画像で見るメインクーンの大きさや体重、毛色や目の色の種類

メインクーンの外観を一言で現すならば間違いなく「でかい猫」です(笑)
そのくらいメインクーンはその圧倒的な大きさで有名で、「穏やかな巨人」なんていうシャレた名前も持っています(^^)
今回はそんなメインクーンの大きさ、体重や毛色の種類、平均寿命などを紹介していきます。

 

スポンサーリンク



画像で見るメインクーンの大きさ

メインクーンは純血種の猫の中でも最大の大きさを誇ります。
もはや小型の虎やライオンにしか見えないくらいでかいです!(^^)

どれだけ大きいのかは下の画像を見るとすぐにわかります。
一緒に写ってる人も抱っこするのが大変そうです(笑)

どれくらい大きいかは画像からもわかりますが、参考としてメインクーンは様々なギネス記録も保持している猫種なのです。

画像出典:ギネス記録保持猫「ストゥーウィーちゃん」(guinnessworldrecords)

上記の画像は「最も長い体の猫」、「最も長いしっぽを持つ猫」の2つのギネス記録を持つメインクーンのストゥーウィーちゃんです。
どっちの記録も身体の大きさを表すような記録ですね(笑)

ストゥーウィーちゃんは2013年に亡くなってしまっていますが、存命中は老人ホームに触れ合いに行くなどしてお年寄りからも人気者だったようです。

 

メインクーンの体重

メインクーンの体は純血種の猫の中でも最も大きいため、体重もその分重くなります。
メインクーンの平均体重は以下になります。

  • オス 4~7kg
  • メス 3.5~7kg

これはあくまで平均体重であり、大きい子だと10kgにもなります
猫の平均体重は4kgあたりなので、大きいメインクーンは平均の2倍~2.5倍もの重さにもなります

10kgもの体重があったらもはや猫というよりは、中型犬と同じくらいの重さですね(笑)
一説には体重15kgが最大(繁殖の限界)であるとも言われていますが、具体的な根拠は出ていません。

これだけ大きいと抱っこするのも一苦労ですが、モフモフしていてすごく気持ちいいでしょうね(^O^)

 

スポンサーリンク

画像で見るメインクーンの種類(毛色と目の色)

メインクーンの毛色

メインクーンは様々な毛色をした種類がいます。

最も人気があるのは定番のブルーシルバーパッチドタビーです。
他にも茶色のメインクーンやブラウンタビー&ホワイト、真っ白のメインクーンなども人気です。

実際にどんな姿か画像で見ていきましょう。

ブルーシルバーパッチドタビーのメインクーン

ブルーシルバーパッチドタビー(灰色)のメインクーン

茶色のメインクーン

茶色のメインクーン

ブラウンタビー&ホワイトのメインクーン

ブラウンタビー&ホワイトのメインクーン

真っ白なメインクーン

真っ白なメインクーン

真っ黒なメインクーン

真っ黒なメインクーン

メインクーンはどの子も凛々しく、ハンサムな子が多いです。
ただ今回挙げた画像の中では普段からの手入れがしっかりしてるのか、茶色の子がとてもきれいですね(^^)
真っ黒なメインクーンはかなりワイルドに見えますね。

【画像で分かる】猫の毛色×模様(柄)全種類まとめ!

2016.11.08

 

メインクーンの目の色

メインクーンの目の色はブルー、グリーン、ゴールド、カッパー、オッドアイのいずれかです。

メインクーンの目の色で最も多いのはゴールドとカッパーになります。
ただ白猫のメインクーンに関しては、ブルーやグリーンが多いようです。

  1. サファイヤブルー(メインクーンはいません)
  2. ブルー
  3. アクア(メインクーンはいません)
  4. グリーン
  5. ヘーゼル(メインクーンはいません)
  6. イエロー(メインクーンはいません)
  7. ゴールド
  8. オレンジ(メインクーンはいません)
  9. カッパー
  10. オッドアイ

 

メインクーンの平均寿命

メインクーンの平均寿命は11~14歳と言われています
猫の平均寿命は15歳であるため、それよりは若干短いようです。

ただメインクーンは健康的な生活をさせることで、長生きする猫としても知られています。
メインクーンを飼う際に最も注意するべきなのは何といっても肥満です。

大きいメインクーンが見たいからと言って、たくさん食べさせて運動させないのは肥満の元になります。
成長している際は高たんぱく・高カロリーな食事が必要になりますが、同時に運動もしっかりとさせるようにしましょう

 

まとめ

アメリカ生まれのメインクーンはとてもたくましくハンサムな大柄な子が多いです。
長毛種であることから被毛もボリュームがあり、抱き心地は最高です。

性格も穏やかで優しい子が多く、しつけもしやすいです。
初心者が猫を飼う際にはかなりおすすめの猫種と言えます。

メインクーンについてより詳しく知りたい場合は、下の記事も確認してみてください。

【性格・体重・寿命・飼い方など】メインクーンとはどんな猫?

2016.09.11

【メインクーンの飼い方】メインクーンがかかりやすい病気は何?

2016.09.11

メインクーンの子猫の値段相場と良いブリーダー・ペットショップの見分け方

2016.09.09

【温和で愛情深い】メインクーンに多い3つの性格・特徴とは

2016.09.09

他の猫種についても知りたいという方はこちらからどうぞ!
世界の猫種一覧まとめ!

photo credit:The Awesome Daily,VirtKitty by Maine Coon kittens at 10 weeks,Tambako The Jaguar by Blitz the pretty red Maine coon II,Tambako The Jaguar by Udo 1,John Erlandsen by Julia,Scotty Emerle by Stalker in the Grass

スポンサーリンク


いつかペット保険に入ろうと考えているあなたへ

 

その「いつか」は永遠に来ません。
ペット保険は今入るか、一生入れないかのどちらかです。

断言しても良いですが、気付いた時には愛猫は病気になり、ペット保険の審査には落ち、猫の高額な治療費に悩まされることになります。

何を隠そう、管理人が正にそうだからです。
もし管理人のように猫の治療費に40万円を支払いたくないなら、8分だけ時間を取ってこの記事をお読みください。



猫の保険、入らなくて大丈夫ですか?

 

猫の治療費は1回30万円を超えることもざらにあります。
病気や怪我になってからでは、ペット保険は加入できません
愛猫が健康な今の内に、おすすめの保険を見てみませんか?
当サイトでは徹底比較で分かった、安価で良質な保険を紹介しています!