ヒゲは口ほどに物を言う?ヒゲが表す猫の感情とは?

猫は言葉はしゃべりませんが、体中のあらゆる部位で感情を表現しています。
その中でもヒゲは触覚の役割を果たす重要な感覚器官の一つでもあります。

今回はそんなヒゲがどんなときに役立つのか?
またどのようにヒゲで感情を表しているのかを紹介していきます。

 

スポンサーリンク



猫にとってのヒゲとは?

猫のヒゲの持つ役割

ヒゲは猫にとって主にセンサーの役割を果たしています。
ヒゲの根元には神経が集中しており、ヒゲの先がわずかでも動けば情報を感知することができるのです。

このセンサーを使って猫は「ちょっとしたすき間には入れるかどうか」、「風向きはどうか」など様々なことを確認しています。

他にも暗がりで草の中を歩いているときや、小さな割れ目を歩いているときなどヒゲが視覚、触覚の役割を果たしているのです。
また生まれたての子猫もヒゲの感覚を頼りに、母猫のおっぱいを探すと言われています。

 

ヒゲと痛覚について

ヒゲはそれ自体に神経が通っているわけではないため、切られても痛みはありません
ただ、ヒゲの根元は他の毛よりも3倍も深い位置に埋まり、髭自体普通の毛よりも太いです。

そのため抜かれたときは痛みを感じます
またヒゲ自体に痛覚が通っていないからと言って、ヒゲを切ってしまうことはやめましょう。
ヒゲをあまり短く切るとセンサーがない状態になるため、道を歩いているときにも物にぶつかりやすくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

猫のヒゲが表す感情

猫の体はいたるところが感情を表すようになっていますが、ヒゲも猫の気持ちをよく表す部位の一つです。
4つの向きから猫の感情を読み取ることができます

  1. 前方を向いてるとき
  2. 後方を向いてるとき
  3. 上方を向いてるとき
  4. 下方を向いてるとき

ひとつずつ見ていきましょう。

ヒゲが前方を向いてるとき

ヒゲが前方を向いてるときは、何かを知ろうとしていることを表しています
センサーの役割を果たすヒゲをできるだけ興味があるものに対して近づけることで、情報を得ようとしているのです。

より具体的には「興味がある」、「警戒している」、「驚き」、「怒り」、「緊張している」などの気持ちを表しています。
狩りをするときなど、何かを攻撃しようとしているときも前方にヒゲを出します。

 

ヒゲが後方を向いてるとき

ヒゲが後方を向いているのは、何かを怖がっているときの意思表示です。
自分の体・顔をできるだけ小さくして、威圧的でないように見せようとしています。
そうすることで、相手との衝突を避けようとしているのです。

また食事をしている際にも、ヒゲは後ろ向きになります。
これは食事にヒゲが付かないようにしているためです。
ヒゲは大事な感覚器官であるため、何かに触れるのを猫は避けるのです。

 

ヒゲが上方を向いてるとき

両ほほのヒゲが若干、上方に向いているときです。
画像の猫のように、時計の10時10分を指しているとイメージしてください。

ヒゲが上を向いているときは、「甘えたい」や「良い気分」という気持ちを表しています。
もしヒゲを上に立てて、しっぽもピンと上を向いていたら、あなたに甘えたいのでしょう。
そういった時に撫でてあげることで、猫にもかなり喜んでもらえます。

【触り方】猫が心の底から喜ぶ撫で方のコツ3点!

2016.05.08

 

ヒゲが下方を向いてるとき

ヒゲが下向きになっている時は「退屈」や「不機嫌」を表しています。
ただ同時に「リラックスしているとき」も下向きになるため、一概に不愉快な状態ではないと言えます。

事実猫はリラックスしているときの下向きが基本であるため、よっぽどのことがない限りリラックスしていると考えてよいでしょう。

飼い主さん必見!猫に嫌われる人の9つの特徴・動作!

2016.04.06

 

まとめ

ヒゲは猫にとって大切な感覚器官の一つです。
ヒゲそれ自体がセンサーの役割を果たしており、暗がりなどを歩く際に触覚・視覚の役割を補助しています。

そんなヒゲは猫の感情を表す部位の一つでもあります。
ヒゲの向く方向によってどんな感情なのかが分かるのです。

  1. 前方を向いてるとき-「興味」「緊張、警戒」「怒り」
  2. 後方を向いてるとき-「恐れ」「食事時」
  3. 上方を向いてるとき-「喜び」「甘えたい」
  4. 下方を向いてるとき-「リラックス」「退屈、不愉快」

また猫のヒゲは半年に1度ほどのペースで生え変わります。
ですが、病気などによって抜けてしまうこともあるのです。
詳しくはこちらから確認してみてください。

意外と怖い猫のヒゲが抜ける4つの理由!ヒゲ専用ケースもある?

2016.07.19

猫の気持ちをより詳しく理解したい場合は、こちらの記事を参考にしてみてください!

【画像でわかる!】猫の気持ちが現れる行動・しぐさ一覧!

2016.11.17

スポンサーリンク


いつかペット保険に入ろうと考えているあなたへ

 

その「いつか」は永遠に来ません。
ペット保険は今入るか、一生入れないかのどちらかです。

断言しても良いですが、気付いた時には愛猫は病気になり、ペット保険の審査には落ち、猫の高額な治療費に悩まされることになります。

何を隠そう、管理人が正にそうだからです。
もし管理人のように猫の治療費に40万円を支払いたくないなら、8分だけ時間を取ってこの記事をお読みください。



猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!