【発症までの流れ】猫の慢性腎不全の予防方法、症状、治療方法

慢性腎不全は遅かれ早かれ、すべての猫がかかる病気です。
それでも適切な予防策や治療をすることで、長生きすることもできます。
そんな猫の宿命ともいえる慢性腎不全の症状や予防策などについてまとめました。

慢性ではなく、急性腎不全について知りたい方はこちらから確認できます。

猫の急性腎不全の症状と原因とは?予防・治療方法についても紹介!

2017.02.16

 

スポンサーリンク



猫の慢性腎不全とは

慢性腎不全とは猫の腎臓が正常に機能しなくなっている状態のことを言います。
腎臓は血液のフィルターの役割を持っており、きれいな血液とそうでない血液を分けてくれる役割を持っています。
その腎臓が悪化すると、血液は汚くなってしまい様々な症状が出てしまいます

 

猫の慢性腎不全の症状

猫が慢性腎不全になると主に以下の症状が出てきます。
慢性腎不全は腎臓がある程度ダメージを受けるまでは症状が全く出ず、初期症状も多飲多尿のみなので判別しずらい病気と言えます。

  • 水をたくさん飲む(初期症状)
  • オシッコの量が増える(初期症状)
  • 薄いおしっこを出す(無臭)
  • 便秘
  • 下痢
  • 頻繁な嘔吐
  • 貧血から歯ぐきが白くなる
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 尿毒症(末期症状)

慢性腎不全の予防は多飲多尿でないかをしっかりとチェックすることが必要です。

猫の体重毎にこれ以上の飲水量は危険という表があるので確認してみましょう。
飲水量が下の表の量を超えるようなら慢性腎不全の可能性を疑いましょう。

猫の体重 1日の飲水量
3kg 240ml以上
3.5kg 280ml以上
4kg 320ml以上
4.5kg 360ml以上
5kg 400ml以上

 

猫の慢性腎不全の発症率

慢性腎不全は生きてる限り絶対にいつかはかかる病気です。
年齢ごとにかかる率は以下になります。

年齢 腎不全の発症率
0~2歳 6%
2~4歳 7%
4~7歳 12%
7~10歳 12%
10~15歳 31%
15歳以上 32%

出典:Petcha.com

このように慢性腎不全は年齢を重ねれば重ねるほど発症率が高くなります
理由としては腎臓を使っていくことで、機能が低下していくからです。

 

猫が慢性腎不全になるまで

腎不全は腎臓がダメージを受けている状態のことを指します。
腎臓のダメージ率を0~100%で表示することで理解しやすくなると思います。

0~66%(無症状)

正常な状態です。
ただ正常とは言っても腎臓自体は徐々に機能低下しています
目に見えるような症状はなく、検査をしても分かりません。
基本的には水をたくさん飲ませて、ミネラル分を抑える食事を意識しましょう。

 

66%~74%(多飲多尿)

腎臓のダメージ量が66%を超え始めると、多飲多尿の症状が出始めます
この段階で気付くには普段から飲む水の量の変化に気を付けたり、おしっこの量が急に増えたりしてないかを見ている必要があります。

 

75%(様々な症状)

腎臓のダメージ量が75%を超えてくると、傍目にもわかるような様々な症状がでてきます
例として便秘や下痢、嘔吐、食欲不振や体重減少など症状は様々です。
点滴や食事療法、対症療法などで、できるだけ進行を遅らせていくことになります。

 

90%以降(余命わずか、尿毒症)

腎臓のダメージ量が90%を超えると、余命も長くて数カ月程度になります。
この状態で発症するのが「尿毒症」という病気です。
尿毒症とは腎臓が正常に機能せず、おしっこがでなくなってしまう病気です。

おしっこが出ないと体の中の毒素が排出されないため、命の危機に直結します。
他にもけいれんなどの症状も出てきて、輸液などで一時的な状態改善をしても長くは持ちません。

【慢性腎不全の猫は危険?】猫の尿毒症の症状や原因、治療方法とは

2017.02.15

 

スポンサーリンク

猫の慢性腎不全の予防策は?

腎不全は猫の宿命ともいえる病気ですが、適切な予防策を取ることでなるべく発症しないようにすることができます
以下が具体的な予防策になります。

  • 水をたくさん飲ませること
  • ミネラル分豊富な食事は控えること
  • 療法食を選択する
  • 猫白血病のワクチン接種
  • 感染症予防
  • 定期的な尿検査

水を普段からしっかりと飲まないと、慢性腎不全だけでなく尿路結石など他の泌尿器系の病気の原因にもつながります
ミネラル分が多い食事を与えていても、腎臓を酷使することにつながります。

猫の尿路結石の症状と原因は?予防・治療方法についても紹介!

2016.12.04

慢性腎不全の原因として猫白血病が原因となっていることがあります
猫白血病にかからないためには、室内飼いとワクチンの接種が大切です。
猫白血病の予防をすることで、結果的に慢性腎不全の予防につながることもあります。

猫のワクチンは毎年必要!ワクチンの効果と種類毎の料金などについて

2017.04.08

【猫白血病まとめ!】感染原因と症状、多頭飼いの可否や治療方法とは

2016.12.18

慢性腎不全は腎臓がかなりダメージを受けるようになるまでは、目に見える症状がほとんどありません。
早期発見のためにも定期的な尿検査をおすすめします。

 

猫の慢性腎不全の治療方法

腎不全の治療は完治させることはほぼ不可能です。
そのため病気の進行を遅らせるための対症療法や、食事療法が中心になります
また日本でも一部では猫の腎移植を行ってる機関もあるようです。

対症療法

対症療法とは症状を軽減するために取られる方法です。
その症状の原因を直すのではなく、あくまで軽減が目的であるため完治することはありません
輸液やホルモン剤投与などがされます。

 

食事療法

食事療法は普段の食事からできるだけ症状が遅くなるようにします
対症療法用のキャットフードなども販売されているため、こういったものも用いていきます。

 

腎移植

人は腎臓が機能不全になると他の人から1つ腎臓を移植してもらいます。
実は猫も同じように腎移植をすることがあります。

アメリカなどでは比較的猫の腎移植も行われているようですが、日本ではあまり普及していないのが現状のようです。
手術による死亡確率も25~30%程度とかなり高いです。
腎移植について詳しくはこちらから確認できます。

 

まとめ

猫にとって腎臓病は避けようがない病気です。
それでも普段から腎臓に負担をかけないような生活を送ることで、発症をさせず長生きさせることもできます。

日頃から水分摂取をしっかりするように気をつけることと、定期的な健康診断に行きましょう。

【水を飲ませるのは簡単!】猫が水を飲まない時に絶対試したい7つのコツ

2016.06.22

また猫は慢性腎不全を含む、泌尿器系の病気にかかりやすい動物です。
慢性腎不全以外にどのような泌尿器系の病気があるか知っておきたい場合は、こちらをどうぞ。

猫の下部尿路疾患って何?猫に多い泌尿器の病気を理解しておこう!

2018.02.17

スポンサーリンク