やっぱり必要?猫をケージ飼いする際に注意すべき5つのポイント!

猫を飼うのにケージは必要でしょうか?
その答えは「飼っている子による」と言うのが、最も的確な答えだと思います。

なぜなら普段いつもゴロゴロしている子であれば、ケージ飼いする必要はないですし、逆に寝ているところを飛び掛かってくるような子であれば、ケージがないと寝ることもできなくなります。
そこで今回は猫をケージ飼いする際の注意や、必要性などについて、個人談を含めつつ紹介していきます。

 

スポンサーリンク



猫を飼うのにケージは必要?

猫を飼うのに、必ずしもケージは必要ありません
ただ飼う子の性格によっては、ケージがないと本当に大変です。
特に噛み癖が強い子や、人が寝ている際に飛び掛かってくる子などを飼っている場合は、本当にあった方が便利です。

理由は簡単です。
単純に寝れないですし、日常生活を送るのに支障が出てくるからです。

私自身、現在噛み癖がかなり強い子を飼っていますが、ケージの中に入れないと夜は寝れないこともあります。
猫がまどろんでいて、ゆっくりモードの時なら一緒に寝れますが、スイッチが入っている状態で一緒に寝るのは到底できません。

そのため夜寝る時は、基本的にケージの中に入ってもらってます。
ここまで読むと、私がケージ飼いに関して賛成だと思う人が多いと思いますが、あくまでケージに入れるのは必要に迫られている時です。
基本は留守番時であっても、ケージの外に出して自由にさせています。

普段何もない時にケージにいれたり、留守番時にケージで過ごさせるのは(幼い子猫は賛成ですが)あまり賛成できません。
ただ実際に猫を飼うにあたって、どうしてもケージが必要になるケースは出てきます。
そんな時にケージ飼いをするのに関しては、賛成です。

それでは猫を飼うのにあたって、それなりにケージを活用している私が、ケージを使いながら飼う際に気をつけるべきポイントなどを紹介していきます。

 

猫をケージ飼いする際に注意すべき5つのポイント!

猫をケージ飼いする際に気をつけるべきポイントは以下になります。

  • ケージの中に用意するもの
  • 長時間ケージに閉じ込めない
  • ケージのカーテンを用意する
  • 常に水は清潔なものを用意する
  • 温度管理に気をつける

1つずつ詳しく見ていきましょう。

ケージ飼いのメリット!
狭い場所で暮らすことに慣れさすことができます。
猫に入院生活などが必要になったとき、動物病院では小さいケージの中にずっと入っていることになります。
そうしたときに、普段狭い場所の中で過ごす経験がない子は大きなストレスを抱えますが、ケージ飼いにある程度慣れていれば、ストレスもそれほど大きくなく済みます。

 

ケージの中に用意するもの

ケージの中に最低限、用意する必要があるものは以下になります。

  • トイレ(猫砂)
  • 水皿
  • ベッド

基本はこの3つが揃っていれば問題はありません
中にはご飯も少しは入れておいた方が良いという人もいますが、ご飯を置いておくとある分だけ食べてしまうタイプの子を飼っている場合は、決めた分量だけあげるようにした方が良いでしょう。

 

長時間ケージに閉じ込めない

ケージに猫を入れるのは、必要に迫られたときだけにすることをおすすめします。
よっぽどの事情がない限りは、四六時中ケージの中に入れておくということはしない方が良いです

もちろん野良猫を飼い始めたものの、まだまだ怯えてしまっている場合や、まだ幼い子猫を留守番させる際など、必要になるケースもあると思います。
ただよっぽどの場合を除いて、ずっとケージの中に入れる必要はないと思います。

猫は自由気ままな生き物です。
ずっとケージの中にいるというのは、明らかにストレスになってしまうでしょう
ずっとケージ飼いをするのはよっぽどの場合以外は、避けるべきです。

 

ケージのカーテンを用意する

ケージを使用する際には、カーテンがあると便利です。
※カーテンまでいかなくとも、広いタオルをかけるなどして、外が見えなくなるようにすれば大丈夫です。
理由は、「外が見えない方が猫は落ち着くことができるから」です。

私も現在、必要な時は、猫をケージに入れています。
その際、ケージにカーテンがないと外を見れるため、「早く出してアピール」(柵をガシャガシャしたり、ミーミー鳴いたり)がかなり長い時間続くことになります。
猫としては「なんで君は外にいるのに、私はケージの中なの?私も出してよ!!」っていう気持ちなんでしょうね(^^;)

ここでカーテンをかけると不思議なことに、「早く出してアピール」がほとんどなくなります
見た感じではゆったりと、ベッドの上でくつろいでいることがほとんどになります。
ケージを使うのであれば、ケージ用カーテンは本当におすすめです。

 

常に水は清潔なものを用意する

お水は新鮮なものを用意しましょう。
猫はがぶがぶ水を飲む動物ではありませんが、やはり清潔な水を用意しておくに越したことはありません。

特に寝起き、急に水を飲み始めることが猫は多いため、水皿は必ず用意しておく必要があります
水皿の水は1日に1回は必ず取り換えるようにしましょう

またケージは普段開放しておき、その中に水皿とトイレを入れておくと、猫もケージに対してあまり嫌がることがないので便利になります。

 

温度管理に気をつける

猫をケージに入れる際は、温度管理に気をつけるようにしましょう。
春や秋はそれほど気を配る必要もありませんが、夏や冬は気持ちよく過ごせるようにしてあげるための対策が必要になります

一番簡単なのはエアコンですが、エアコンが難しい場合は、夏ならクールマットを敷いてあげたり、冬なら電気湯たんぽを用意してあげるなど、いくつか対策方法はあります
ケージの外にいれば、自然と涼しい場所、暖かい場所を見つけて、自分から移動してくれますが、ケージの中ではそうはいきません。

たとえ長い時間ではなくとも、猫が快適に過ごせるような仕組みを、飼い主さんがケージ内にも用意してあげられると良いですね。

【エアコンなしでOK?】室内猫の夏の暑さ対策おすすめグッズ!

2017.06.08

猫におすすめの暖房グッズまとめ!冬の留守番時に安全な猫の暖房は?

2017.01.26

 

スポンサーリンク

どんな時にケージは使える?

ケージ飼いをする際に注意した方が良いことの次は、「どんなシーンでケージが使えるか」です。
一応例としていくつかのシーンを紹介していきますが、必ずしも以下のシーンだけで使えるわけではありません。
自分が必要だと思った時に使うようにしましょう。

  • 幼い子猫に留守番をさせるとき
  • 野良猫を飼い始めるとき
  • アイロンがけ、調理をしているとき
  • 人が寝るとき(※寝ている人に飛び掛かってくる猫の場合)
  • 来客があるとき
  • トイレトレーニングをするとき
  • 猫を隔離したいとき
  • 新しい猫を飼い始めたとき

ひとつずつ見ていきましょう。

食事後すぐにケージに入れるのは注意?
うちの子はケージに入れられるとまず、トイレを済ませます。
これは猫がご飯を食べた、すぐ後に入れても同じなのです。
食事後すぐにケージに入るとどうなるかと言うと、当然先ほど食べたばかりのものを出そうとするので、とても緩いウンチが出てきてしまうのです。
その子によって違うかもしれませんが、うちの子の場合は、「ケージに入る=トイレに行くタイミング」と認識しているようなので、ケージを使われる方は是非気をつけてみてください。

 

幼い子猫に留守番をさせるとき

ペットショップから猫を引き取る場合は、そのほとんどが子猫です。
生後2~4カ月ほどの子猫の場合、留守番をさせる際にケージの外に出しておくのは多少不安なものです。

電気ケーブルを好き放題にかじったり、噛んではいけないものを噛み、つい誤飲してしまうこともあるでしょう。
そんな危険から守るために、まだ幼い子猫のときはお留守番をさせる際に、ケージに入れておくというのも一つの手です。

ただもちろん家に人がいる時には、外に出してあげるようにしましょう。

【感電注意】猫がコードをかじる際の防止対策5選!

2017.01.31

 

野良猫を飼い始めるとき

野良猫は警戒心が強い子が多いです。
警戒心が強い子をお家に引取る場合などは、まず安心できる縄張りを与えてあげることが大切です。
そして縄張りとして最も適しているのが、ケージという環境です。

また他にも猫を飼っていた場合は、野良猫をケージに一時隔離させることでノミやダニが移る防止対策にもなりますし、いきなり一緒の空間にしてしまうと喧嘩してしまうことも考えられます。
このように野良猫を飼い始める場合も、ケージがあった方が色々と飼いやすくなるでしょう。

なつかない元野良猫と3倍早く仲良くなる7つのコツ!

2016.07.12

 

アイロンがけ、調理をしているとき

アイロンがけなど高熱になるものを扱っている時や、調理で火を使っている時などに寄ってこられるとなかなか怖いですよね。
そんな絶対に飛び掛かってきてほしくない時などに、ケージがあると万が一の心配をなくすことができます

 

 人が寝るとき(※寝ている人に飛び掛かってくる猫の場合)

人が寝ている時に飛び掛かってきたり、ドタバタと走り回る猫を飼っている場合は、ケージの中に入れないと真面目な話、寝ることができません
我が家もそうですが、寝ている時に顔に飛び掛かられる恐怖があるのは、結構なストレスなのです。
部屋を分けられるのであれば大丈夫ですが、一つの部屋で飼っている場合などは、ケージの中に入れてあげる必要があります。

 

来客があるとき

猫の中には知らない人が来ると、かなり凶暴になる子がいます
そういった子を飼っている場合、来客がある際に猫を入れておけるケージがないと、かなり大変なことになります。

猫の人見知り克服!コツはあいさつと人慣れ訓練の5ステップ!

2017.03.29

 

トイレトレーニングをするとき

まだ飼い始めの子猫などの場合、トイレの場所がどこにあるか分かってもらえないものです。
そこで、飼い始めの場合は必ずトイレをするまでケージの中に入れておくことをおすすめします

最初のトイレがうまくできれば良いのですが、最初のトイレを失敗してしまうと、後々ずっと失敗してしまいやすいからです。
まずはトイレの場所を覚えてもらうためにも、ケージの中にトイレを入れて、ケージを閉めておくようにしましょう。

子猫、成猫のトイレのしつけ方!2日でトイレを覚えてもらう方法とは?

2016.07.08

 

猫を隔離したいとき

複数の猫を飼っている多頭飼いの家の場合、下痢っぽい便がトイレにしてあったとしても、誰がしてるか分からない状況がありますよね。
そういう時は、怪しい子を一時的にケージに隔離することをおすすめします。

そうすることで、本当は誰の調子が悪いのかを見極めることができます
またこの手法は下痢だけでなく、血便や結晶尿など様々な排泄系のトラブルの原因(犯人?)を見つけることができます。

 

新しい猫を飼い始めたとき

新しい猫を飼い始めた場合、最初は環境に慣れてもらうためにも、ケージを用意するのをおすすめします
野良猫なども同じですが、猫は知らない環境に来た場合、まず自分の縄張りを確保しようとします。

そこで役立つのがケージなのです
2頭目などを飼い始めた場合は、なおさらケージがあると便利です。

いきなり同じ環境に離してしまうと、喧嘩をしたりしてしまう可能性が高いです。
まずはケージ越しにでも、お互いの存在に慣れさせて、徐々に接触を増やしていくことをおすすめします。

 

猫はどんなケージを好むの?

そもそもケージ自体あまり好まれるものではありませんが、ケージ飼いをする必要があるときには、なるべく快適に過ごしてもらいたいものですよね。
猫にとって快適なケージとは、「上下運動ができるもの」になります

猫は平面運動よりも、上下運動をすることを好む生き物です。
そのため横に広いケージよりかは、縦の運動ができるケージの方がおすすめです。

下記ケージなどは上下運動もできるため、ストレスも溜まりにくい構造になっています。

ボンビアルコン (Bonbi) ウッドワンサークル キャット 3段タイプ

 

おまけ:ケージの中で過ごした元野良ジャン君

完全なる人嫌いだった保護猫のジャン君の成長記録です。
初めはやはりケージの中という自分の縄張りでしか、生活をしていませんでしたが、飼い主さんたちに徐々に気を許してくると、ケージの外にも出てくるようになります。
3年という非常に長い時間がギュッとまとめられている、とてもおすすめの動画です。

▲凶暴な保護猫ジャンくんの3年間をギュッとまとめました 元野良猫の保護里親記録

 

まとめ

猫を飼うのにケージは必ずしも必要ではありませんが、シチュエーションや猫の性格によっては本当にケージが必要になることもあります。
すぐに飼う必要こそありませんが、もしないと不便だと感じるのであれば、用意するようにしましょう。

猫を飼うって何をすればいいの?基本的な世話の仕方を一挙公開!

2017.05.27

一人暮らしの子猫の飼い方!留守番をさせる際の注意とは

2016.11.22

※永久保存版!猫を飼う際に最低限必要なもの7選!

2016.05.23

photo credit:Laura D’Alessandro by Itty Bitty Kitten

スポンサーリンク