猫がストレスによってかかりやすい病気一覧、異変には注意を

「ストレスは万病の元」という言葉があります。

元々人が強いストレス下にあると、様々な病気を招いてしまうという意味を持っています。
ですが、この言葉は人だけでなく猫にも、いやおそらく人以外の動物全般にも当てはまるのではないでしょうか。

今回は猫が強いストレスが原因でかかりやすい病気を紹介していきます。
猫がストレスを感じているかどうか知りたい方はこちらを確認してみてください。
簡単なストレスチェックができます。

1分でできる猫のストレスチェックと5つのストレス解消法

2016.08.21

 

スポンサーリンク



猫がストレスによってなりやすい病気

猫はストレスを感じていることで様々な病気にかかりやすくなってしまいます。
具体的には以下の症状が出やすいです。
1つずつ詳しく見ていきましょう。

  • 泌尿器系の病気
  • 血尿、血便
  • 下痢、便秘
  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 抜け毛、脱毛
  • リンパ腫(癌)、リンパ球の減少

またストレスが病気の原因だった場合、病気の治療をしてもそれで終わりにはなりません
ストレスを感じる元を取り除いてあげないと結局病気を再発してしまうからです。

どんな時にストレスを感じるかはこちらから確認できます。

ストレスの原因はこれだ!猫がストレスを感じる環境・行動一覧

2016.08.21

 

泌尿器系の病気

腎不全や膀胱炎、尿路結石といった泌尿器系の病気はストレスが原因でかかりやすいです。
泌尿器系はストレスに関わらず猫がかかりやすい病気と言えますが、強いストレスが原因で発症することも多々あります。

ひとつの例として、飼い主さんが旅行で家を離れるたびに膀胱炎になってしまう猫も実際にいます

【発症までの流れ】猫の慢性腎不全の予防方法、症状、治療方法

2016.08.24

猫の尿路結石の症状と原因は?予防・治療方法についても紹介!

2016.12.04

猫の膀胱炎の症状と原因は?予防・治療方法についても紹介!

2016.12.05

 

血尿、血便

上述のように猫はストレスから泌尿器系の病気にかかることがあります。
膀胱炎になるとおしっこの量が少なくなり、血尿が出ることもあります。
膀胱炎の場合はおしっこをするときに痛がります

ストレスから胃腸炎になることもあります。
胃腸炎になると、ひどい場合には血便やチョコレート色の便となることもあります。

おしっこやうんちなどで何か異常があるようならすぐに獣医さんに診てもらいましょう
また便がおかしい場合は、病院に便も持っていくようにしましょう。

 

下痢、便秘

血便と原因は同じですが、ストレスから胃腸炎になることがあります。
胃腸炎のように消化器系の病気にかかると下痢や便秘になることがあります。
軽い下痢や便秘なら少し様子を見て、長く続く場合は獣医さんに診てもらうようにしましょう

 

スポンサーリンク

食欲不振

食欲というのはある意味心身ともに元気な状態だからこそ沸き起こるものです。
本当に強いストレスを感じている時に、ごはんも喉を通らないという経験をされたことはありませんか?

猫も同じように強いストレスからご飯を食べなくなったり、食べる量が減ってしまうのです。
中には本当に全くと言っていいほど口を付けなくなることもあります
栄養を補給しないと生きていけないので食欲不振はかなり深刻な状況です。

70%はこれで治る!猫が食欲不振になる原因と6つの簡単な対策!

2017.08.01

 

嘔吐

人と同じように、猫もストレスから嘔吐してしまうことがあります。
そうはいっても嘔吐の原因がストレスなど何か良くないことが原因かすぐに判断するのは難しいです。

なぜなら異常がなくても嘔吐する猫は多いからです。
特に長毛種の猫の場合、自分のグルーミングした毛玉を体外に出すために嘔吐することは良くあります。

簡単な指標として吐く回数が週に1回を超えるような場合は、ストレスなどが原因の可能性が考えられます
そういった場合はかかりつけの獣医さんに診てもらいましょう。

【茶色・血・繰り返し・緑は要注意?】猫の嘔吐の原因とは!

2016.11.01

 

抜け毛、脱毛

猫のはげの3大原因はストレス、ノミ、カビです。
猫は強いストレスを感じていると、グルーミングをやり過ぎてしまうことがあります。

グルーミングのやり過ぎから毛が薄くなってはげているように見えてしまうのです。
また強いストレスを感じている場合は、毛を噛むようにグルーミングをすることもあります。

【ストレス?】猫のハゲの原因5つと原因毎の対処法

2017.03.05

 

リンパ腫(癌)、リンパ球の減少

猫のがんで最も多い悪性腫瘍(癌)がリンパ腫です。
リンパ球とは血液内の白血球の一種です。

リンパ腫とはいわゆる血液の癌で、白血球の一種であるリンパ球が癌化することです。
リンパ腫の原因は6割は猫白血病ウイルスの感染だと考えられています。

ただ猫白血病ウイルスに感染していなくてもリンパ腫を発症することがあり、ストレスも原因の一つと考えられています。

またストレスがかかることによって、猫の体内のリンパ球が減少していきます。
リンパ球は免疫や抗体を生成する役割を担っているため、リンパ球が減少すると体が弱まってしまいます

 

まとめ

猫は強いストレスを感じることによって様々な病気にかかってしまいます。
以下の病気が、ストレスが原因で猫がかかりやすい病気です。

  • 泌尿器系の病気
  • 血尿、血便
  • 下痢、便秘
  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 抜け毛、脱毛
  • リンパ腫(癌)、リンパ球の減少

猫がストレスを感じる環境、行動はこちらから確認できます。
特別気を使う必要もありませんが、できるだけお互い快適に暮らせるようにしていきましょう。

ストレスの原因はこれだ!猫がストレスを感じる環境・行動一覧

2016.08.21

スポンサーリンク