アメリカンショートヘアの子猫の値段の相場と良いブリーダーの見分け方

アメリカンショートヘアとても可愛いですよね!
元気いっぱいの彼らは純粋な猫種の中でもとても人気が高いです。

そんなアメショーをペットショップ、ブリーダー、里親制度を使って引き取る場合どんな違いがあるのでしょうか?
今回はアメリカンショートヘアの値段の相場と購入方法を紹介していきます。

 

スポンサーリンク



アメリカンショートヘアの値段の相場

アメリカンショートヘアはとても人気の猫種であるため、ブリーダーや販売しているペットショップは多いです。

値段の相場はそれぞれ以下の範囲内であることが多いです。

購入元 値段
ペットショップ 12万~20万円
ブリーダー 6万~13万円

ブリーダーから購入する場合でもチャンピオンの血筋や、ショー向きのアメリカンショートヘアになると20万円~30万円はかかります。
続いてどういった理由から値段が違っていくのか解説していきます。

 

アメリカンショートヘアの値段の違い

それではアメリカンショートヘアの値段は、どういった部分で違いが出てくるのでしょうか。
以下の点によって価格が変わってきます。

  • 血統
  • 性別
  • 模様
  • 月齢
  • 性格

血統も値段が決まる一つのポイントです。
チャンピオンの血筋を引いてるアメリカンショートヘアは値段が高くなります

性別に関しては、男の子よりも女の子の方が価格が高くなる傾向にあります。

アメリカンショートヘアの大きな特徴の一つにきれいなタビー模様がありますが、この模様がきれいに出てる子ほど値段が高くなりやすいです。

また1歳の子と生後3カ月の子を比べた場合、やはり生後3カ月の子の方が値段が高くなります。

 

スポンサーリンク

アメリカンショートヘアをペットショップから買う場合

ペットショップで買う場合、アメリカンショートヘアの子猫の値段の相場は12万円~20万円程度となっています。
アメリカンショートヘアはとても人気な猫種の1つであるため、ペットショップでもほとんどの店が取り扱っています。

そんなアメリカンショートヘアをペットショップから購入することのメリット・デメリットは以下になります。

 

メリット

アメショーをペットショップから購入するメリットは以下になります。

  • 飼い始めに必要なものを教えてもらえる
  • 気軽に見に行ける
  • 飼育環境が見れる
  • 猫を触らせてもらえる

キャリーケースやワクチンなど猫の飼育をこれまでしたことがなくても、店員さんが一通りの流れを教えてくれます。

ペットショップは駅周辺やショッピングモールなどのアクセスが良いところにあります。
そのため飼いたい猫がいる場合は簡単に複数回でも様子を見に行くことができます

実際に見に行った先では、猫をどういった環境で飼育しているかが分かるようになっています。

店内やケージ内が汚くなっている場合は清潔ではないため、猫も病気や感染症にかかりやすくなってしまいます
そういったペットショップは避けるようにしましょう。

欲しいアメリカンショートヘアがいた場合は、実際に触れ合って性格が合うかなども確認しましょう。
ただ遊んで一目惚れしたからという理由で、衝動買いはしないように気を付けましょう

 

デメリット

アメショーをペットショップから購入するデメリットは以下になります。

  • 感染症の危険性
  • 両親猫が見れない
  • 社交性がないことが多い
  • 価格が高い
  • 悪質なペットショップの存在

ペットショップで取り扱っているのは猫だけでなく、犬や鳥など様々です。
そういった他の動物や来客が多くなることで、感染症や病気にかかりやすくなってしまいます。

欲しいアメリカンショートヘアの両親の姿が見れないため、成長した後の姿が想像しにくいのも一つのデメリットになります。

猫は生後2週目~生後7週目までの経験が、社交性を左右する大きな要因となります
ペットショップで展示されている仔猫の多くは、生後1カ月ほどの早い時期に親元から離されてしまうため、社交性に欠けてしまいやすいです。
アメリカンショートヘアは元々社交性が高い子が多いですが、やはり気になる点ではあります。

またペットショップだと、どうしても販売価格が高くなってしまいます

そして最も気をつけるべきなのがペットを物(単なる1商品)として粗雑に扱っている店があることです
そういった悪質なペットショップを避けるためには以下のことを意識してみて下さい

良いペットショップを見分けるポイント

  • 店員がペットの専門的な質問にしっかりと答えられる
  • 飼育環境が清潔で臭くない
  • 意識している健康管理法や餌に対する質問にもすぐ答えられる
  • 無理に購入を勧めない(早く購入をすすめるのは危険店)
  • 深夜まで営業していない
  • 相場よりも明らかに安価でない
  • 陳列時間を制限している
  • 生後49日以内の猫を展示していない

 

アメリカンショートヘアをブリーダーから買う場合

アメリカンショートヘアをブリーダーから購入する場合、月齢や毛の模様などでも変わってきますが、6万円~13万程度の価格となります。
ただとても質の高い毛模様などをしているブリードタイプと呼ばれるものは20万円~30万円の値段になります。

そんなアメリカンショートヘアをブリーダーから購入することのメリット・デメリットは以下になります。

 

メリット

アメショーをブリーダーから購入するメリットは以下になります。

  • 質の高いアメリカンショートヘアを買える
  • ペットショップよりは安価で買える
  • 何匹かのアメリカンショートヘアの子猫から選べる
  • (同居の場合)両親猫を見ることができる

ブリーダーから買えるアメリカンショートヘアは一般的にペットショップより安価ですが、それでもとても質の高い子を買うことができます

ブリ―ダーは特定の猫種のみを飼育していることが多いです。
例えばアメリカンショートヘアのブリーダーなら、アメショーのみをといった感じです。

そのためブリーダーの元に様子を見に行けば、何匹かのアメリカンショートヘアの子猫を見ることができます
その中からあなたの性格と合いそうな子を選ぶこともできます。

またブリーダーの元に同居している場合、両親猫を見ることができます。
子猫は成長すると両親猫によく似るため、成長後の姿を想像することができます

 

デメリット

アメショーをブリーダーから購入するデメリットは以下になります。

  • 気楽に猫の様子を見ることができない
  • 複数回様子を見るのは大変
  • 悪質なブリーダーの存在

ブリーダーの元に猫の様子を見に行くのはアポイントが必要になります。
アメリカンショートヘアのブリーダーも同様です。

ペットショップと違って、いつでも気軽にというわけにはいきません。
またアポイントが必要なこともあるため、3回も4回も様子を見に行くのは現実的に中々難しいところです。

そして最も気をつけるべきなのが、悪質ブリーダーの存在です。
猫のことを真剣に考えているプロブリーダーと違って、利益第一主義で無茶な繁殖を行っているブリーダーも実際にいます。

そういったブリーダーを避けるためには、ネット経由のみで猫を買うのではなく、必ず飼育している場所や仔猫の様子を見せてもらいましょう
また以下の点にも気を付けてみてください。

良いブリーダーを見分けるポイント

  • 生後7週以前の猫は売らない
  • 飼育場所が清潔で臭くない
  • 狭い部屋で無数の猫を育てていない
  • 何回でも欲しい猫の様子を見学させてくれる
  • クイックレスポンスである
  • 引取った後に分からないことを質問すればしっかりと回答してくれる
  • すぐに血統書を見せてくれる
  • 欲しい猫の兄弟も元気そうな子が多い

 

アメリカンショートヘアを里親制度を利用して引き取る場合

里親制度を利用してアメリカンショートヘアを探す場合、基本的に猫自体の購入費は無料となります。

そもそも里親制度は売買が前提ではなく、引き受けが前提となっている仕組みですからね。
これまでのワクチン代金や去勢・避妊代金などは請求される場合もあります

ただ良いことだけではなく、里親制度ならではのデメリットもあります。

  • 常に自分の欲しい品種が手に入るわけではない。
  • 飼い始めるまでが手間
  • 引き受けに条件が厳しい場合がある
  • 高い競争率

アメリカンショートヘアはとても人気の高い猫種です。
また飼育している人も多いため、里親募集をされることも多いです。

ですが、アメリカンショートヘアの子猫は里親募集に出されても、すぐに里親が決まってしまいます。
アメショーを里親として引き取りたい場合は、里親募集サイトを逐一確認するようにしましょう。

またアメリカンショートヘアのように人気のある子猫が応募に出されると、何人かの候補が引き取り希望を出します。
猫の譲渡者は複数の候補から里親を決めるため、競争になることもあります

ただ1人暮らしの場合などはなかなか難しいケースが多いです。

 

まとめ

アメリカンショートヘアはとても人気の猫種のためペットショップ、ブリーダー、里親など飼い始めるまでに様々な選択肢が存在しています。

値段も猫の中ではそこまで高くなく、その社交的な性格から飼いやすいです。
どの選択肢も一長一短になるため、自分に合っている場所から買うようにしましょう。

より詳しくアメショーについて知りたい場合は、下の記事も確認してみてください。

【性格・体重・寿命・飼い方など】アメリカンショートヘアとはどんな猫?

2016.09.05

アメリカンショートヘアの目の色や模様の種類、飼い方や病気、寿命は?

2016.09.05

【アメショー!】アメリカンショートヘアの性格と7つの特徴

2016.09.02

他の猫種についても知りたいという方はこちらからどうぞ!
世界の猫種一覧まとめ!

photo credit:prelude2000 by Momotaro,prelude2000 by Momotaro,lisa cee (Lisa Campeau) by cassie lounging on slippers

スポンサーリンク


いつかペット保険に入ろうと考えているあなたへ

 

その「いつか」は永遠に来ません。
ペット保険は今入るか、一生入れないかのどちらかです。

断言しても良いですが、気付いた時には愛猫は病気になり、ペット保険の審査には落ち、猫の高額な治療費に悩まされることになります。

何を隠そう、管理人が正にそうだからです。
もし管理人のように猫の治療費に40万円を支払いたくないなら、8分だけ時間を取ってこの記事をお読みください。



猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!