猫がブラッシングを嫌がる4つの理由と試したい5つのコツ!

ブラッシングを嫌がる猫は意外と多いですよね。
元々猫は他の猫ともグルーミングをしあうなど、誰かに触られるのが好きな動物です。

そのためブラッシングを避ける場合は、何かしら嫌う原因があると考えるのが良いでしょう。
今回は猫がブラッシングを嫌がるよくある理由と、ブラッシングのコツを紹介していきます。

ブラッシングのやり方に関してはこちらから確認できます。

毎日やっても嫌がらない?猫が喜ぶブラッシングのやり方!

2016.08.06

 

スポンサーリンク



猫がブラッシングを嫌がる4つの理由

1.敏感なところを触られるから

背中や顔周りを触られるのを猫は好んでいます。
その逆におなかやしっぽ、足先に触られるのを嫌がる猫は多いです。
特定の部位を触られるのが嫌いな猫の場合は、特定の部分は優しくブラッシングするようにしましょう

極端に嫌がる場合は、触られると痛いと思っているのかもしれません。
怪我の可能性などを疑ってあげてください。

【触り方】猫が心の底から喜ぶ撫で方のコツ3点!

2016.05.08

 

2.長い時間拘束されるから

猫を強く押さえたり、抱きしめてブラッシングをすると猫は自由に動けなくなってしまいます。
ブラッシングをする際はあくまで猫様に「させて頂く」(笑)という意識でしましょう(・∀・)

座ったり、寝転んだりとリラックスしているときのまま、ブラッシングをするのがおすすめです。
また長い時間やっているとイライラしてしまう猫もいます
コツは「手早く何回かに分けて!」です。

 

3.何かしら理由があって痛いと思っているから

それまでは嫌がらなかったのに、猫が急にブラッシングを嫌がるようになった場合、体のどこかを触られると痛いと感じているのかもしれません

どこか体に異変がないかチェックしてみましょう。
もし普段と様子が違う場合は、獣医さんに診てもらいましょう。

もしくはブラッシングの道具を痛いと思ってる可能性もあります
スリッカーは持ち手があってブラッシングしやすいですが、刺激が強いので違う道具を使ってみましょう。

 

4.飼い主さんが嫌だから

悲しいですが、もしかしたらそういう可能性もあります(´Д⊂ヽ
あなたのことが嫌というよりかは、人が苦手な猫ちゃんの場合は触られるのが苦手な子も多いです。
そういった場合は、ブラッシング以前に徐々に気を許してもらえるようにしましょう。

なつかない元野良猫と3倍早く仲良くなる7つのコツ!

2016.07.12

あなたも今すぐモテモテに、猫から好かれる人の特徴3選!

2016.04.03

 

スポンサーリンク

嫌がるときに試したい5つのコツ!

1.嫌がる前にやめる

ブラッシングは猫が嫌がる前にやめるのがコツです。
猫がしっぽを急に振り始めたり、ヒゲがピクピクと動き始めたらイライラしているためすぐにやめましょう

それはよくあることで、あなたの愛猫だけがブラッシングを途中で嫌がってしまうというわけではありません。
そういった猫ちゃんの場合は、短い時間のブラッシングを複数回行うようにしましょう。

猫の感情はしっぽで分かる!図解入りしっぽで読み解く猫の気持ち

2016.08.11

 

2.道具に慣れてもらう

道具に慣れてもらうにはいくつか方法があります。
例えば猫の寝床近くに道具を置いておいたりすることで、猫が道具を特別視しにくくなります。

また子猫のときからブラッシングで遊ぶようにすれば、成猫になってからもブラッシングを嫌がることはありません
いつからすればいいか分からない方は、生後2カ月を目安にブラッシング用具で遊ぶようにしてみましょう。

 

3.ブラッシング後におやつをあげる

ブラッシングを猫が嫌がる理由の一つに「悪い印象を持っている」ことが挙げられます。
そのためブラッシング=終わった後におやつをもらえる。と認識してもらえれば、ブラッシングに対して好印象になっていきます

 

4.猫がリラックスしている時に行う

ブラッシングは猫がリラックスしている時にしましょう。
まったりと気持ちよさそうにしている時が特におすすめです。
食事中や遊びに集中している時、猫自身が毛づくろいをしている時は避けた方が無難です。

猫の寝方には意味がある!寝方から読みとく猫の気持ち

2016.08.25

 

5.道具を変えてみる

ブラッシングの道具は今ではいろんなものがあります。
クシやスリッカー、ラバーブラシなど様々です。
短毛種のおすすめはラバーブラシ、長毛種のおすすめはコームタイプのクシです。

猫がブラッシングを嫌がる場合は、ブラッシング自体が嫌いというよりかは、使われる道具が嫌いという可能性もあります。
一度違う道具を用意してみるのもありです。

 

まとめ

猫がブラッシングを嫌がるときは何かしらの理由があるものです。
あなたの猫は下記の4つの理由に当てはまってる覚えがありませんか?

  1. 敏感なところを触られるから
  2. 長い時間拘束されるから
  3. 何かしら理由があって痛いと思っているから
  4. 飼い主さんが嫌だから

猫がブラッシングを嫌がる場合は、下記の5つの対策を試してみましょう。

  1. 嫌がる前にやめる
  2. 道具に慣れてもらう
  3. ブラッシング後におやつをあげる
  4. 猫がリラックスしている時に行う
  5. 道具を変えてみる

是非試してみてください!

スポンサーリンク


いつかペット保険に入ろうと考えているあなたへ

 

その「いつか」は永遠に来ません。
ペット保険は今入るか、一生入れないかのどちらかです。

断言しても良いですが、気付いた時には愛猫は病気になり、ペット保険の審査には落ち、猫の高額な治療費に悩まされることになります。

何を隠そう、管理人が正にそうだからです。
もし管理人のように猫の治療費に40万円を支払いたくないなら、8分だけ時間を取ってこの記事をお読みください。



猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!