらっているわけではありません。
ただ爪切りをしていない彼らは、代わりにコンクリートの上などを歩くことで、自然と爪が研磨されています。
そのため爪切りをしなくとも、自然と爪が肉球に刺さるほどにはならないのです。
親指の爪の切り忘れに注意!
猫は基本的に前足の爪5本、後足の爪4本です。
この内の前足の親指は、他の爪がある場所とは若干離れた場所にあるため、切り忘れをしてしまいやすいです。
普段から全ての爪を適度に切るようにしましょう。

 

自分でやる巻き爪の切り方

巻き爪が肉球に食い込んでしまっている場合は、肉球から爪を取り除くためにも、爪を切ってあげる必要があります
基本的にはいつもの爪切りとやることはそれほど変わりません。

英語ではありますが、実際に巻き爪の処理をしている動画を見てみましょう!

非常に分かりやすいですよね!
手順としてまとめると以下のようになります。

猫の巻き爪の切り方

  1. 猫を拘束する(目隠しマスク、洗濯ネット、2人で役割分担をするなど)
  2. 巻き爪周辺の抜け毛などを取る
  3. 巻き爪の真ん中あたりを爪切り用ニッパーなどで切る
  4. 肉球に食い込んでいる爪を抜く
  5. 患部から血が出てくるため、猫用の消毒液をつけたコットンなどで消毒をする

基本的には普段の爪切りと違いはありませんね。
気を付けるべき点としては、爪切りをした後に消毒などをする必要があるということです。

ちなみに動画の中で出てくる猫用の目隠しマスク、気になった方も多いと思います。
全く同じものかどうかは分かりませんが、日本でも似たものが売っているようなので、参考までに紹介させていただきます。

nekozuki もふもふマスク グレー S 猫 爪きり補助具

ただ必ずしも、動画のようにスムーズにいかないことも多いと思います。
動画の猫はとてもおとなしい性格をしていますが、もっと暴れる猫は多いですし、何より慣れていないとそれほどスムーズには出来ないと思います。

そういった場合は、病院などでも巻き爪治療をしてくれます。

 

スポンサーリンク

猫の巻き爪の治療費は?

猫が巻き爪になってしまい、自分で切るのに自信がない方は病院などに連れていき、切ってもらいましょう。
病院によって値段は違いますが、通常の爪切りはおよそ「500~1000円」ほどでしてもらうことができます。

ただ巻き爪治療の場合は、病院にもよりますが、「2000~4000円」ほどかかることがほとんどのようです。
巻き爪は猫ちゃんにとっても痛いし、飼い主さんの財布にも打撃を与えるしと全く嬉しいことがないですね;つД`)

ここまでのことを考えても、巻き爪になる前に対処することが大切だと言えそうです。

 

まとめ

完全室内飼いの猫は爪切りを定期的にしないと、巻き爪になり肉球に爪が食い込んでしまうことがあります。
肉球に爪が食い込むのはとても痛いことで、当然ながら巻き爪を抜いてあげる必要があります。

基本的には普段の爪切りと変わりませんが、爪切りをしたうえで消毒・止血をします。
自分でやるのは難しいと思った場合は、近くの動物病院で処置をしてもらいましょう。

photo credit:Jeffrey Beall by Cat getting his nails clipped.

スポンサーリンク


いつかペット保険に入ろうと考えているあなたへ

 

その「いつか」は永遠に来ません。
ペット保険は今入るか、一生入れないかのどちらかです。

断言しても良いですが、気付いた時には愛猫は病気になり、ペット保険の審査には落ち、猫の高額な治療費に悩まされることになります。

何を隠そう、管理人が正にそうだからです。
もし管理人のように猫の治療費に40万円を支払いたくないなら、8分だけ時間を取ってこの記事をお読みください。



猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!